BMW8シリーズは格好の標的?CGアーティストがトラック、ワゴンなど様々なレンダリングを一気に公開




| 8シリーズのオープン、トラック、チューンドカーまで |

BMWは新型8シリーズを発表したばかりですが、久々の大型ニューモデルということもあり、コラ職人が大活躍する事態に。
実際のところ8シリーズは「M8」「グランクーペ」のバリエーションが投入される可能性が高く(M8はすでにBMWによって言及されており、グランクーペはコンセプトモデルが発表済み)、加えて「カブリオレ」がテストされる姿も目撃されています。
今回はそれらに加えておなじみの「トラック」「ベースグレード」のレンダリングも公開されていますが、ここに「世紀末風」が加われば(レンダリング上の)フルラインアップが完成しそう。

上の画像は「8シリーズ・カブリオレ」ですが、これは実際に近日中に登場する可能性が大。
BMW 8シリーズそのものがメルセデス・ベンツSクラスクーペ/カブリオレへの対抗とされているため、BMWとしても「外せない」バリエーションですね。

どんなレンダリングがあるのか見てみよう

今回レンダリングを公開したのはおなじみX-TOMI、Aksyonov Nikita、Rain Priskといったおなじみの面々。

こちらはBMW 8シリーズ「GT4」。
M4 GT4同様のエアロパーツやアクセントを取り入れたものですね。

bmw-8-13

こちらは8シリーズ・グランクーペ。
BMWは「コンセプトM8グランクーペ」をすでに公開していますが、この「M」はいつものスポーツモデルの「M」ではなく、「More」を意味する、とのこと。

bmw-8-5

こちらは「8シリーズのベースグレード」。
エントリークラスのセダンやコンパクトカーによくある、「営業車に用いられるようなグレード」をイメージしたもので、樹脂製無塗装の前後バンパーやドアミラー、スチール製ホイールが特徴。

「もしもベースグレードがあったなら」はスーパーカーのIF系レンダリングにおいても好んで用いられるテーマですね。

bmw-8

こちらは「8シリーズ・ワゴン」。
複数のCGアーティストが「8シリーズ・ワゴン」のレンダリングを作成していますが、Rain Priskによる作品がもっともイケてるようです。

bmw-8-12

こちらはリバティーウォーク風のオーバーフェンダーを装着したBMW 8シリーズ。
ドライバーがヘルメットを被っているのでレース用とも受け取ることができますが、ナンバープレートがフロントにあること、後ろにパトカーが見えることから「ストリートレーサー」だと推測できます。

bmw-8-6

こちらもスポーツカーや高級車が発表されると必ずでてくる「トラック化」。

bmw-8-3

そしてもう一台、別の「8シリーズ・ワゴン」。
8シリーズは長く流麗なボディラインを持っており、(ポルシェ・パナメーラ同様に)ワゴンが似合いそうなクルマでもありますね。

bmw-8-2

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

イタリアより「シボレーのV8エンジンを積んだ」スバルBRZ登場。エアロはブランドミックス

| イタリアよりスバルBRZのチューンドカーが登場 |

イタリアのブリル・スティール・モータースポーツ(Brill Steel Motorsport)がなんとシボレーのLS3 6.2リッターV8を積んだスバルBRZを公開。
V8を積んだ86としては「フェラーリ458のエンジンを積んだ”4586”が有名ですが、BRZでエンジンスワップに手を出すのはかなり珍しいケースだと言えそう。
なお、出力は580馬力だそうですが、これはノーマルの205馬力の「3倍近く」という数字。

エアロパーツはブランドミックス?

さらにこのチューナーはロケットバニー製のオーバーフェンダーキットを装着しておりホイールは19インチへ。
ボンネットにはダクト、リアにはダックテールスポイラーを装着しており迫力のある仕上がりとなっています。

全体的なバランス、カラーリングはなんともナイスで、このあたりは「さすがイタリアンチューナー」。

brz2

このロケットバニーBRZが目撃されたのはモナコのようですが、あの「ウイングが大きすぎて警察に注意された」日産GT-Rも。
モナコは超高級車が多いというイメージもあるものの、こういった「族車チューンを施した日本車」もけっこう多いようですね。

gt-r



ロケットバニーには色々なエアロパーツがある

なお、ロケットバニー(Rocket Bunny)は数多くの車種に対応したエアロパーツを販売中。
トヨタ86/スバルBRZのほか、日産R35 GT-R/R32 GT-R、フェアレディZ(S30/Z33)、シルビア(S13/S14)、ホンダS2000、NSX、ポルシェ・ケイマン(987)、フォルクスワーゲン・ゴルフ7、BMW 3シリーズ(E36/E46)、レクサスRC等に向けたエアロパーツがラインアップされています。

トヨタ86/スバルBRZ向けだとこういった「きっと」内容となっていますが、ブリル・スティール・モータースポーツではオーバーフェンダーとリアディフューザーのみを装着(フロントリップ/サイドステップは別ブランド?)しているようですね。

rocketbunny_86V1_06

それでは動画を見てみよう

こちらがアメリカンV8を押し込んだスバルBRZが実際に走行する動画、「Subaru BRZ by Brill Steel Motorsport – 580hp V8 LS3, 900Nm, Street Legal Beast!」。

あわせて読みたいトヨタ86/スバルBRZ関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

さよならボクの人生の一部。地震で修復不能になったミニカーやフィギュアなどを捨ててきた

| 一瞬にしてコレクションがゴミの山に |

さて、地震によって家屋内外の様々なものが破損しましたが、とりあえず破損した中でも修復不能なものを思い切って処分することにしました。
とにかく家の中が散らかっているので「捨てるものを捨てないと」片付かないためですが、修理が不可能と思えるミニカーやフィギュア、その他コレクションしていたもの、何か改造に使おうと考えて保管していた自動車用パーツなどは極力この機会に捨てよう、と考えています。

そんなわけでアウディTTにゴミを積んで(思ったよりもたくさん載る)居住地区指定のクリーンセンター(有料でゴミを引き取ってくれる)へとゴミを持ち込んだのですが、とにかくその量が多くて二往復するはめになり、2回分をあわせるとトータルで220キロものゴミを捨てたことに(排気量はキロあたり金額×何キロ、という計算になるのでゴミの量が明確に出てくる)。

人生の一部を捨ててきたようだ

ぼくが長い時間とそれなりの金額をかけて収集したものが一瞬でゴミの山になってしまったわけですが、今回捨てたものは上述のようにミニカー、フィギュアやそれを収納していたコレクションケースなども(これらが落下してその破片が家中に散乱している)。

ほかだとエンジンのパーツ(ピストンやコンロッド)、その他色々な部品もあり、ぼくはこれらを加工して色々なものに再利用しているのですね。
たとえば以前に乗っていたシビックのタワーバーは「タオルかけ」になっていますし、

フェアレディZのボアアップ用に仕込んでいたピストンは結局エンジンに組み込まれることはないままに「ペン立て」に、

日産パオのルームミラーステーは「ハンガー」にといった具合。

とにかく「なんでも何かの役に立つ」と考えていて色々と集めてきたわけですが、こういったもの、そしてCD、レコード、書籍を「6割くらい」処分してゆこうと考えています(今回捨てたものもあるが、ある程度状態を維持しているものはオークションにでも出して換金しようと思う)。

なお、すでに捨ててきた「220キロ」はぼくの人生の一部とも言えるものたちで、しかしいざ捨ててみるとそれらがぼくを縛っていたようにも感じられ、今はある意味で「すっきり」。
今は身軽になったところで新しい人生でもはじめてみるか、とすら考えるほど清々しい気持ちだとも言えるかもしれません。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

スーパーやホームセンターは買い占めにあって品切れ状態

その後、家の破損した部分を補修するための材料でも買いにゆくか、ということでホームセンターへ。
地震当日はまだ店を閉めていたところも多く、翌日からはちらほら開店するところも。
ただ、開店早々に客が殺到したようで、水やコンロなどはこのように「売り切れ」状態となっています。
スーパーやコンビニも似たような感じで、水やカップラーメンの類は軒並み「売り切れ」。

IMG_3236

ちなみにぼくは阪神大震災を経験しているので、自宅にはある程度の「常備」「備蓄」があります。
食料や水、医薬品はもちろんで、発電機やろ過装置、ボンベ/コンロなども保有しており、そのほかタンクやテントといったものたちも。
自宅が崩壊してもその敷地内にテントを建てて生活できるようにと考えているためで、そういった「仮設住宅用」の装備に加え、家が火事などになった時に「すぐ持ち出せるよう」コンパクトにまとめたセットも(猫さん用もあわせて)用意しているのですね。
加えてそういった荷物を楽に運べるように「トレーラー(リヤカーの小さい版みたいなやつ)」も準備しているので、地震が発生したからといって新たに買い足す必要はない状態を保っています(野菜などを栽培するための種子も保管している)。

なお、同じ日本でこういった事態が発生しているとは大阪府北部以外では信じられないと思いますが、こういったときに思い出すのが映画「ホテル・ルワンダ」。
これはルワンダ大虐殺を描いたもので、その中で現地の一人が、海外メディアがやってきてルワンダでの虐殺の悲惨な様子を世界中に報道してくれれば、「どこかがきっと助けに来てくれる」と希望を抱くわけです。

しかし、別の一人はこう言います。「いや、助けは来ない」。
「他の国の人々は、ディナーの最中、ニュースでルワンダ大虐殺を見て『怖いね』と言い、そしてまた彼らの食事に別の話題とともに戻る」という趣旨のことを言うのですが、まさに”そのとおり”だとぼくは思うのですね。

ただ、これは誰かを批判できる、または批判すべき事情ではなく、「これが世の中」。
実際に大阪で地震が起きる前の日に、ぼくはオープンしたばかりのシェイクシャックでハンバーガーを食べていて、そのとき何気なく見たスマホには「群馬で地震」。
そのときぼくは「群馬で地震か。珍しいな」と思って残ったハンバーガーを片付けにかかり「食べ終わったらコンビニでも寄ってスイーツ買ってくか」と考えたりしたのですが、その翌日には自分が被災者に。

人生何があるかわからない(いくつかのことは決して前もって知ることも、予測することもできない)とぼくは考えていて、だからこそそのために「準備」を日頃から行なっていることになりますが、まさに”人生の転機はいつも突然訪れる”という感じですね。

加えて、自分が当事者でなければ「(誰にとっても)起きている事件は他人ごと」であるのは間違い無く、だからぼくは「いつも自分で問題を解決できる」しかないのだ、とも考えています。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ドイツ国内を走る車の25%がEVになると失業者が75000人との推測。2030年頃にはEV化による「負」の部分が明白に

| 2030年には75,000人もが職を失う可能性 |

ドイツの輸出組合が調査したところによると、EVへのスイッチによってエンジンやトランスミッションが不要になり、ドイツ国内だけで75,000人もの職が失われる、とのこと。
なお、ドイツにて自動車産業に従事する人は840,000人で、そのうちパワートレーン関連従事者は210,000人とのことなので、パワートレーン関連をその生業とする人の1/3が失職するということになりますね。

遠い未来ではなく近い将来

この調査に協力したのはメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、BMWの、ボッシュ、ZFなど錚々たる自動車メーカー/サプライヤーであり、データの信憑性は非常に高そう。
この調査の驚くところは「完全にEVに移行したら」という状況ではなく、「もし2030年にドイツで販売されるクルマの25%がEV、15%がプラグインハイブリッドになったとしたら」という前提での調査なので、非常にリアリティのある数字である、ということ。
つまり、そこから先「さらに」EV/PHEV化が進めば「失業者10万人」も見えてくることになり、これはかなり深刻な事態だと考えられます。

ちなみにEVはエンジンやパワートレーン、排気系などが「不要」となるためにガソリン/ディーゼル車に比べてパーツ点数が40%も少ないといい、さらに組み立てにかかる時間もガソリン/ディーゼル車より「30%」少ない。

もちろんEV化によって新たに生じる職種や職業もあるかと思われるものの、現在のところ「モーター」や「バッテリー」の多くは中国で生産されることになり、つまり「ガソリン/ディーゼルエンジンが無くなったぶん、ドイツ国内の工場をモーターの生産に切り替える」というわけにはゆかず、失業者のほとんどは「行き先がない」ということにも。

もちろんこれはアメリカや日本にもあてはまることですが、現在自動車生産が急増する中国においても同様。
中国については上述のように「モーターやバッテリーの需要を一手に引き受ける」可能性があるので(ガソリンエンジン生産終了によって生じた)失業者の再雇用は容易かもしれませんが、先進国においては経済的に相当なインパクトを受けることになりそうです。

加えて、自動車の電動化によってガソリンの消費量が減ると「税金」も同時に減少することになり、これは国庫に手痛い打撃を与えるとも報じられ、日本の場合は「もし路上を走るクルマが全部EVになれば」税収は約2兆5000億円、失業者は32万人、とも推測されており、EV化の裏にはこういった危険性もある、と認識しておく必要がある、とも考えているところ。

とくに自動車メーカーは大量に解雇せざるをえなくなるか、解雇しないのであれば「新しい職を見つけてやる」必要があり、トヨタは「人を切らない」ことをモットーとしているため、将来的に職を失う人々の受け皿を作ろうと動いているようですね。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

アヴェンタドール×京都!ランボルギーニがオフィシャルにて美しい画像を公開

| ランボルギーニがオフィシャルにて日本で撮影したアヴェンタドールSの画像を公開 |

ランボルギーニが日本で撮影したアヴェンタドールSの画像を”AVENTADOR S: ROAD TRIP IN JAPAN”として公開(ランボルギーニによるプレスリリースはこちら)。
桜の花が見えますが、これは京都コンコルソ・デレガンツァ開催時に撮影したものだそうです(2018/3/30-4/2に開催)。
なお、ウルスについても世界中にて展示会を行った際の(現地での)画像を公開しており、それぞれの景色が楽しめるものとなっていますね。

アヴェンタドール”S”はこんなクルマ

ランボルギーニ・アヴェンタドールSは「アヴェンタドール」の後継という位置づけにて2016年12月に発表。
出力が700馬力から740馬力へ向上し、4輪操舵、マグネライドを装備したことが特徴で、各部のリファイン、シフトプログラムの改良で乗り心地が向上して「速くなったうえで乗りやすく」。

lamborghini-aventador-s-4

撮影場所は京都コンコルソ・デレガンツァの会場にもなった京都二条城。
ユネスコの世界遺産に指定されているほか、国宝や重要文化財、特別名勝に指定されている建造物や提案があることで知られます。

lamborghini-aventador-s-2

背後にはクラシックカー。
まず通常では乗り入れできないロケーションですね。

lamborghini-aventado-r-s-1

何気ない街中でもプロのカメラマンにかかるとこのとおり、なんとも味わいのある写真に。
現代ではスマートフォンのカメラを含めると「一人数台は」カメラを所有しているとも考えられ、写真を撮らない日はないというくらいだと思いますが、それでも「カメラマン」という職業が存続し続けている理由がよくわかる一枚です。

lamborghini-aventador-6

京都ならではの美しいロケーション。
欄干の朱色とアヴェンタドールのブルーとの対比が美しく、しかし欄干よりも低いアヴェンタドールの車高がよくわかる構図ですね。

lamborghini-aventador-s-5

あわせて読みたい、ランボルギーニ・アヴェンタドール関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ACシュニッツァーチューンのBMW M5がザクセンリンクでコースレコード樹立。アヴェンタドールSV、911ターボSより速いタイム

| ACシュニッツァーBMW M5があっさりとコースレコード樹立 |

ACシュニッツァーがザクセンリンク(Sachsenring)サーキットへ自らチューンしたBMW M5(F90)を持ち込み、1:31,71にてコースレコードを記録した、と発表。
このタイムはランボルギーニ・アヴェンタドールSV、ポルシェ911ターボSよりも速いタイムだとされ、要は「とんでもなく速い」数字ということになりますね。
しかも記録を出した当日にはじめてサーキットを走行させた車両(つまりセットアップも進んでいない)で、エンジンチューン(600馬力から700馬力へ)に加え、装着したパーツは「エアロパーツのみ」とのこと。※このパワーアップキットも開発中で、発売時にはもっと高出力になる可能性も

しかもまだまだ開発段階

エアロパーツはカーボン製のフロントスポイラー、フロントスプリッター、リアディフューザー、リアウイング、インテリアだとパドルシフター。
パワーアップの内容は不明ですが、エキゾーストしてステムは開発中ではあるもののカスタム品へと交換されているようです。
おそらくACシュニッツァーとしては開発に向けた「テストのために」今回M5をザクセンリンクへと持ち込んだのだと思われ、しかし「予想外にいいタイムが出た」ので公表に踏み切ったのかもしれませんね。

なお、ザクセンリンクのタイムで、今回のACシュニッツァーM5近辺だとこんな感じ。

ACシュニッツァー BMW M5 F90: 1:31.71
ランボルギーニ・アヴェンタドール LP750-4 SV: 1:31.79
ポルシェ 911 ターボS: 1:32.30
ACシュニッツァー BMW M3: 1:33.90
BMW M5 F90(ノーマル): 1:35.55

パワーアップとエアロパーツだけでこの数字が出てしまったことにも驚かれますが、これはやはり「M5の持つポテンシャルがそれだけ高い」ということも意味しているのでしょうね。

ACシュニッツァーはBMWのほかミニ、レンジローバー、ジャガーのチューンも行っていて、やはり有名なのはBMWのチューン。
BMW i8やM235iなどをニュルに持ち込んだりといった具合にサーキットへのチャレンジにも意欲を見せており、それだけに信用できるチューナーでもあります。

それでは動画を見てみよう

こちらがACシュニッツァーはシュニッツァーのチューンによるBMW M5が走る勇姿を収めた動画、「BMW M5 by AC Schnitzer – Sachsenring Rekord」。

VIA:AC Schnitzer

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

スズキ 新型ジムニー/ジムニーシエラを先行公開 正式発表は7月

スズキ ジムニーXC(キネティックイエロー ブラックトップ2トーン) 2018

スズキは2018年6月18日、4代目となる新型「ジムニー」「ジムニーシエラ」の内外装写真、グレードなどを先行公開した。正式な発表は2018年7月を予定している。

スズキ ジムニーXL 2018

ジムニーは、高いオフロード性能を持つ軽自動車初の本格クロスカントリー車として1970年に初代がデビューした。その後、初代ジムニーの車体に800ccのエンジンを組み合わせた「ジムニー8」が1977年に発表となり、現在のジムニーシエラへと続いている。

約20年ぶりのフルモデルチェンジ

スズキ ジムニーXC 2015

3代目ジムニーは1998年に発表。今回のフルモデルチェンジは実に約20年ぶりとなる。基本的なメカニズムは3代目モデルを踏襲しており、シャシーはラダーフレームに3リンクリジッドサスペンションの組み合わせ、エンジンを縦置きとしFRレイアウトをベースとした4WDとなっている。駆動システムは副変速機付きのパートタイム4WDを採用。

スズキ ジムニー(ラダーフレーム) 2018

安全性能については、これまで設定のなかった運転支援システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載される。

スズキ ジムニーシエラ JC 2018

エクステリアデザインは、3代目でやや丸みを帯びたデザインから、初期モデルのイメージを現代風にアレンジしたゴツゴツとしたスクエアフォルムとなっている。

スズキ ジムニーXC 2018

インテリアも外観同様にゴツゴツとした直線的なデザインとなっており、速度計とエンジン回転計を独立させたメーターや、インストゥルメントパネル最上段のインフォテインメントシステム、助手席側ダッシュボード手すりを配置するなどの特徴がある。

スズキ ジムニーXC 2018

グレード構成とカラー

ジムニーが「XG」「XL」「XC」の3種類、ジムニーシエラが「JL」「JC」の2種類。ボディーカラーは単色が9色で、ルーフが黒となる「ブラック2トーンルーフ」が3色。

スズキ ジムニーXC(ブリスクブルーメタリック) 2018

またジムニーXCの「キネティックイエロー」には、ルーフに加えボンネットもブラックとした「ブラックトップ2トーン」が設定される。

価格とスペック

現時点では価格、および詳細なスペックについては公表されていない。

 

Source: びぃくるず

新型アウディA1登場。新デザイン採用、上位装備も与えられヒエラルキーを超えた存在に

| 新型アウディA1登場。これはイケる |

アウディが早くも新型A1を公開。
先日よりティーザーキャンペーンを開始していたものですが、今回スペック含めてフルにその情報が発表されています。
画像を見るに、Q2ばりのエッジが効いたデザインを採用しており、ヘッドライトやテールランプなど各部が新デザインに。
正直「かなりイケてる」と考えており、「A3が売れなくなるんじゃないか」とも。

ミニ・コンプレックスから脱却?

2世代目となるアウディA1は、アウディ曰く「都市生活者には理想的なクルマ」。
ボディサイズは全長4.03メートル、全幅1.74メートル、全高1.4メートル。

2019-audi-a1-sportback (2)

今回のA1は3ドアハッチバックがラインアップされず「5ドアのみ」とされていますが、ルーフラインは車体後方に向かってスロープする「クーペスタイル」。
ルーフにブラック(コントラストルーフ)が選べるのは先代同様ですが、Cピラーの「ボディカラー同色」がシャープな印象を与えていますね(Q2はここがシルバー仕上げとなっており、最近のアウディはCピラーのデザインにこだわっている)。※ドアミラーがブラックなのはアウディとしては珍しい

オプションの「Sライン」を装着するとフロントバンパーのエアインテークが大型化し、ボンネットとフロントバンパーとの協会にスリットが設けられ、これは相当にスポーティーな印象。
同じジャーマンスリーだと、BMW M2「コンペティション」もフロントバンパーのセンターエアインテークに「ボコボコした」アクセントがみられ、近年ドイツではハイパフォーマンスグレードにおいて、その性格をより明確に示すデザイン手法が用いられる傾向があるようです。
加えてリアスポイラーも大型化し、中央に段差が設けられた「いかにも効きそう」なものが装着に。

ホイールは標準で15インチ、そしてグレードやオプションによって16/17インチも。
なお17インチだとカラーは「ブラック」「プラチナムグレー」が選択可能、とのこと。

2019-audi-a1-sportback (1)

エンジンは3気筒95馬力、そしてトップレンジには1.4リッター4気筒200馬力(1.4リッターで200馬力とは・・・)ですが、もちろんのちに「S」モデルも登場するはずで、もしかすると「RS」モデルが追加されるかも。
トランスミッションは本国だと3気筒モデルは6速マニュアルもしくはSトロニック、4気筒モデルはSトロニック。
現在のところ日本へ導入されるモデルはどのグレードになるか不明ではあるものの、いずれにせよSトロニックのみとなりそうですね(現時点では本国モデルの価格も)。

2019-audi-a1-sportback

ヘッドライトのデザインも最新に。
ヤマハの「ストロボライン」のような感じですが、かなりクールだと思います。

2019-audi-a1-sportback (4)

テールランプのデザインもヘッドライト同様のデザインに。

2019-audi-a1-sportback (3)

こちらはボディカラー違い。
イエローという明るいカラー、そして逆にメタリックグレーという渋いボディカラーをオフィシャル画像に用意したのは「ランボルギーニ・ウルス」同様。

2019-audi-a1-sportback (9)

ホイールは「ブロンズ」のように見えますが、こちらもランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ、ポルシェ911GT2RSといった同じフォルクスワーゲングループに属するハイパフォーマンスカーと同様のカラーであり、フォルクスワーゲングループはブランドに関係なく、そのデザインやセオリーを「一元化」していっているように思います。

2019-audi-a1-sportback (7)
なお、後部ドアにはアウディのフォーリングス。
BMWのMパフォーマンス製オプションパーツにはあちこちに「M PERFORMANCE」の文字が見られますが、現在いずれのブランドも「金太郎飴」デザインを徐々に解除する一方、そのブランドやグレードを象徴する文字を入れる傾向にあるようですね(アウディの最新RSモデルもフロントに大きく”Quattro”という立体の文字がある)。
2019-audi-a1-sportback (8)

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

新型アウディA1のインテリアも最新デザインに

インテリアのデザインも「最新世代」となり、新しいバーチャルコクピットを装備(フラッグシップのA8と同じかもしれない)。
標準では8.8インチMMIタッチ式インフォテイメントシステムを持ち、オプションだと10.1インチにアップグレード可能。

2019-audi-a1-sportback (6)

メーターフード、センターコンソール、ドアインナーハンドル部はボディカラー同色。
シートはボディカラーと同じ色が配されたチェックのような柄を持っており、全体的にポップ、しかし上質な印象を与えるようです。

2019-audi-a1-sportback (5)

 

 

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.