もしもフェラーリF8トリブートにハードコアモデルが登場したら?センターロックホイール装備、過激なレンダリングが公開に




F8トリブートにはこれまでのV8モデル同様の「ハードコアモデル」が設定されるかどうかはわからない

レンダリングアーティストがフェラーリF8 トリブートの「ハードコアバージョン」のレンダリングを作成。

これはフェラーリ458に対する「458スペチアーレ」、フェラーリ488に対する「488ピスタ」のような位置づけのクルマをイメージしており、そのルックスがアグレッシブに。

フロントだとエアインテーク形状が変更され、バンパーサイドにはウイングレットが装着。
ホイールはセンターロックへと改められ、サイドにはやはりウイングレット付きのサイドステップ、リアにはちょっとだけスポイラーが見えますね。

そしてフロントフードにはエアを抜くための穴が追加され、ボディ全体にはブラックアクセントが用いられることでメリハリの付いたルックスに。

フェラーリは実際にF8トリブートのハードコア版を発売する?

フェラーリCEO、マイケル・レイタース氏によると、フェラーリF8トリブートは「488GTBと488ピスタとの中間のようなクルマ」。

そしてF8トリブートが「完全新設計」とならなかったのは、F8トリブートのコストを抑える必要があったこと、F8トリブートの上に「ハードコアモデル」が新型車として設定されることを理由として述べています。



つまりフェラーリF8トリブートと「新型車」とは併売されるということになり、そこでF8トリブートのハードコアモデルが登場するとその「新型車」の領域へと入ってしまうことに。

ただ、その新型車は「V6+ハイブリッド」となることが明らかになっていて、となるとF8トリブート(V8ターボ)のハードコアモデルが存在しても直接の競合にはならないと考えられるものの、「じゃあどっちが速いの」ということでややこしくなるかもしれませんね。

フェラーリF8トリブート・スパイダーは実際に登場しそう

なお、今回のレンダリングの他、フェラーリF8”スパイダー”のレンダリングも公開済み。

こちらのほうは実際に登場すると思われ、というのもすでに488スパイダーや、488ピスタ・スパイダーが実際に登場しているため。
オープン化に伴う設計変更や、リトラクタブルハードトップ開閉機構もそのまま488スパイダー/488ピスタ・スパイダーのものを引き継げそうで、もしかすると比較的早い時期に登場するかもしれません(秋のフランクフルト・モーターショーあたり?)。

VIA:FMPNICK – Instagram

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す