トヨタがeスポーツに本格参入!グランツーリスモSPORTにて「GT Supra CUP」を4月から開催し世界最速決定戦を開催




今やゲームはクルマのプロモーションの場として「最もマッチングのいいコンテンツ」に

トヨタ・ガズー・レーシング(TOYOTA GAZOO Racing / GR)がeスポーツに本格参入する、と発表。
これは「グランツーリスモSPORT」内にて、4月よりスープラのワンメイクレース”GT Supra Cup”を開催するというもので、すでに概要も公開済み(後述)。

自動車業界だとすでにポルシェがeスポーツへの参入を果たしているものの、まだまだ一般的ではないのもまた事実。
しかしながら今回は世界的に注目度の高いスープラを使用してトヨタがここに参入するということになり、他のメーカーとしても本格参入を検討しなくてはならない、という時期に来ているのかもしれませんね。

トヨタとポルシェは意外と似ている

なお、「トヨタとポルシェ」はなにかと縁が深いというか、有名なのは「ル・マン24時間レース」での戦い。
そして、そのレースの後に、豊田章男社長、そしてヴォルフガング・ポルシェ氏が会談を行っており、「ともに偉大な祖先を持ち、自分と同じ名の自動車メーカーで働く」という共通点においても語り合っています。※ぼくらにはこの感覚は一生理解できないと思う

さらに最近だとトヨタがランクルそっくりの顔を持つ「月面車(有人予圧ローバ)」の開発を公開していますが、ポルシェもまた月面車を設計した経験がありますね。※”製造”は別にして、月面車を設計して月に送り込んだ自動車メーカーは今のところポルシェのみ

そこで今回の「eスポーツ」においてもポルシェに続いてトヨタが業界に先駆けたことになり、自動車メーカーにおけるフロントランナーは「ポルシェとトヨタ」ということになるのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

今後、ゲームと自動車との結びつきは密接に

なお、最近では「カー(レース)ゲーム内で新車を発表する」ことも珍しくなく、ゲーム発表と新車発表を同時に行ったケースもあったりして(ポルシェ911GT2 RSはそうだった)、いろいろな形で「ゲームとクルマ」との結びつきは強くなりそう。



そのほか、「自動車業界とeスポーツ」だと、ランボルギーニが参入の可能性を感じさせる方向に動いているほか、

マクラーレンもおそらくは何らかの形で参入することになりそうです。

トヨタからの発表は下記の通り

今回、トヨタはGR Supra Cupにて発表した内容は下記の通り(トヨタのプレスリリースより)。

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、PlayStation®4*1(以下、PS4®)用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』での「GR Supra GT Cup」の開催を決定しました。このレースは、グランツーリスモシリーズ初のグローバルワンメークレースで本年4月から開催します。さらに、グランツーリスモシリーズのFIA(国際自動車連盟)公認のオンライン選手権「FIA GT チャンピオンシップ」でのオフィシャルパートナーとなり、eモータースポーツに本格参入します。

本年から新たにeモータースポーツをTGRのモータースポーツ活動の柱の一つとすることで、モータースポーツやスポーツカーが、より身近に、世代を超えて世界中で楽しんでいただけるものになるよう、積極的に盛り上げて参ります。

また将来的には、eモータースポーツを通じて得られる様々な知見を、我々の「もっといいクルマづくり」に繋げていきたいと考えております。

画像に含まれている可能性があるもの:車

GR Supra GT Cup開催概要

レース名称 GR Supra GT Cup
開催期間 2019年4月~10月
開催場所 予選オンラインでグローバルに実施
決勝10月東京モーターショー会場にてリアルイベントを開催
ラウンド 予選13ラウンド(予定)
決勝1試合
参加条件 PS4®およびPS4®用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』の所有者(年齢6歳以上)
エントリー方法 TGR公式HP内「GR Supra GT Cup」特設サイトにて4月上旬頃公開予定
URLhttps://toyotagazooracing.com/jp/e-motorsports/

VIA:TOYOTA

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す