【試乗:トヨタ・アルファード〜前編】これは売れそう。マイルドヤンキーを研究し尽くした意欲作

| 間違いなく売れまくる |

さて、トヨタ・アルファードに試乗。
マイナーチェンジを受けたモデルの人気は高く、現在3-4ヶ月の納車待ちとなっているほど。
よって試乗についても現在積極的に受けておらず、試乗車や展示車があったとしてもサイト上に掲載しない販売店も多いようです。
今回試乗したのはタイプS”Aパッケージ”2WD、価格は3,905,280円。※画像は展示車のハイブリッドモデル

アルファード タイプSのスペックを見てみよう

アルファード タイプS Aパッケージのスペックは下記の通り。
全長が「ほぼ5メートル」、重量2.4トンと相当に大きく重い車であることがわかります。

トヨタ・アルファード タイプS Aパッケージ

ボディサイズ:前長4950 全幅1850 全高1935ミリ
エンジン:2.5リッターガソリン
出力:182馬力
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
車体重量:2,425キロ
価格:3,905,280円
※トヨタのアルファード製品ページはこちら

マイナーチェンジ前と何が変わったの?

詳しくはトヨタのページにマイナーチェンジ前後の比較がありますが、全体的なイメージでは「よりイカつく、より高級感」が。
フロントバンパー変更に伴いフロントグリルが大きくなり、メッキ部分が増加することで押し出しが異常に強くなっているように思います。
リアもガーニッシュやテールランプが変更されていますね。
なおシーケンシャル点灯ウインカーの採用もトピックのひとつ。

alphard2

機能面だと安全性が大きく向上し、「レーントレーシングアシスト」追加、「プリクラッシュセーフティ」強化、「デジタルインナーミラー」追加、「ブラインドスポットモニター」追加、「インテリジェントパーキングアシスト」強化、「リヤクロストラフィックアラート」などが主なところ(トヨタセーフティセンスPを全車標準搭載)。

グレードは大きく分けると「標準ボディ」と「エアロボディ」の二つ。
標準ボディ(3,354,480円~7,358,040円)にはX、G、GF、Executive Lounge、HYBRID X、HYBRID G、HYBRID G“F パッケージ”、HYBRID Executive Loungeがラインアップ。
エアロボディ(3,692,520円~7,508,160円)だとS、S“A パッケージ”、S“C パッケージ”、SC、Executive Lounge S、HYBRID S、HYBRID SR、HYBRID SR“C パッケージ”、HYBRID Executive Lounge Sまで。
なおエアロボディは前後バンパーがエアロボディ専用となり、サイドステップ(サイドマッドガード)が追加されます。

ドライブトレーンは両方とも2.5Lガソリン、3・5Lガソリン、そしてハイブリッド。
ガソリンエンジンの駆動方式は2WD/4WD、ハイブリッドはE-Four(電気式4輪駆動方式)となっています。

alphard23

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});



新型アルファードの外観を見てみよう

新型アルファードを見た第一印象は「とにかく押し出しが強くなったな」ということ。
トヨタはターゲットとする「マイルドヤンキー」をよく研究していて、いかにもヤンキーが好みそうな外観に仕上げてきたな、という印象。

alphard12

とにかくフロントグリルの押し出しはハンパなく、このあたりレクサスが培った技術が投入されているのかもしれません。
グリルの複雑な造形はちょっとした見もので、ここは前期型比べると「相当な差異」がある部分。
なお、最近のトヨタはとにかく「中央から外に向かって垂れ下がるデザイン(ウルトラの母の耳みたいな)」を好んで用いるようですね。

alphard116

グリルだけではなくヘッドライト周辺のつくりも大きく変わり、車格が一つ上がったような感じ。
なお、ノア/ヴォクシー/エスクァイアも同様にグリルやランプ類の変更によって大きく高級感が増し、外観に限っていえば「マイナーチェンジ後のエスクァイアはマイナーチェンジ前のアルファードといい勝負なんじゃないか」と思えるほど。

alphard29

いかにもマイルドヤンキーに受けそうなリアウイング形状。

alphard7

とにかくスクエアなデザイン。

alphard13

サイドも立体感のあるクロームのモール。
コントラストを考えるとやはりボディカラーに「ブラック」を選びたくなり、結果的にアルファードの人気ボディカラーがブラックになるのも理解できます。

alphard26

ウインドウ付近には風切り音防止のため?の突起。

alphaad15

テールランプにも同様の突起が。

alphard27

内装、実際に運転して見たインプレッションは「後編」へ。
他の画像はFacebookのアルバム「新型トヨタ・アルファード」に保存しています。

なお、マイナーチェンジ版アルファードのTVCMはこちら。
かなり高級感を押し出していますね。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

マクラーレンが4シーターを作ったら?デザイナーが「ありそう」なレンダリングを公開

| 本当にマクラーレンは4ドアサルーンを作るかもしれない |

マクラーレンが4ドアモデルを作ったら?と言うレンダリングをCGアーティスト、Jose Rodriguez Nebreda氏が公開。
マクラーレンはこれまで一貫して「SUVは作らない」としていますが、フロントエンジンの4ドアサルーンなら実際に「ある」かもしれません。
というのもマクラーレンは「4ドアサルーンは作らない」と公言したことはなく、さらにはマクラーレンが直接顧客に対してアンケートを実施しており、その中には真剣に4ドアサルーンの開発を考えていると思われる内容も。

このままでは「取り残される」可能性も

マクラーレンがSUVを作らないのは「それはスポーツカーではないからだ」としており、「金のためになんでもやる気はない」と暗にフェラーリを揶揄するような発言も。

しかしながらマクラーレンは現在「カーボンモノコックの2シーター」しか車種がなく、「セナ」「720S」「540C」「570S」「570Sスパイダー」「570GT」といった感じで展開しているものの、流石にこれ以上同じ路線で車種を広げたとしても自社の既存ラインアップを食うだけの可能性が大。

実際にマクラーレンの販売を見ると顕著ですが、2015年には1654台を販売しており、2016年にはその倍の3286台を販売。
これは540や570系の「スポーツシリーズ」投入が奏功したと言えます。
そして問題は2017年の「3340台」。
アストンマーティンやフェラーリ、ランボルギーニに比べると伸び率が低く、つまり「同じエンジン、トランスミッションを積んだ、同じく駆動方式で同じパッケージングの同じような車ばかり」では限界に達しつつある(需要が一巡している)、とも考えられます。

mclaren-sedan-rendering-2

そこで「これ以上販売を伸ばすにはどうするか」ということですが、MRスポーツカーをFRにしても仕方がないので、「4人乗り」を発売するのがもっとも効果的というのは火を見るよりも明らか。

ですがブランディング上、「SUVを発売しない」のであればスーパースポーツサルーンがあるじゃない、という結論になるのも至極当然。
メルセデスAMGも800馬力オーバーの「AMG GTの4ドアバージョン」を発売する見込みで、アストンマーティンもラゴンダやラピードでこのカテゴリに参入済み。
ポルシェも「パナメーラ」があり、ドアこそ3枚ですがフェラーリGTC4ルッソもすでに一定の購買層を獲得していて、この状況の中でマクラーレンが「ミドシップ2シーター」にこだわり続けるのはかなり苦しい結果を招く可能性も。

現在、そのブランドの車を購入する人は一人で二台三台と購入したりしますし、どんどん競争が厳しくなるこの状況において顧客をそのブランドに繋ぎ止めるのは「選択肢の多さ」だったりする可能性があり、よって「ブランドの先鋭化」よりも「多様化」のほうが生き残りとしては有効な選択になるのかもしれません。

もちろん車種を拡大せずに「一台当たりの」もしくは「一人当たりの」利益を拡大する方法もあり、それがマクラーレンがMSOにて先鞭をつけた「カスタム」なのでしょうね。

あわせて読みたい関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




ポルシェ911GT2RSの展示&走行。おそらく実車を見ることは叶わないので動画にて

| マフラー内部はちょっと残念 |

展示されているポルシェ911GT2RSを収めた動画が公開に。
かなり細部に渡るまで記録されており、会場を搬出する際のエキゾーストサウンドも聞くことが出来ます。
なお、ポルシェのいわゆる「役モノ」=911ターボ、911GT3、911GT3RS、911GT2RSは相当に希少で、とくに911ターボは実際に目にする機会は極少(意外とGT3系はまだ見る機会がある)。

おそらく実車を見る機会はなさそう

なおランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンのほうがポルシェ911ターボより登録台数が少ないと思われるものの、それら(フェラーリやランボルギーニ)はディーラーに行けばいつでも見ることが可能。
ただし911ターボがディーラーに展示される事はまずなく、それは911GT2も同じかもしれません(その意味ではフェラーリやランボルギーニよりもレア)。
加えて、そういったレアカーを見ることが出来た唯一の機会「ポルシェ・サマーサミット(ホテルイベント)」もなくなってしまい、ますます911の上位グレードを見るチャンスがなくなってしまったのが残念。

gt2rs2

よって911GT2RSをこの目で見ることはたぶん無いだろうなと考えているのですが、幸いにも最近は様々な動画にて911GT2RSがアップされており、それらを見ることができるのがせめてもの救い。

今回アップされた動画では「ヴァイザッハ・パッケージ」が装着されておりさらにスパルタンな印象となっていて、おおよそ911GT2RSを購入する人はこのオプションを装着するようですね。
「ヴァイザッハ・パッケージ」についてはマグネシウムホイール、エアロパーツのアップデート、クラブスポーツ・パッケージの装着などが含まれ、ただでさえ過激な911GT2RSをもっと過激にする本気オプション。

なお、発表時にオフィシャルフォトにて公開された「レッド内装」を選ぶ人は逆に少ない模様。

gt2rs3

なお、動画を見ると、ぶっといテールパイプの内側にはちょっと細めのパイプが見え、これはちょっと「隠してほしかった」部分ではあります。

それでは動画を見てみよう

こちらがイベント会場での911GT2RSを収めた動画、「2018 Porsche 991 GT2 RS Weissach Package – Sound & On Display!」
エンジンサウンドも聴くことが出来ます。

こちらも実際に911GT2RSが走行する様子を記録した動画、「2018 Porsche 991 GT2 RS Exhaust SOUND! – Huge Revs, Launches & Accelerations!」。

おそらくポルシェセンターの駐車場と思われますが、納車待ちの911GT3(イギリス人は本当に黒い911が好きなんだなと思う)を見ることができる「FIRST CUSTOMER PORSCHE GT2RS in London!! Weissach Package」。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【レンダリング】ジェットエンジンを持つ「アウディ・ボード22」、未来的な「BMWアドバンスト・ドライビング」

| ロボレース用? |

CGアーティスト、Pavel Pevchev氏の考えた「AUDIBOARD22」。
詳細は不明ではあるものの、画像からは「レーザーヘッドライト(いつの間にかあまり効かなくなった)」「タービン」を装備していることが理解でき、そして「タービン」はターボチャージャーではなく「ジェットエンジン」のようですね。

とりあえず速そうな「アウディボード22」

ジェットエンジンについては「燃料」「点火装置」があるところからガスタービンかなにかだと思われますが、とにかく「とんでもない」速度が出そうな車で、コーナリングや停止においてもフラップなどエアロデバイスを使用しないと「無理」なのでは?という印象。

audi-board22 (2)

人が乗るところは見当たらず、無人かつ自立運転型の車であり「ロボレース」を意識した作品なのかもしれませんね。

audi-board22 (3)

こちらは一応人が乗れそうだ

もう一台、未来的な「BMW Advanced Driving / H2 Concept」。
こちらもCGデザイナーであるPhilipp Fromme氏が考えたもので、形状自体はロボレースカーっぽいものですが、車両左上面に「なんとか」人が滑りこむだけの隙間が。

bmw-h2 (2)

こちらも動力源は不明ですが、エアインテーク、エキゾーストパイプが見えないので「ピュアエレクトリック」ではないかと思われます。
ホイールセンターのプロペラマークは「モノトーン」、そしてサイドには「22」。
この「22」は上のアウディボード”22”にも使用されており、同じコンペかなにかに提出されたデザインスタディなのかもしれませんね。

bmw-h2 (1)

あわせて読みたい関連投稿

現在、多くのデザイナーが「無人」レースカーのコンセプトデザインを公開していますが、「遠隔操作」を前提としたものから「自律走行」まで様々。
レースも今後は「遠隔」「無人」となるのかもしれませんね。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

鮮やかなイエローにブルーライン。珍しいカラーのフォードGTがアブダビで目撃

| 他の国では見られないカラーの組みあわせ |

アブダビにて目撃されたフォードGT。
鮮やかなイエローにブルーが爽やかですね。
なお中東では比較的ブルーが好まれる傾向にあり、しかも北米とは異なって「メタリック」ではなく「ソリッド」ブルーの人気が高いようです。

中東ではブルー、そしてアメ車が人気

なお、アブダビが属するアラブ首長国連邦の国旗は「白、黒、赤、緑」。
たとえばアメリカでは自国の国旗に使用される「青、赤、白」が好まれるのとは全く異なり、中東ではこれらのカラーが組み合わせられたカスタムは比較的少ないようにも思います(国旗にはあまり愛着がない?)。

ちなみにアメ車が多いのもドバイやアブダビの特徴で、なぜかマスタングやカマロ、コルベットが多数走っています。

ford-gt (3)

リアはかなり独特な形状。
なおテールランプ中央の「穴」はエアの通り道で、取り入れた空気をここから排出する、という構造。

ford-gt (1)

レーシングストライプだけではなく、フロントアンダーからサイド~リアまで、そしてディフューザーにもブルーのアクセントが入ります。

ford-gt (6)

タイヤにはレターとライン入り。
こういったF1風のタイヤはピレリがハイパフォーマンスカー向けに提供を開始していますが、ミシュランは公式に発売していないと思われるので、これはフォードGTのオーナーさんが独自にカスタムしたものでしょうね。※ドバイではタイヤレターを入れている人が多かった

ford-gt (5)

ford-gt (4)

VIA:Autogespot

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【動画】総額4億円以上。1991年以降放置されていたフェラーリやコブラ、モーガンが発見される

| なぜ?1991年から放置されたクラシックカー |

納屋で眠っていた車や放置された希少な車をレストアして世に送り出すティム・コッター氏(Youtubeチャンネルはこちら)がまたまた珍しいフェラーリを紹介。
同氏は自身でそういった車を探すのではなく、「レストア請負人」として有名なため、「そういった車を」見つけた人々が彼に連絡を取る、といったことが多いようですね。

わずか「数台」しか製造されなかったアルミボディの275GTB

今回見つかったのは希少なアルミ製ボディを持つ1967年製フェラーリ275GTB、さらに1966年製シェルビー・コブラ427、トライアンフ、モーガン8など。
その総額はなんと4億5000万円ほど、と言われます。

これらの車が倉庫に眠ったままの経緯としては、オーナーが1980年代にコレクションとして車を集めた後にメカニックを雇ってこれらの車をメンテナンスさせていたものの、そのメカニックの人が亡くなった後には誰も車たちの面倒を見る人がいなくなり、最終的に1991年からずっとこれら名車たちが放置されることに。
その後オーナーの身に何があったのかは不明ですが、今回はそのオーナーの知人がガレージを開けたところクラシックカーを発見し、ティム氏に連絡を取ったとのこと。

これらの車が保管されていたのはこのガレージ。
なかなかきれいな建物ですね。

garage2

ドアを開けると出てきたのは希少なフェラーリ。

garage3

奥の方にはトライアンフ、モーガンの姿も。

garage4

こちらはコブラ。

garage5

なおフェラーリ275GTBは1965年発表のモデルで、250GTの後継(フェラーリによる解説はこちら)。
フロントエンジンレイアウトで、フェラーリとしては「初」のトランスアクスルを採用したモデル。
生産はシリーズⅠとシリーズⅡあわせて450台ほどとされ、通常はスチール製のボディを持つものの「複数台」アルミ製ボディが存在したと言われます。
エンジンはV12(3.3リッター)、出力は280馬力と記録されており、ボディのデザインはピニンファリーナ、制作はスカリエッティ。

それでは動画を見てみよう

こちらがガレージに眠ったままの車たちを紹介する動画、「$4,000,000 Barn Find – Ferrari AND 427 Cobra Hidden for Decades | Barn Find Hunter」。
ガレージの中は雑多で、なぜ放置されることになったのかがますます気になることに。

あわせて読みたい、放置されていた車たちの物語

オーナー亡き後、その息子、そのまた息子が保管し続けてきたフェラーリ250GT。ついに40年の時を経て納屋から出ることに
30年放置されていたポルシェ356Cを発見→オーナーを見つけてレストア→走行させた女性の物語
ゴミのように打ち捨てられたポルシェ911が発見→2年の歳月を経て完全にレストア
またなんか納屋から出てきた。今度は42年間放置されたポルシェ912(911の廉価版)
TV番組の企画にて、偶然納屋で見つかった911。ポルシェが買い取り最も古い911としてレストア→公開へ
ジャガーの名声を確立したXK120。謎多き1950年製の個体が50年ぶりにガレージから出されることに
「日本の納屋で」発見された、あのフェラーリ・デイトナ。2.3億円で落札され365GTB/4の高額落札記録更新か
まさか日本で?納屋で発見された、世界に1台の特別なフェラーリ・デイトナ。1972年のカーグラ誌にも登場
納屋で朽ちた初代レンジローバー発見→早速レストア→その車がかつて英国王室所有だったことを知った男
納屋で発見されたジャガーEタイプ。今にも崩れ落ちそうなほど腐っていても競売では600万円
英国にて、納屋に放置されていたクラウンが発見。レストアされ初代オーナーの孫と対面
納屋で発見された車ほか数奇な運命を辿った希少車5選が動画で公開に
子供の頃見たミウラが納屋で見捨てられているのを発見。オーナーとなりレストアした男の物語
誰か買うて・・・。納屋で朽ち果てたポルシェ356Aスピードスターが競売に
またまた納屋で眠っていた希少車。今度はカウンタック3台や走行60キロの911スピードスターなど一気に10台以上
40年間納屋に眠っていたポルシェ356が競売へ。なんと登録されてから今まで「ワンオーナー」
30年放置されていたポルシェ356Cを発見→オーナーを見つけてレストア→走行させた女性の物語
偶然発見された、プレスリー過去所有のBMW507。レストアから完成までを動画で
スイスの古城から希少価値の高いクラシックカーが大量に発見される。いったいなぜ?
20年間手付かずで放置されたポルシェ911が発見。e-bayにて1500万円で販売
久々の大物登場。34年間ガレージに放置されていたBMW M1が発見される
オーナーの身に何が?25年の間放置されたランボルギーニ・ミウラが発見される

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ロータス「2020年に2車種、新しいスポーツカーを発売」。ひとつは既存モデル後継、もうひとつはサーキットメイン

| ロータスが本格的に次世代モデルへ向けて活動開始 |

最近スピード違反で捕まって免停になったロータスCEO、ジャン・マルク・ゲールズ氏が「2020年までに新しいスポーツカーを2車種発売」とメディアに語った模様。
このうち一台は「既存モデルの後継」とされていますが、以前に新型エリーゼは2020年に発売とも発言されており、つまり1車種は新型エリーゼなのかもしれませんね。

過激なサーキットメインのモデルも

なおジャン・マルク・ゲールズCEOはこの「既存モデルの後継」についても現在の「接着剤で固定したアルミフレーム」の進化版を使用し、軽量性を追求しながらも耐クラッシュ性、耐久性を向上させる、とも語っています。

残るもう一台についてはサーキット走行をメインに考えたモデルもしくはサーキット専用モデルで、カーボン製バスタブシャシーを使用した過激なスポーツカーとなり、3-Eleven(スリーイレブン)後継とも言えるモデルになりそう。

ゲールズCEOいわく、両モデルとも「究極にゴージャスでシビれるクルマ」だとしており、デザインやエアロダイナミクスなどすべての面で妥協のないスポーツカーになるようですね。

現在ロータスは販売が好調であり、かつ中国・吉利汽車傘下となったことで比較的資金に余裕も。
そして吉利汽車はロータスのスポーツカーとしての知名度を最大限に活用すると思われ、よって買収によってロータスがさらに過激なスポーツカーメーカーへと発展するのは間違いなさそう(つまり買収がいい方向へと作用)。

今回の2モデルの他にも「エキシージ」「エヴォーラ」といった既存モデル後継、「エスプリ」「エラン」といったビッグネームの復活も期待でき、しばらくはロータスの話題が途切れることはなさそうです。

あわせて読みたいロータス関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【動画】同じミドシップ、近い馬力。しかし重量差200キロのアウディR8、マクラーレン570Sとのゼロヨン勝負

| けっこうあった重量差 |

AutoExpressがアウディR8 V10Plusスパイダーとマクラーレン570Sスパイダーとを加速においてテスト。
この二者は価格が近く、スペックやレイアウト(ミドシップ)も近い、という性質を持ちます。
ただし大きな差異はR8のエンジンが自然吸気で570Sはターボということ、そしてR8は4WD、570Sは後輪駆動。

両者のスペックはこうなっている

ここでそのスペックを見てみましょう。
こうやって見ると、重量にかなり差異があることがわかります。

アウディR8 V10 Plus スパイダー
価格:147,370ポンド
エンジン:5.2リッターV10(自然吸気)
出力:610馬力
トランスミッション:7速デュアルクラッチ
駆動方式:4WD
車体重量:1695キロ
マクラーレン570Sスパイダー
価格:164,750ポンド
エンジン:3.8リッターV8ツインターボ
出力:570馬力
トランスミッション:7即デュアルクラッチ
駆動方式:MR
車体重量:1486キロ

mclaren2

加速性能を比較した結果は?

各速度域における加速を比較すると下記の通り(★がついている方がその速度域において優勢)。
1/4マイルを走った結果としてはアウディR8が11.2秒、マクラーレン570Sは11.0秒とかなり近い数字でのフィニッシュとなっています。

アウディR8 V10 Plus スパイダー
0-10mph 0.6秒
0-20mph 1.0秒★
0-30mph 1.4秒★
0-40mph 1.8秒★
0-50mph 2.4秒★
0-60mph 3.0秒★
0-70mph 3.7秒★
0-80mph 4.6秒
0-100mph 7.2秒
マクラーレン570Sスパイダー
0-10mph 0.53秒★
0-20mph 1.06秒
0-30mph 1.55秒
0-40mph 2.06秒
0-50mph 2.58秒
0-60mph 3.11秒
0-70mph 3.72秒
0-80mph 4.49秒★
0-100mph 6.28秒★

これを見るとマクラーレン570Sは後輪駆動とはいえど軽量さを活かしてダッシュに優れ、しかしその後は4WDであるアウディR8が優勢。
しかし80mph(時速129キロ)あたりからマクラーレン570Sがリードしています。
100mph(時速160キロ)だと1秒以上マクラーレン570Sがリードしているものの、最終的な差は0.2秒に収まっているので、ここからアウディR8が怒涛の追い上げを見せた、ということに。

それでは動画を見てみよう

こちらが両者を加速において比較した動画、「Audi R8 V10 Plus vs McLaren 570S Spider drag race – British vs German supercar power battle」

こちらはオープンモデルではなく「クーペ」同士を比較した「2017 Audi R8 V10 VS McLaren 570S Comparison」。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ポルシェが新戦略として「3本柱」公表。「ガソリンエンジン搭載スポーツカー」「PHEV」「スポーティーEV」

| ポルシェはガソリンエンジン搭載スポーツカーを継続 |

ポルシェが356発売70週年イベントを開催し、そこでCEOであるオリバー・ブルーメ氏が今後のポルシェの成功は「ミッションEVにかかっている」と発言。
あわせて今後は3つの戦略を進めてゆく、と語っています(その戦略は下記の通り)。

・情熱的な、ガソリンエンジン搭載のスポーツカー
・プラグインハイブリッド
・スポーティーなエレクトリックビークル

しかしながらミッションE中心の戦略は変わらない

加えてミッションEにかける意気込みを語っていますが、これは「ポルシェのエモーショナルなデザインを反映させた車」だとも述べています。
たしかに次期911(992)のスパイフォトを見るとその外観は「ミッションE風」。
加えてポルシェはパナメーラ、カイエンのトップレンジを「PHEV」とするなどエレクトリック化を急速に進めていますが、これらすべては「ミッションE」発表に向けたお膳立て」だとも考えられます。

つまり現在のポルシェにおける行動はすべて「ミッションEありき」だとも言えますが、その意味でも「絶対に外せないモデル」ではありますね。
ただ、気になるのは現在パナメーラ販売のうち(欧州では)60%がPHEVだと言われるものの、実際にミッションEが市場に受け入れられるのかどうか。
「スポーツカーとエレクトリック」は重量以外にも「イメージ面で」相性が悪く、というのも「ポルシェ918スパイダー「ラ・フェラーリ」「マクラーレンP1」がほぼ同時に発売されたとき、いずれもハイブリッドではありましたがポルシェ918スパイダーのみが「プラグイン」ハイブリッド。
結果としてポルシェ918スパイダーの販売はほかの2車に比べて苦戦することになりますが(販売台数が多かったこともある)、マクラーレンは最新「アルティメット・シリーズ」セナにおいてもP1で採用されたハイブリッドシステムを外しており、やはりスポーツカーエンスージアストにとっては「ハイブリッドは許容できない」という風潮がある(そしてメーカーもその風潮、ハイブリッド採用必要性のなさを理解している)のかもしれません。

そういった状況で「スポーツカーの雄」であるポルシェがピュアエレクトリックカーを発売し、そこに社運をかけるというのは相当に思い切った策であるとも考えられますね。
ただしポルシェとしても「スポーツカーとハイブリッドは相性が良くない」ことについては重々理解しており(何度もそういったコメントが出されている)、その意味で「ガソリンエンジン搭載のスポーツカー」を戦略の一つとして残し、エレクトリックビークルにおいては「スポーツ」ではなく「スポーティー」という表現に留めているのかもしれない、と思います。

あわせて読みたい関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.