新型ヴェルファイアのモデルチェンジ情報まとめ!2018年1月にマイナーチェンジで外観を含む大幅変更へ




トヨタ自動車の高級ミニバンのヴェルファイアが2018年1月にマイナーチェンジを行います。

外観、内装のデザイン改善や先進装備の搭載など変更点は多く、エンジンの改良まで行わてスペック向上もされます。

本記事では、現時点で発覚している最新情報はもちろん、予想できる価格や発売日、次期ヴェルファイアのモデルチェンジ内容までお伝えします。

トヨタ 新型ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報(2018年モデル)

f:id:smartcreater:20171117181309p:plain

ヴェルファイアが2018年に実施されるマイナーチェンジでの変更点は、次の通りとなります。

  • 外観デザインの変更
  • 内装の一部変更
  • 先進装備「次世代トヨタセーフティセンス」搭載
  • 3.5L V6エンジンの改良
  • LEDシーケンシャルウィンカー搭載
  • 電子ミラー、リアクロストラフィック、ブラインドスポット機能等の新装備

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

新型ヴェルファイアの外観(エクステリア)デザインの変更点

f:id:smartcreater:20171117191548j:plain

新型ヴェルファイアのマイナーチェンジ後の外観デザインの変更点は、

  • フロントグリルデザインの変更
  • ヘッドライト
  • リアのコンビランプ
  • フロント&リアのバンパーデザイン
  • アルミホイール

といった部分になる見通し。

設定されるボディカラーも変更されて以下の内容となる。

<新規追加>

グラファイトM、スティールブロンドM、ダークレッドマイカM(エアロ専用)

<廃止>

シルバーメタリック、グレイッシュブルーマイカメタリック、グレーメタリック

LEDシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)搭載

f:id:smartcreater:20171117192302j:plain

マイナーチェンジ後の新型ヴェルファイアの外観の特徴としては、ヘッドライトにLEDシーケンシャルターンランプが追加されることです。

シーケンシャルターンランプは、その動きから流れるウインカーとも呼ばれており、トヨタ車ではハリアーとC-HRに搭載されています。

>>流れるウインカーの参考動画

新型ヴェルファイアの内装(インテリア)の変更点

f:id:smartcreater:20171117192653p:plain

f:id:smartcreater:20171117192458p:plain

[画像は現行型ヴェルファイアの内装]

新型ヴェルファイアのマイナーチェンジ後の内装デザインは、質感向上のために、木目パネルの変更等が行われます。

また、V,ZA-G,Z-G,ZRグレードは、ファブリック+合成皮革でしたが、サイド材に採用されている合成皮革が全面採用されることとなります。

そしてエグゼクティブラウンジ(ExecutiveLounge)グレードは、セミアニリン本革からプレミアムナッパ革へ変更。

さらに、エグゼクティブラウンジとエアロボディにホワイトレザータイプがオプション設定されることになります。

その他、内装カラーの変更やメッキパーツ加飾、インテリアパネルの変更が行われる可能性があります。

<インテリアのその他変更点>

インテリアのその他変更点としては、

  • プライバシーガラスにスーパーUVカット機能搭載
  • フロントシートに送風機能追加
  • マニュアル式ウォークイン機構がオプション設定
  • 遮音ガラスを前後ドアウインドウに追加して静粛性向上
  • 電子ルームミラー搭載

といった内容も。

エアロ仕様に新グレード

ヴェルファイアに設定されているエアロ仕様ですが、MC後は最上級となるエグゼクティブラウンジグレードにもラインナップ。

専用の内装色としてホワイトのタイプも用意されることとなる。

他には、エアロボディ(HV)をZグレードに追加されたり、GASグレードからZAグレードが廃止という形になります。

新型ヴェルファイアのパワートレイン 3.5L V6エンジンを改良

f:id:smartcreater:20171117193850j:plain

ヴェルファイアがマイナーチェンジ前に搭載していたエンジンは、2.5L直列4気筒エンジンの「2AR-FE Dual VVT-iエンジン」、3.5L V型6気筒エンジンの「2GR-FE Dual VVT-iエンジン」。

そしてハイブリッドモデルには、直列4気筒エンジンの2.5L 2AR-FXEエンジン。

この中の3.5L V型6気筒エンジンに関して改良がされ、「2GR-FEエンジン」から「2GR-FKSエンジン」へと変更されます。

また、アイドリングストップ機能搭載やトランスミッションを6速ATから8速ATへの変更も行われます。

<新型エンジンのスペック>

  • 最大出力:300PS
  • 最大出力:36.8kgm
  • JC08モード燃費:10.6~10.8km/l

これは、最大出力が20PS、最大出力が1.7kgmアップすることとなります。

さらに前輪ディスクブレーキには、17インチのタイプを搭載。

噂されたターボエンジン、ダイナミックフォースは見送り

f:id:smartcreater:20171117194815j:plain

今回のマイナーチェンジで搭載が噂されていた、2.0L 直4ターボエンジン(8AR-FTS型)、直列4気筒2.5L直噴エンジン(ダイナミックフォースエンジン)の搭載は見送られました。

新型ヴェルファイアに次世代トヨタセーフティセンス搭載

f:id:smartcreater:20171117195135j:plain

新型ヴェルファイアの変更点のメインとも言えるのが、次世代トヨタセーフティセンスの搭載です。

次世代トヨタセーフティセンスは、単眼カメラとミリ波レーダーを採用した衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティセンスP(Toyota Safety Sense P)」をより進化させた先進装備となります。

ちなみに、ヴェルファイアは、トヨタ車の中でも先進装備の搭載が進んでおり、マイチェン前でも、「プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダータイプ)」と「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能搭載)」が搭載されている状況でした。

マイナーチェンジ後に搭載となる次世代トヨタセーフティセンスの搭載機能は以下の通りとなる見通しです。

プリクラッシュセーフティシステム(PCS)歩行者検知機能付回避支援タイプ

f:id:smartcreater:20171117195659p:plain

前方にいる車両と歩行者、そして自転車もシステムが検知し運転手に、衝突する可能性がある時に、警報ブザーとディスプレイへの表示で注意喚起。

それでも衝突する可能性があれば、ブレーキを踏んでいる場合にプリクラッシュブレーキアシストが作動へ。

ブレーキを踏むことができない場合には、プリクラッシュブレーキを作動させて、衝突回避または被害軽減をサポートする仕組みとなっています。

<次世代TSSのポイント>

ポイントは、

自転車も検知可能になった

夜間でも歩行者検知が可能となった

自動ブレーキ速度低減量が対車60km/h、対歩行者で40km/h

という部分になります。

レーンディパーチャーアラートLDP(ステアリング制御付)

f:id:smartcreater:20171117200315p:plain

カメラが道路の両側にある白線もしくは黄線を認識して、運転手がウインカー操作をしないで車線逸脱しそうになる時に警報ブザーとディスプレイへの表示で注意喚起。

また、車線逸脱を回避しやすくなるように、電動パワーステアリングを制御することで、運転手のステアリング操作をサポートして、車線逸脱による事故の回避を支援します。

自動ハイビーム

f:id:smartcreater:20171117200539p:plain

周囲の明るさ、対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプをカメラが検知して、自動でロービームとハイビームを切り替えるシステム。

新型ハリアーにて搭載されている「アダプティブハイビームシステム」採用となるかが注目ポイントに。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

f:id:smartcreater:20171117200836p:plain

前に走る車との適切な車間距離を自動で保ち、設定速度で追従走行できるシステム。

全車速対応のため、先行車が完全停止するまで対応できる。

次世代トヨタセーフティセンスの注目ポイント

さらに次世代トヨタセーフティセンスの注目点としては、以下の機能が注目ポイントとなります。

〇車線維持機能

車線の間をはみ出ないように支援してくれる機能。

レクサスでは、Lexus Safety System + Aの「レーントレーシングアシストLTA機能」として採用されている。

>>Lexus Safety System + Aとは

〇先行車発進告知機能

前いる車が発進したことを知らせてくれる機能。
〇道路標識の認識機能

道路標識を読み取って、それを知らせてくれる機能。

レーンキープアシスト機能となる車線維持機能が追加されることによって、日産のプロパイロットに対抗できる先進装備になったと言えます。

マイナーチェンジでのその他変更点

ヴェルファイアのマイナーチェンジでのその他変更点は、

  • ドア開口部に構造用接着剤採用によるボディ剛性強化
  • ショックアブソーバーの改善
  • ブラインドスポット警告機能搭載
  • リアクロストラフィック警告機能搭載

といった内容もあります。

新型ヴェルファイアの価格はいくら?【予想】

f:id:smartcreater:20171117201951j:plain

新型アルファードのマイナーチェンジ後の価格は、次世代トヨタセーフティセンス等の機能性充実化や外観デザイン等の質感向上などによって10万円程度の値上げが予想されます。

現行モデルの価格ついては、

  • ガソリンX[2.5L]グレード:3,197,782円~
  • HYBRID X 8人乗りグレード:4,113,818円~

となっています。

ヴェルファイアの公式サイトはこちら

新型ヴェルファイアの発売時期、発売日はいつ?

新型ヴェルファイアの発売時期に関しては、2018年1月となっており、発売日は1月後半になる見通しです。

そして記者発表に関しては2017年12月中に行われる可能性が有力となっています。

ヴェルファイアのライバル車の状況

日産 エルグランド

f:id:smartcreater:20171117202633j:plain

7年以上フルモデルチェンジが行われていない状況が続くエルグランド。

自動ブレーキさえ対応していない状況ではあるゆえ、全面改良の時期は近いと見られる。

自動運転技術プロパイロットや電気自動車の技術を活かしたe-POWER等の搭載で、2018年~2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が予想される状況。

ホンダ オデッセイ

f:id:smartcreater:20171117202917j:plain

オデッセイは、2017年11月にビッグマイナーチェンジを実施し、エクステリアの変更と共に先進装備のホンダセンシングでACCが全車速対応するなどの機能向上が図られた。

次期ヴェルファイアのモデルチェンジ情報!フルモデルチェンジの予想

次期ヴェルファイアに関しては、TNGA思想で開発されたプラットフォーム、エンジン搭載等のトヨタの次世代技術が活用されることが大いに予想できます。

さらに、次期ヴェルファイアとなる可能性があるコンセプトカーも東京モーターショー2017にて公開されました。

>>次世代ミニバンの動画

その次期ヴェルファイア候補となる次世代のミニバンコンセプトの情報がこちら。

>>次世代ミニバンコンセプトの公式情報

次のヴェルファイアは、FCVといった次世代環境技術と自動運転技術が鍵となりそうです。

以上が、現時点でのヴェルファイアのモデルチェンジ情報のまとめとなります。

Source: ヴェルファイアのモデルチェンジ情報まとめ

トヨタ 新型アルファード・新型ヴェルファイアマイナーチェンジ2018まとめ

以前より当サイトでは、アルファードALPHARD)、ヴェルファイアVELLFIRE)のマイナーチェンジについてご紹介させて頂きました。

つい先日の10月18日には、ディーラーでもスタッフマニュアルが電子配布されるようになりました。

これまでにご紹介させて頂いた情報を纏め、改めてご紹介させて頂きます。


新型アルファード・新型ヴェルファイアに関する内部資料はこちら
ヴェルファイア(アルファード)のマイナーチェンジ情報の内部資料が流出!!

内部資料漏洩事件

トヨタ自動車からの内部資料が、2017年8月25日以降にインターネット上への漏洩が発覚。

この資料が漏洩したことにより、新型アルファード新型ヴェルファイアが年内もしくは、年明けに発表されることが世間を賑わせました。

漏洩した資料が下記のものになります。

記者発表日が変更!?

こちらの漏洩資料によると、記者発表日が2018年1月16日となっています。

その後、記者発表日が前倒しされることになり、2017年12月25日クリスマスでのサプライズ発表へ変更となっています。

購入を検討している方にとっては、まさにサプライズでしかありません。

スタッフマニュアル配信日



先ほどご紹介した内部資料のスケジュールによると、2017年10月中旬としか記載されておらず、いつに配布されるのか不明確でした。

そこで、販売店の営業担当者やインターネット上で調査したところ、2017年10月18日(水)に配信されることが判明しました。

詳細が明らかになると楽しみにしていた方が多かったと思います。

今回のスタッフマニュアルでは、インテリア等の変更点についての詳細は明らかになったもののエクステリアデザインについての画像が全く掲載されていないという期待はずれとなったようです。

新型モデルの生産開始時期

アルファード及び、ヴェルファイアは、日本国内生産車種となっております。

三重県にあるトヨタ車体で生産されることが決定しているようです。

皆さんが気になるのは生産場所ではなく、生産開始日ですよね。

新型モデルの生産開始日は、2018年1月8日(月)より本格生産が開始されます。

販売店での発表と初期配車台数

ヴェルファイアの専売するネッツトヨタ店とアルファードを専売するトヨペット店の熱い販売店戦争が今回も勃発するでしょう。

ネッツトヨタ店の一部の店舗では、事前予約も受け付けているようです。

しかしながら、トヨペット店では12月を目処に事前予約の受け付けを開始する店舗もあるようで販売店や地域によって様々な動きがあるようです。

実車の初期配車ですが、内部資料の情報によると各店舗に1車のみ配車されるようです。

但し、販売店の規模などの状況に応じて、必ず1店舗1車されるとは限らないようです。

次ページにてマイナーチェンジ改良点についてご紹介します。

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site