痛車ウィークチャンピオンシップ2017開催!!開催場所は?開催期間は?アクセス方法は?

痛車ウィークチャンピオンシップ2017ITASHA WEEK CHAMPIONSHIP 2017)が、開催されようとしています。

世間は、11月3日から11月5日まで3連休ということもあり、旅行など楽しんでいる方もおられると思います。

そこで、今回は、クルマ好きアニメ好きの方々へとっておきのカーイベントとなる痛車ウィークチャンピオンシップ2017をご紹介したいと思います。


あわせて読みたい東京モーターショー2017に関する記事はこちら
第45回東京モーターショー2017開幕!!ワールドプレミアまとめ

痛車ウィークチャンピオンシップとは

痛車ウィークチャンピオンシップは、痛車を数多くの方に知ってほしいという思いから九州での活動しているアニメファンカスタムカー仲間たちによって、痛車というジャンルを世の中に広めようとする取り組みの中で誕生したカーイベントだそうです。

現在では、日本中各地から約10万人もの観客を集める大規模なイベントまで成長したそうです。

日本国内以外にも、アメリカ韓国台湾インドネシアなどでも注目を集めるまでになっています。

イベントについて

イベント名:TASHA WEEK CHAMPIONSHIP Champions class

主催者:TASHA WEEK project

協賛:北九州ポップカルチャーフェスティバル2017

このイベントでは、CHALLENGE CLASS、九州王座決定戦の2種類の選考会が開催されます。

こちらの選考会への参加は、事前に受付けされた方の中から選抜された痛車のみが参加可能となっています。

開催場所は?

開催場所:西日本総合展示場

住所:福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目7

福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目8-1

周辺マップ

自動車で来場の方

北九州都市高速道路
(小倉駅北ランプより1分) (足立ランプより8分)

電車で来場の方

JR小倉駅より徒歩5分

バスで来場の方

西鉄小倉駅バスセンターより徒歩8分

飛行機で来場の方

福岡空港から新幹線約30分

北九州空港から車で約30分
路線バス約40分 (小倉駅バスセンター下車)

フェリーで来場の方

新門司港より車30分 砂津港より徒歩2分

開催期間・開催時間は?

痛車ウィークチャンピオンシップ2017の開催期間ですが、2017年11月4日から11月5日までの2日間開催されます。

開場時間は、11月4日12時から18時まで11月5日10時から18時までとなっております。

ITASHA WEEK CHAMPIONSHIP 2016

ITASHA WEEK CHAMPIONSHIP 2016に出展されていた痛車がこちらになります。

同時開催されているイベント北九州ポップカルチャーフェスティバル2017もあるため、コスプレされている方のいます。

アニメファンもクルマ好きも思う存分楽しめるイベントです。

お願い

イベント参加者やアニメ好きの方々のコメントをお待ちしております。

当サイトに起こし頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。


あわせて読みたい東京モーターショー2017に関する記事はこちら
第45回東京モーターショー2017開幕!!ワールドプレミアまとめ

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site

日産 スカイラインが3年ぶりにマイナーチェンジし新型スカイラインへ!変更点は?発売時期が判明!?

日産が製造販売を行っている大人気スポーツセダンスカイラインSKYLINE)がマイナーチェンジされるという情報を入手しました。

現在、発売されているスカイラインは、なんと13代目となります。


あわせて読みたいマツダ新型RX-9に関する記事はこちら
マツダ RX-7の遺伝子を継承した50周年記念モデル「RX-9」が誕生!!

13代目スカイライン V37型

概要

現行モデルである13代目スカイラインは、日産の海外ブランドであるインフィニティが、2013年9月にインフィニティQ50を北米市場で先行発売し、日本では2013年11月より、スカイラインV37型前期として発売が開始されました。

発売された全グレードがハイブリッド仕様となっており、GT-Rとの差別化が図られています。

2014年には、2.0L直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボエンジンを搭載したスカイライン200GT-tを追加投入し話題を集めました。

エクステリア

歴代スカイラインのスポーティな走行性能を受け継ぎ、更に磨きをかけたエクステリアデザインを採用し、スタイリッシュなクルマに仕上がっています。

ハイブリッドシステムを搭載することで、最新技術を集結したグローバルモデルとして開発されました。

インテリア

インテリアは、ホワイトとブラックを基調とした高級感と清潔感を両立したデザインを採用し、洗練された室内空間になっています。

先進安全装備

13代目スカイラインには、先進安全装備が搭載されています。

主な安全装備

前方衝突予測警報(PFCW)

エマージェンシーブレーキ

ディスタンスコントロールアシスト(インテリジェントペダル)

インテリジェントクルーズコントロール

ハイビームアシスト・アクティブAFS(上位グレードのみ)

後側方衝突防止支援システム(BSI)

後側方車両検知警報(BSW)

車線逸脱防止支援システム(LDP)

車線逸脱警報(LDW)

後退時衝突防止支援システム(BCI)

エマージェンシーストップシグナル

アラウンドビューモニター

ビークルダイナミクスコントロール(VDC)

新型スカイライン

エクステリア

こちらが、第45回東京モーターショー2017にて、世界初公開された新型スカイラインのエクステリアになります。

現行モデルからの変更点としましては、フロントバンパーデザイン変更フォグランプ下部シルバー塗装仕様、新デザインとなったディフューザーを採用することで空力性能をアップしています。

また、全体的に高級感を漂わせた意匠へと一部改良されています。

インテリア

こちらが、新型スカイラインのインテリアになります。

ステアリングハンドル、シフトノブなど細部にわたりデザインの見直しが行われています。

スカイラインV37型後期モデルは、37型前期モデル洗練された高級な室内空間を演出しています。

発売時期は?

スカイラインV37型後期モデルの発売時期ですが、2017年12月20日にマイナーチェンジされ、同時に発売を開始するそうです。

お願い

当サイトにお越し頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

実際に試乗などされた時の感想などもコメントして頂けると幸いです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。


あわせて読みたいマツダ新型RX-9に関する記事はこちら
マツダ RX-7の遺伝子を継承した50周年記念モデル「RX-9」が誕生!!

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site

NSX新型(ホンダ)フルモデルチェンジで最新動画や画像は?価格やライバル車は?

日本の中で、一番のスポーツカーと言えばホンダ・NSXです。初代だけで2006年惜しくも生産が終わってしまい、10年の歳月が流れました。

2016年8月25日、待ちに待った新型ホンダ・NSXフルモデルチェンジの発表がありました。走りとドライバーとの一体感をめざし、最高のパフォーマンスを兼ね備えたホンダ・NSX。

では、新型ホンダ・NSXの特徴発売日燃費装備安全性能ライバル車評判など、今わかっている情報を元にお伝えしたいと思います。

ホンダ・NSXの歴史

初代 NA1/2型(1990-2006年)

I型 E-NA1型(1990-1997年)

image

II型 GH-NA2/GH-NA1型(1997-2001年)

image

III型 LA-NA2/LA-NA1型(2001-2006年)

image

出典:ウィキペディア ホンダ・NSX

管理人のワンポイント説明

ホンダ・NSXは、初代からマイナー・ビッグマイナーチェンジへ繰り返しながら2006年でいったん販売が終わります

排気量は3.0L/3.2Lトランスミッションは4速AT/6速/5速MT。駆動方式は、MRです。

新型ホンダ・NSXの発売日

出典:You Tube 【CARトップTV第3回】ドリキンこと土屋圭市がホンダ新型NSXを公道で駆る!

新型ホンダ・NSXの発売日は、2017年2月27日でした。日本では、予約台数100台限定だったのですが、予想をはるかに超えた予約注文があったそうです。

しかも、このNSXは手作りで1日の生産台数がなんと3台できるか?どうかなので、かなりのレアな車となります。北米でも納期が約2年待ちにもなっているそうです。

ちなみに、オリックス自動車が2017年9月よりレンタカーとして貸し出しを始めました。北九州市の「オリックスレンタカー八幡インター店」限定1台のみで、レンタル料が6時間で7万200円、12時間では10万1520円で借りらます。

ただ、誰でも借りられるわけではないようです。ターゲットは、40代~の運転歴20年以上の安全運転ができる人で、しかもゴールド免許と厳しい条件がついています。やはり、高級車なので、簡単には貸してもらえないですよね。

新型ホンダ・NSXの特徴

エンジン

エンジン 新型NSX/3.5L
パワーユニット 水冷V型6気筒縦置
ツインターボ
最高出力 373[507]/6500-7500
最大トルク 550[56.1]/2000-6000
最高出力(モーター用) 前:27[37]/4000
後:35[48]/3000
最大トルク(モーター用) 前:73[7.4]/0-2000
後:148[15.1]/500-2000
トランスミッション 9速オートマチック+パドルシフト
駆動方式 4WD(SPORT HYBRID SH-AWD)

*最高出力単位:kW[PS]/rpm
*最大トルク単位:N・m[kgf・m]/rpm
*最高出力(モーター用)単位:kW[PS]/rpm
*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

新型ホンダ・NSXのエンジン表です。エンジンはツインターボと書いていますね。ツインターボとは簡単に言いますと2個ターボがついています。

また、ハイブリッド搭載とかなり大掛かりなシステムで、重量が重くはならないのか?と考えたりしますが、馬力はその分半端なく大きくなっていますので、その点はあまり心配しなくてもいいと思います。

ボディーサイズ

ボディーサイズ 新型NSX/
3.5L
旧T・スープラ/3.0L 旧M・RX-7/1.3L
全長 4490 4520 4285
全幅 1940 1810 1760
全高 1215 1275 1230
ホイールベース 2630 2550 2425
室内長 970 1580 1415
室内幅 1525 1480 1425
室内高 1045 1065 1025

*単位:mm

新型ホンダ・NSXのボディーサイズです。比較のため旧T・スープラ/3.0L、旧M・RX-7/1.3Lのボディーサイズの数字を入れてみました。

全幅が広いので急カーブのコーナリングでタイヤと車軸への負荷がかかってしまい後輪が流れる可能性があります。

対策として各車輪は独自に動けるようにホンダ独自のSH-AWDを採用しましたので、タイヤと地面とのグリップ力(コーナリングでの踏ん張り)は、かなり強いものとなりました。

燃費

燃費 4WD
H:NSX/3.5L H:12.4
旧T・スープラ/3.0L G:8.9
旧M・RX-7/1.3L G:8.1
N・フェアレディZ G:9.0

*H/N 単位:JC08モード・km/L
*T/M 単位:10モード/10・15モード燃費

新型ホンダ・NSXの燃費表と各旧の他車の燃費です。NSXは、ハイブリッドのみでJC08モード・12.4km/Lです。あとはガソリン車なので平均8.0km/Lで、すこしNSXの燃費がよくなっているとは思います。

ただ、ホンダ・NSXは走りを重視していますので、燃費よりか運転の操作性や車の安全など考慮した車です。そもそもNSXの購入対象者は、燃費をほぼ気にしないでしょうから^^

ボディー色

クルバレッド
ベルリナブラック
130Rホワイト
ソースシルバー・メタリック
カジノホワイト・パール
ノルドグレイ・メタリック
バレンシアレッド・パール
ヌーベルブルー・パール

image

出典:ホンダ公式 NSX ボディー色

新型ホンダNSXのボディー色ですね。シブい色が多いですね。やはり人気なのがクルバレッドかバレンシアレッド・パールの赤系です。あとは、ヌーベルブルー・パールでしょうか。130Rホワイトは、なんだか軽い感じでさっそうとしたイメージができます。

装備

内装

image

image

出典:ホンダ公式 NSX インテリア デザイン

新型ホンダ・NSXの内装です。スポーツカーの内装は、とてもシンプルです。メーターなどは飛行機のコックピットみたいな感じで引き締まります。あとは、本革で高級感の演出で見ていて飽きの来ないデザインが施されています。

外装

image

image

出典:ホンダ公式 NSX スタイリング

新型ホンダ・NSXの外装です。近未来の車で今にも空を飛びそうな感じのデザインで素晴らしいの一言です!やはりレーシングカーと呼ばれた車です。車体を低く、走りを追求した外観となっています。

安全性能

予防安全性能
タイヤ空気圧警報システム
パーキングセンサーシステム
衝突安全性能
スペースフレーム構造
運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム
運転席用&助手席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
運転席用SRSニーエアバッグシステム
ポップアップフードシステム

新型ホンダ・NSXの安全性能です。今のところ、基本的な性能ばかりです。ハイブリッドなのでついついアクセル踏みこんでしまうことってないのでしょうか?自動ブレーキ搭載してもいいような気がしますね。

運転がうまい人が購入すると思いますので、かえって自動ブレーキはいらないという考えでしょうか?

個人的には時代の流れに沿って、自動ブレーキはいざという時のために搭載してもよさそうなものですが、生産している所はアメリカなのでちょっとワイルドな感じの安全性能です。

新型ホンダ・NSXの価格

価格 4WD
ホンダ・NSX3.5L 2370万円~

新型ホンダ・NSXの価格2370万円~、3.5Lハイブリッド搭載でグレード分けはしていません。庶民には値段的高値の花ですが、目の保養となります。

ライバル車について

新型トヨタ・スープラ

出典:You Tube (4K)TOYOTA FT-1 new SUPRA トヨタ・新型スープラ FT-1 – 大阪オートメッセ2016

新型トヨタ・スープラのコンセプトモデルのFT-1です。ガソリン車とハイブリッド車(ターボ+モーター)のエンジンです。ハイブリッドはもちろんトヨタ製で、ボディはBMWからの供給ですね。2つのコラボで作るスープラです。市販車がどんな感じで、観客に前の現れるかが楽しみですね。

【トヨタ・スープラ新型】復活&発売日は?価格やturbo搭載で燃費は?

トヨタ・スープラは1980年代の代表的なスポーツカーでしたが、2002年に排気ガス規制問題で方向転換できず、生産・販売が終わったしまいました…

新型マツダ・RX-7

出典:You Tube ECC 2016: Mazda RX Vision Concept

新型マツダ・RX-7と噂のある新型マツダ・RX-VISIONです。コンセプトカーで、なんとロータリーエンジンを搭載しています。

発売日は、ロータリーエンジン生誕50周年を記念して、2017年中には出したいと考えているようです。*2017年11月現在市販車がまだお披露目されていません。

実は、ロータリーエンジンには燃費の悪さや排気ガスの問題があり、かなり開発が難しいようです。それをクリアすれば、スポーツカーの中では、台風の目になるでしょう。

【マツダ新型RX-7復活】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日や評判は?

マツダのスポーツカーとして有名な車でRX-7があり、2012年惜しまれつつ販売が終わりました。その後、沈黙がつづきましたが、2017年東京モ…

日産フェアレディZ

image

出典:日産公式 フェアレディZ

現行車のフェアレディZです。3.7Lでトランスミッションは6MTと7速オートマチック〔7M-ATx〕に2種類。2008年からマイナーチェンジを繰り返しています。

今だ、フルモデルチェンジの気配がないのですが、2017年~2018年ごろに、久々のフルモデルチェンジをする話が出てきております。

もし、新型が出るのであればハイブリッドかe-power(EV)を搭載するかもしれません。価格も500万円~ですのでホンダ・NSXと比べればお買い得となるでしょう。

【日産新型フェアレディZ(Z35)&ニスモ&ロードスター】価格・燃費や発売日は?

日産フェアレディZと言えば、日本のみならず海外での人気があったのですが、一度絶版車としてその雄姿が消えました。しかし、2008年に見事復活!…

ホンダ・NSXの評判

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

新型ホンダ・NSXはいかがだったでしょうか。

流れるようなラインの外装、ドライバーを異次元の走りに連れて行ってくれるコックピット。価格はお高いですが、日本の車技術を集めた名車がNSXです。

この車が買えなくてもトミカのNSXがあり、かなり人気なんですよね。トミカ・NSXを見ながらいかにも自分が走っている感じで夢見る人もいます。それくらいの夢のあるホンダ・NSXなのです。

今後、さらにスポーツカーの復活が期待されています。NSXもどのように変化をしていくか楽しみですね。

Source: 最新情報!乗り物ランド!

イレブンスリー中止!!大阪府警が厳戒態勢で岸和田の国道26号線を封鎖!!今年の11月3日は平和に過ごせるか?

毎年、11月3日に、大阪府岸和田市で開催されているイレブンスリーと呼ばれる暴走族たちのイベントが中止になったそうです。

イレブンスリーとは?

大阪府の泉南泉州から和歌山県の紀北地方に向けて、毎年11月2日の夕方頃から11月3日の早朝まで珍走団と言われる暴走族が集まって集団暴走をすることを、イレブンスリー暴走と呼ばれる集会のことだそうです。

イレブンスリーの由来は、11月3日に集団暴走(集団珍走)が行われることが由来となっているそうです。

別の由来では、過去に存在していたといわれる、イレブンスリー連合の名称が由来となっており、元イレブンスリー連合の構成員の命日とも言われており、追悼を記念した暴走とも言われているそうです。

イレブンスリーの動向

イレブンスリー2014

2014年に開催されたイレブンスリーには、約2000人のギャラリーが参加し、珍走団からは50台程度のバイクやカスタムカーが集結し暴走を繰り広げたそうです。

ナンバープレート隠蔽や集団暴走を行った疑いで、道路運送車両法違反道路交通法違反で数名逮捕されています。

イレブンスリー2015

2015年に開催された際には、約2500人のギャラリーが参加し、昨年よりも多い50台以上のバイクやカスタムカーが集結し、集団暴走行為を行ったそうです。

大規模な暴走であったため、全国ネットのテレビ局でニュースとして取り上げられました。

この時も、多数の逮捕者が出た模様です。

大阪府警は、未成年17人補導し、成人者は14人逮捕したと発表しています。

和歌山県警側では、未成年89人を補導した発表しています。

イレブンスリー2016

https://platform.twitter.com/widgets.js

通行止め情報

 

 

大阪府警の発表によると、国道26号線の葛の葉北町から畠中2丁目までの区間を一時的に通行止めにし、イレブンスリー暴走を阻止し、700名の警察官を動員し大規模な取り締まり行うと発表されています。

イレブンスリー参加者について

イレブンスリー暴走に参加している方は、ほとんどが奈良県滋賀県から参加しているそうです。

驚きなのが、岸和田市には暴走族自体が存在していないそうでうす。

参加者たちは、インターネットTwitterLINEFacebookInstagramなど)を通じて参加しているそうです。

Twitter

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

今年のイレブンスリーは、中止になったそうです。

ギャラリーや珍走団の方々は、残念だと思いますが、近隣住民や道路を使用している方々には嬉しいニュースですね。

集団暴走は危険です。

周りの方や家族の方に迷惑を掛けてしまうような行為は謹んだほうがいいかもしれませんね。

当サイトにお越し頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site

トヨタ C-HRに特別仕様車LEDエディションを追加し発売!!特別装備は?価格は?

トヨタ自動車が、2016年12月より製造販売を行っているクロスオーバーSUVC-HR特別仕様車が追加され発売されます。

今回は、特別仕様車LEDエディションについてご紹介したいと思います。


あわせて読みたいトヨタC-HRに関する記事はこちら
トヨタC-HRと北斗の拳がコラボ!!

エクステリア

特別仕様車 S“LED Edition”(ブラック×メタルストリームメタリック)

特別仕様車 S“LED Edition”(ブラック×センシュアルレッドマイカ)

特別装備

ヘッドライトユニット

 

特別仕様車LEDエディションには、Bi-Beam LEDヘッドランプLEDクリアランスランプLEDシーケンシャルターンランプLEDデイライトが特別装備し、フルLED化されます。

リアコンビネーションランプ

リアコンビネーションランプも、ヘッドライトユニットと同様にフルLED化されています。

残念ながら、標準仕様のC-HRと同様に、LEDシーケンシャルターンランプはフロントのみの採用となっています。

ドアハンドル

フロントアウトサイドドアのドアハンドルは、メッキ仕様が特別装備されています。

フロアマット

特別仕様車LEDエディションには、ラグジュアリータイプ専用フロアマットが特別装備されます。

インテリア

ブラック

ブラウン

インテリアカラーは、ブラックブラウンの2種類がラインナップされています。

好みよって、選べるようになっています。

ボディカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン(OP)

メーカーオプション価格:32,400円

ブラック✕センシュアルレッドマイカ(OP)

メーカーオプション価格:54,000円

ホワイト✕ブラックマイカ(OP)

メーカーオプション価格:32,400円

ブラック✕メタルストリームメタリック(OP)

メーカーオプション価格:32,400円

ブラック✕ホワイトパールクリスタルシャイン

メーカーオプション価格:54,000円

センシュアルレッドマイカ(OP)

メーカーオプション価格:32,400円

ブラックマイカ

メタルストリームメタリック

特別仕様車LEDエディションには、モノトーン4カラー、ツートーン4カラーを含む8カラーから選択可能となっています。

ホワイトパールクリスタルシャインセンシュアルレッドマイカツートンカラーは、すべてメーカーオプションとなっており標準カラー選択時よりも費用が必要となります。

特別装備比較

1.8Lハイブリッド特別仕様車LEDエディション

特別仕様車 ベース車両
S“LED
Edition”
G“LED
Edition”
S G
フロントアウトサイドドアハンドル メッキ カラード
ヘッドランプ
Bi-Beam LEDヘッドランプ
(オートレベリング機能付)
+LEDクリアランスランプ
+LEDシーケンシャルターンランプ
+LEDデイライト
特別装備 設定なし メーカーオプション
151,200円
(消費税抜き140,000円)
*2
リヤコンビネーションランプ
(LEDタイプ)
特別装備 設定なし
専用フロアマット
(ラグジュアリータイプ)
販売店装着オプション 設定なし1.2LガソリンターボLEDエディション

1.2Lガソリンターボ特別仕様車LEDエディション

特別仕様車 ベース車両
S-T“LED
Edition”
G-T“LED
Edition”
S-T G-T
フロントアウトサイドドアハンドル メッキ カラード
ヘッドランプ
Bi-Beam LEDヘッドランプ
(オートレベリング機能付)
+LEDクリアランスランプ
+LEDシーケンシャルターンランプ
+LEDデイライト
特別装備 設定なし メーカーオプション
151,200円
(消費税抜き140,000円)
*2
リヤコンビネーションランプ
(LEDタイプ)
特別装備 設定なし
専用フロアマット
(ラグジュアリータイプ)
販売店装着オプション 設定なし

車両本体価格は?

エンジン トランスミッション 駆動 価格
(消費税込み)
特別仕様車
S-T“LED Edition”
8NR-FTS
(1.2Lターボ)
Super CVT-i
[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]
4WD 2,540,400
特別仕様車
G-T“LED Edition”
2,799,600
特別仕様車
S“LED Edition”
リダクション機構付のTHSⅡ(2ZR-FXE 1.8L) 2WD 2,670,000
特別仕様車
G“LED Edition”
2,929,200

発売日は?

 

C-HRの特別仕様車LEDエディションの発売日ですが、2017年11月2日(木)より、トヨタ自動車の販売チャンネルのトヨタ店トヨペット店トヨタカローラ店ネッツ店にて販売を開始します。

お願い

当サイトにお越し頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

実際に試乗などされた時の感想などもコメントして頂けると幸いです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。


あわせて読みたいトヨタC-HRに関する記事はこちら
トヨタC-HRと北斗の拳がコラボ!!

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site

RX-7新型(マツダ)復活フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日や評判は?

マツダのスポーツカーとして有名な車でRX-7があり、2012年惜しまれつつ販売が終わりました。その後、沈黙がつづきましたが、2017年東京モーターショーで新型RX-7のお披露目をする話が出てきました。しかも、あのロータリーエンジン復活するそうです。

最近のマツダは、スカイアクアクティブグリーンディーゼルエンジンなどが人気でブランド力が高くなっています。そこで、スポーツカーであるRX-7が復活させるのですから、期待感がありますよね。

では、マツダ新型RX-7発売日特徴燃費価格装備安全性能ライバル車評判など、今わかってる情報を元にお伝えしたいと思います。

マツダRX-7の歴史

初代 SA22C(FB3S)型(1978年-1985年)

前期型

image

後期型

image

出典:ウィキペディア RX-7

管理人のワンポイント説明

初代のマツダ・RX-7です。先代はマツダ・サバンナ。エンジンは12A型 水冷 573cc×2ローター。排気量は1.2L、駆動方式はFRです。トランスミッションは3速AT/5速MT

日本使用のみ4人乗りで、サバンナ・RX-7という名前だったそうです。かっこいい鼻の通ったフロントですね。

2代目 FC3S/FC3C型(1985年-1992年)

前期型(クーペ)

image

後期型(クーペ)

image

カブリオレ

image

出典:ウィキペディア RX-7

管理人のワンポイント説明

2代目のRX-7です。エンジンは13B-T型 水冷直列654cc×2ローター。排気量は1.3L。駆動方式はFR。トランスミッションは4速AT/5速MT

ガブリオレは、オープンカーで今後のユーノス・ロードスターの元モデルとなります。

3代目 FD3S型(1991年-2002年)

フロント

image

後期型(スピリットR)

image

出典:ウィキペディア RX-7

管理人のワンポイント説明

3代目のRX-7です。エンジンは13B-REW型 654cc×2 直列2ローター。排気量は1.3L。駆動方式はFRです。トランスミッションは4速AT/5速MT。ぽっちゃり型~ちょっとスリム系にデザインがなっています。

新型マツダRX-7の発売日

image

出典:マツダ公式 RX-VISION 参考画像

VISION COUPE

RX-クーペ

出典 マツダ公式 2017東京モーターショー VISION COUPE

マツダ新型RX-7の発売日が、とても気になるところですよね。2017年モーターショーで、新型RX-7のお披露目という話だったのですが、実際発表されたのがVISION COUPEでした。

RX-7の元といわれるRX-VISIONVISION COUPEを比較してみますと、2ドアクーペと4ドアクーペ(セダン)の違いがあります。RX-7は、2ドアでずっと販売されていましたので、おそらくRX-VISIONとなります。方向性としてのRX-7セダンはあるかもしれませんが2ドアクーペの印象が強いので、VISION COUPEは、別の例えばRX-9で使われる可能性があると推測します。

実は2017年はマツダにとってとても大事な年で、ロータリーエンジンが生誕50年を迎える日で発売したかったはずなのですが、2017年末くらいから2018年のかけての発売日が有力です。

【新型マツダRX-9】ハイブリッド化で価格や燃費は?最新画像や動画は?

マツダ新型RX-7(復活)につづく車として、新型マツダ・RX-9がお目見えします。新開発のロータリーエンジンを搭載。元はマツダ・RX-8の後…

新型マツダRX-7の特徴

エンジン

出典:You Tube ロータリーエンジン

ロータリーエンジンを簡単に説明しますと本来のエンジンではピストンの先で燃料を爆発させて動かすのですが、ロータリーでは円形の中で、通称おにぎりと呼ばれる三角形のロータリーの回転運動によって、燃料を爆発させる仕組みです。
ロータリーエンジンのメリットとデメリットは?

メリットは、部品も少なく、理論も簡単なのですが、デメリッド燃費が悪いのと、有害物質を出すことです。これらを解決しないことには、ちょっとロータリーエンジンの復活は難しいかと思われます。

マツダは、ディーゼル車の欠点であるエンジン音や振動・排気ガス(音が大きい)を極力押さえて、燃費を向上させた実績もあります。まだお披露目には時間がありますので、しっかりとしたロータリーエンジンを作ってくれると往年のRX-7ファンにはたまらないでしょうね。

エンジン 旧RX-7/1.3L MAZDA RX-VISION
パワーユニット 水冷直列2ローターICツインターボ SKYACTIV-R(ロータリーエンジン)
最高出力 265[195]/6500 不明
最大トルク 30.0[294]/5000 不明
トランスミッション FR 同じ
駆動方式 5MT/4AT 不明

*最高出力単位:ps[kW]/rpm
*最大トルク:kg・m[N・m]/rpm

2000年に発売されたマツダRX-7のエンジン表です。新型マツダRX-7はマツダが提唱しているSKYACTIV TECHNOLOGYでSKYACTIV-G(ガソリン)とSKYACTIV-D(ディーゼル)があります。新型ではさらにSKYACTIV-R(ロータリー2016年3月に特許申請済)が追加される模様です。

しかも、RX-7のロータリーエンジンは、排気量1.6Lでターボチャージャーを組み合わせをする予定です。

また、ロータリーエンジンの復活により、EV(レンジエクステンダー)を搭載するのではないかと話が出ています。レンジエクステンダーの仕組みは日産のe-powerと同じで、エンジンは走行用ではなく、バッテリー充電用として使われます。ただ、今はまだRX-7の実車の確認ができていませんので、EV(レンジエクステンダー)の搭載はかなリ先の話ではないでしょうか。

ボディーサイズ

ボディーサイズ M・RX-7/1.3L MAZDA RX-VISION
全長 4285 4389
全幅 1760 1925
全高 1230 1160
ホイールベース 2425 2700
室内長 1415 不明
室内幅 1425 不明
室内高 1025 不明

*単位:mm

2000年に発売されたマツダRX-7のボディーサイズです。MAZDA RX-VISIONはマツダの次世代スポーツカーとして生まれたコンセプトカーです。これをイメージに今度の新型マツダRX-7は、プラットフォームの新開発SKYACTIVシャシーで作ると推測します。

すこしは外装や内装のデザインなど内容を変えると思いますが、歴代のRX-7に負けないいい車となると思われます。

燃費

燃費 FR
旧M・RX-7/1.3l G:8.1
N・フェアレディZ/3.7L G:9.1
旧T・スープラ G:8.6
H・NSX H:12.4

*単位:F・H JC08モード・km/L
*単位:T・M・10モード/10・15モード燃費km/L

2000年に発売されたマツダRX-7の燃費です。新型マツダRX-7の燃費は、エンジンがロータリーなので未知数です。なぜかといいますとロータリーエンジンを作っているのは、マツダだけですので、比較はできません。

比較するとすれば、旧RX-7では8.1km/Lなので、やはりJC08モード・燃費は10.0km/Lはほしいところです。

ボディー色

image

出典:グーネット マツダRX-7 ボディーカラー

2000年に発売されたマツダRX-7の主なボディー色です。MAZDA RX-VISIONでは真っ赤なので、、新型マツダRX-7も赤は間違いなく入るでしょう。基本的には、青や黒・白もありますので、そう変化はないように思われます

装備

内装

image

出典:グーネット マツダRX-7 アメニティ

image

出典:マツダ公式 RX-VISION

2000年に発売されたマツダRX-7の主な内装です。新型マツダRX-7の内装は、MAZDA RX-VISION(2番の画像)であれば、それにそったものなので、高級感やシブく洗練されたあふれる感じとなりそうですね。

外装

image

出典:グーネット マツダRX-7 エクステリア

出典:You Tube MAZDA RX-VISION 360 VIEW STYLING

2000年に発売されたマツダRX-7の主な外装です。MAZDA RX-VISIONの動画で確認しますと、デザインがまったく違う次元です。ほんと空気抵抗がないような感じの流れで、びゅんびゅんと走りそうな車です。一応、コンセプトカーなのでどこまで市販車に迫れるか?ですね。

また、マツダとしては初のミラーレス搭載車を追加するようで、画像を見てみますとドアミラーが細くなっています。2016年6月、国土交通省がミラーレス車を公認しましたが、まだまだ課題も多く(電子制御のため)、搭載はすこし難しいかと思います。

安全性能

image

出典:グーネット 旧マツダRX-7 セーフティ

i-ACTIVSENSEの基本
アクティブセーフティ技術(事故を未然に防止する)
・AFS(アダプティブフロントライティングシステム)
・HBC(ハイビームコントロール)
・MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)
・RVM(リアビークルモニタリングシステム)
・LDWS(レーンデパーチャーワーニングシステム)
・FOW(フォワードオブストラクションワーニング)
ム/トラクションコントロールシステム)
プリクラッシュセーフティ技術(事故のリスクを軽減)
・SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)
・SBS(スマート・ブレーキ・サポート)

2000年に発売されたマツダRX-7の安全性能ですが、新型ではマツダの最先端の安全性能i-ACTIVSENSEが搭載されるかもしれません。

おもな装備として、SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)通称自動ブレーキがついています。ミリ波レーダーで先行車を確認し距離を保ちながら走行、先行車が急ブレーキをかけて距離が縮まり衝突しそうな感じになったら、自動ブレーキがかかります。*ブレーキペダルに足をかけているとき

運転に自信がある人や、MT車を選択した人は基本的な安全性能があればいいのですが、RX-7はスポーツカーで走りを特化した車ですので、危機管理としての安全対策は今後必要になると考えます。

新型マツダRX-7の価格

価格 5MT 4AT
タイプRB/1.3L 294万円~ 314万円~
タイプRB Sパッケージ/1.3L 315万円~ なし
タイプR/1.3L 354万円~ なし
タイプRS/1.3L 384万円~ なし

2000年に発売されたマツダRX-7の価格表です。特別仕様車は含まれていません。排気量が1.3から1.6Lの変更予定なので、若干価格が高くなりそうです。旧車でも294万円~300万円越えと推測します。

ライバル車について

日産・フェアレディZ

image

出典:Top Speed 日産フェアレディZ 参考画像

日産新型フェアレディZの参考画像です。フロントのVモーショングリルが目立ってますがこのマスクで日産車だと認識させるようです。なだらかなラインといかにも走りそうな足元です。これはかなりの強力なライバルとなりそうです。

 【日産新型フェアレディZ(Z35)&ニスモ&ロードスター】価格・燃費や発売日は?

日産フェアレディZと言えば、日本のみならず海外での人気があったのですが、一度絶版車としてその雄姿が消えました。しかし、2008年に見事復活!…

トヨタ・新型スープラ

出典:You Tube Toyota FT-1 being unloaded at Irvine Cars & Coffee

トヨタ・新型スープラのコンセプトカーFT-1です。実際の価格は450万円以上。BMWのターボエンジンの4・6気筒。2.0L/2.5L/3.0L。2.5Lにはトヨタのターボ+ハイブリッドを搭載するようです。

【トヨタ・スープラ新型】復活&発売日は?価格やturbo搭載で燃費は?

トヨタ・スープラは1980年代の代表的なスポーツカーでしたが、2002年に排気ガス規制問題で方向転換できず、生産・販売が終わったしまいました…

ホンダ・新型NSX

image

出典:マツダ公式 NSX

マツダ新型NSXです。2017年2月27日に発売されました。エンジンは、SPORT HYBRID 駆動方式はSH-AWD 3.5L V6 DOHC ツインターボ+3モーター 9速デュアルクラッチトランスミッション 価格は2,370万円~となっています。

この車は、ライバルよりもスポーツカーの王者なので足元にも及ばないかもしれませんね。

【新型ホンダ・NSX】フルモデルチェンジで最新動画や画像は?価格やライバル車は?

日本の中で、一番のスポーツカーと言えばホンダ・NSXです。初代だけで2006年惜しくも生産が終わってしまい、10年の歳月が流れました。

マツダRX-7の評判

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

新型マツダRX-7は、いかがだったでしょうか。

最近のマツダって攻めてる感じがものすごくありますね。スカイアクテイブの理念でマツダ自身がホントに作りたい車をどのようにしたら作れるか、お客さんが喜んで貰えるかを考えている気がします。

ディーゼル車では軽油で走れば経済的に安くなるとか他社では考えないことをマツダは率先して車を開発しています。

今回のロータリーエンジンも難しいと言われているそうですが、きっと乗り越えてすばらしいロータリーエンジンを作ると思います。

その分、価格は高めになると思いますが、その分、長い目でみれば維持費のコストが下がりますし、古い車ですがけっこう若者があこがれているRX-7です。今後のマツダの動向が楽しみです。

Source: 最新情報!乗り物ランド!

トヨタ プリウス一部改良と同時に、特別仕様車S Safety Plus・特別仕様車20th Anniversary Limited”を発売!

トヨタ自動車が、製造販売を行っている大人気ハイブリッドカープリウスPRIUS)に特別仕様車が追加されました。

初代プリウスが誕生してから今年で20年を迎えるにあたり、20周年記念特別仕様車が用意されています。


あわせて読みたいトヨタプリウスアルファに関する記事はこちら
トヨタ プリウスαがフルモデルチェンジ!?

プリウス特別仕様車S“Safety Plus・Two Tone”

エクステリア

特別仕様車S“Safety Plus・Two Tone”は、Sグレードをベースに、安全機能のインテリジェントクリアランスソナーを特別装備しています。

また、衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンス PシンプルインテリジェントパーキングアシストLEDフォグランプナビレディセットも特別装備されています。

エクステリア、インテリア共に、各所にブラック加飾を施しており、魅力的なデザインになっています。

インテリア

こちらが、インテリアになります。

ブラックを基調としているため、大人っぽい室内空間になっています。

プリウス特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”

エクステリア

特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”は、1997年に初代プリウスが誕生してから20周年を記念した特別仕様車になります。

プリウスの中でも上位グレードとなるAプレミアムをベースに、ツートーンボディカラーを特別採用しています。

ボディカラーは、アティチュードブラックマイカ(ルーフ)✕色ホワイトパールクリスタルシャイン(ボディ)の組み合わせ、アティチュードブラックマイカ(ルーフ)✕エモーショナルレッド(OP)の組み合わせの2パターンを特別設定しています。

インテリア

インテリアは、ホワイトのプレミアムナッパ本革を採用しています。

また、各所にブラック加飾が施しています。

コンソールトレイには、ピアノブラック加飾を施しアクセント色として、レッド加飾が施されています。

ナビゲーションには、11.6インチのT-Connect SDナビゲーションを特別装備しています。

車検証には、シート表皮と同様に、プレミアムナッパ本革仕様になっています。

スマートキーは、オリジナル加飾を施した特別なスマートキーになっています。

車両本体価格は?

 

ハイブリッドシステム 駆動 価格
(消費税込み)
プリウス特別仕様車
S“Safety Plus”
リダクション機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD 2,607,120
E-Four
(電気式四輪駆動)
2,801,520
プリウス特別仕様車
S“Safety Plus・Two Tone”
2WD 2,733,480
E-Four
(電気式四輪駆動)
2,927,880
プリウス特別仕様車
Aプレミアム“ツーリングセレクション・
20th Anniversary Limited”
2WD 3,850,000
E-Four
(電気式四輪駆動)
4,044,400

発売日と受注期間は?

プリウス特別仕様車S“Safety Plus”および、S“Safety Plus・Two Tone”の発売日は、2017年11月1日(水)になっています。

プリウス特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”の発売日は、2017年11月15日(水)となっています。

20周年記念特別仕様車は、期間限定販売となっています。

各店舗ごとで、受注期間が異なるため、メーカ発表によると2017年12月下旬までとなっています。

お願い

当サイトにお越し頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。


あわせて読みたいトヨタプリウスアルファに関する記事はこちら
トヨタ プリウスαがフルモデルチェンジ!?

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site

2017年11月 新型プリウス マイナーチェンジ(一部改良)!11.5インチナビや特別仕様車も発売

トヨタが販売するハイブリッド車「プリウス」が2017年11月にマイナーチェンジ(一部改良)が行われることが判明しました。

今回の目玉は11.5インチナビの設定になります。

またビッグマイナーチェンジは2018年6月頃に予定されていますので、そちらも今から期待できる。

11月 新型プリウス マイナーチェンジ(一部改良)の内容は?

  • 11.5インチナビを設定

今回の新型プリウス マイナーチェンジ(一部改良)で一番お目玉がPHVに設定されている11.5インチの巨大ナビです。

取り付け方法などはPHVと変わりなく画像の通りになります。

 

  • コンソールボックスカラーリングがブラックに変更

現在のプリウスコンソールボックスはホワイトになっており、その形・色から便器のようだと言われて不評でしたが、マイナーチェンジ(一部改良)ではブラックに変更されるようだ。

画像はオプションで用意されているもので、このオプションが標準装備と考えればいいでしょう♪

  • ヘッドアップディスプレイに表示情報追加

オートクルーズの設定速度や作動状況などがヘッドアップディスプレイに表示されるようになり、高速走行時にも視線変更ないまま確認が出来るようになります。

  • ツートーンカラー設定

C-HRにもツートーンが設定されて、今度はプリウスにもツートーンが設定されて販売される。

価格は約33000円前後と予想されます。

  • ワイパー改良

フロントワイパーが改良されるようで、拭き取り面積などが改善されると思われます。

 

プリウス販売20周年記念車

また、今回、1997年に誕生し、『ハイブリッド車』という新しいジャンルを牽引してきたプリウスの誕生20周年を記念し、特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”を設定。

これは、上級グレード「Aプレミアム」をベースに、215/45R17のタイヤ&アルミホイールなど“ツーリングセレクション”の装備に加え、外板色には、特別設定色ツートーンボディカラーとして、ルーフ色アティチュードブラックマイカとボディ色ホワイトパールクリスタルシャインの組み合わせ、ボディ色エモーショナルレッド(オプション)の組み合わせの全2色の組み合わせを設定。エクステリアは、ブラックスパッタリング塗装を施したアルミホイールなど、随所にブラックを配色し、外板色とのコントラストを際立たせている。

インテリアは、シート表皮に、ホワイトのプレミアムナッパ本革*6を採用。また、随所にブラック加飾を施し、フロントコンソールトレイにおいては、ピアノブラック加飾に艶と輝きを保つ自己治癒®*7クリヤーを採用。さらに、アクセントに専用レッド加飾を施したサイドレジスターなどを採用し、上質な室内空間を演出している。

また、11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを特別装備したほか、オリジナル加飾を施した専用スマートキー、専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)を設定し、特別感を高め、20周年記念ならではのプレミアムな限定車としている。

引用元 https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19394623/

 

 

 

ビッグマイナーチェンジは2018年6月頃に予定されていますので、そちらでエクステリアデザインを変更してくるのでしょう♪

 

11月 新型プリウス マイナーチェンジ(一部改良)で安全装備は?

現在プリウスにはセーフティセスPが採用されていて、11月の改良では大きな変更はありません。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

価格はどうなる?

ハイブリッドシステム 駆動 価格
(消費税込み)
プリウス特別仕様車
S“Safety Plus”
リダクション機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD 2,607,120
E-Four
(電気式四輪駆動)
2,801,520
プリウス特別仕様車
S“Safety Plus・Two Tone”
2WD 2,733,480
E-Four
(電気式四輪駆動)
2,927,880
プリウス特別仕様車
Aプレミアム“ツーリングセレクション・
20th Anniversary Limited”
2WD 3,850,000
E-Four
(電気式四輪駆動)
4,044,400

 

2018年 新型プリウス ビッグマイナーチェンジは?

まだ細かい情報は入っていませんが、雑誌に掲載されていた情報によりますと「プリウスPHV」のエクステリアデザイン採用とあります。

しかし先代プリウスPHVはベースモデルとの差がなかったので、現行で大きくデザイン変更してきたので、PHV顔になる可能性は低いと思われます。

 

エクステリアデザインはヘッドランプ・テールランプの変更・バンパーデザイン変更程度に収まると予想されます。

またセーフティーセンスPが全車標準装備となるようです。

情報まとめ

「2017年11月 新型プリウス マイナーチェンジ(一部改良)!11.5インチナビや特別仕様車も発売」はいかがでしたか?

現行型のオーダーは10月くらいに打ち切られる予定になっています。

大きな変更はないので11.5インチナビが欲しい方以外は、値引き価格を考慮して現行モデルを安く買うか、2018年のビッグマイナーチェンジを待つ方が良いと思います。

また最新情報が入り次第すぐにお伝えしますね♪

Source: 最新車情報「carパラダイス」

日本カーオブザイヤー2017-2018へのノミネート輸入車はコレだ!!最優秀車はあのクルマか!?

今回は、10月31日に締め切られた日本カーオブザイヤー2017-2018へノミネートされたインポートカー輸入車)をご紹介したいと思います。


あわせて読みたい日本車のノミネート車に関する記事はこちら
日本カーオブザイヤー2017-2018!トヨタ・マツダ・ホンダなどがノミネート!

アルファロメオ

ジュリア

輸入代理店であるFCAジャンパン株式会社より、アルファロメオジュリアがノミネートされています。

アウディ

Q2

Q5

A5クーペ・A5スポーツバック・A5カブリオレ

アウディジャパン株式会社からは、アウディの人気SUVQ2Q5クーペスポーツバックカブリオレのタイプをラインナップしているA5がノミネートしています。

BMW

5シリーズ

ビー・エム・ダブリュー株式会社からは、BMW5シリーズセダンタイプ5シリーズツーリングがノミネートされています。

MINI

MINIクロスオーバー

BMW社がMINIブランドとして、MINIクロスオーバーをノミネートしています。

キャデラック

XT5 CROSSOVER

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社からは、キャデラックのSUV車XT5 CROSSOVERをノミネートしています。

次ページでもインポートカーをご紹介しています。

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site

日本カーオブザイヤー2017-2018!トヨタ・マツダ・ホンダなどがノミネート!どの車が最優秀!?

日本カーオブザイヤー実行委員会が運営している日本カーオブザイヤー2017-2018の選考が開始されました。


あわせて読みたいカーイベントに関する記事はこちら
第10回大阪モーターショーが西日本最大級規模で開催決定!!

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは

日本カーオブザイヤーは、1980年に初めて行われた日本市場で販売されている自動車の中から、1年間を通じて最も優秀であった自動車を決定する選考会のことです。

日本車だけではなく、輸入車も数多くノミネートされています。

正式名称

和名:日本カー・オブ・ザ・イヤー

英名:CAR OF THE YEAR JAPAN

主催者

団体:一般社団法人日本カー・オブ・ザ・イヤー

選考:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会という、一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤーが運営を行っています。

選考委員

選考に関わる実行委員は、人数制限を設けており定員60名を上限に各選考委員が、選考ノミネート車の中で、最も優秀だと思われるクルマに投票し決められます。

主な目的

一般販売を前提として日本市場で公開される乗用車の中から、1年間を通じて最も優秀な自動車を選び、その自動車に日本カー・オブ・ザ・イヤーの賞を与え、その作製・製造ビジネス者を称える。一層の性能・品質・安心の向上を促すと共に業界の進歩と地球環境の維持、交通安心に貢献する。

賞について

日本カー・オブ・ザ・イヤー

ノミネートされた自動車の中から、一次選考を突破し、最終選考に於いて最高得点を獲得した自動車に与えられるのが、日本カーオブザイヤー賞となっています。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー

日本製の自動車が、日本カー・オブ・ザ・イヤーに受賞した場合には、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を設定されます。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは、ノミネートされた輸入車の中から最終選考に於いて、最高得点を獲得した輸入車へ与えられるがインポートカーオブザイヤー賞になります。

10 BEST CAR

10 BEST CARは、一次選考にノミネートされた自動車の中から選ばられた10車種に、副賞として与えられるのが、10 BEST CAR賞となっています。

部門賞

環境に配慮され、安全で革新的な自動車に与えられるのが、イノベーション部門賞となります。

優れたデザインやドライブフィールなど特徴的な自動車に与えられるのが、エモーショナル部門賞となります。

軽自動車や未来を担った超小型モビリティなどの自動車に与えられるのが、スモールモビリティ部門賞となります。

実行委員会特別賞

実行委員会特別賞は、日本カー・オブ・ザ・イヤー賞とは別に、開催年の中で、最もインパクトを与えた福祉車両に与えられる賞です。

また、モビリティの発展に寄与したイベントや施策を開催したり、自動車業界に於いて貢献された功労者などにも、特別賞が与えられます。

選考スケジュール

ノミネート車の発表:10月31日(火)

10ベストカー発表 :11月8日(水)
開催地:機械振興会館東京都港区芝公園

10ベストカー試乗会:11月29日(水)
開催地:富士スピードウエイ静岡県駿東郡小山町

最終選考会・表彰式:12月11日(月)
開催地:東京国際交流館東京都江東区青海

 

次ページで、ノミネートされた自動車をご紹介します。

Source: AIS 自動車情報サイト automobile information site