なんと「オーバーフェンダー」装着!ミニJCW GPは出力だけではなく”何もかも”が常識はずれの過激さだ!




まさかここまでやるとは思わなかった

ティーザーキャンペーンを開始したばかりのミニ・ジョンクーパーワークスGP(MINI Jphn Cooper Works GP)ですが、今回はそのプロトタイプと見られるスパイフォトが登場。

画像を見るに前後にナンバープレートを装着するスペースがあり、そこから想像するに「ショー用のワンオフ」ではなく市販バージョンのプリプロダクションモデルだと考えて良さそうです。

思ったよりもミニJCW GP”コンセプト”に似せてきた

今回のミニ・ジョンクーパーワークスGPは2017年に発表された「ジョンクーパーワークスGPコンセプト」の市販版ではありますが、このジョンクーパーワークスGPコンセプトは「超」がつくほどの過激モデル。

そもそもオーバーフェンダーの装着といったところからして今までのジョンクーパーワークスGPと全く異なり、公道よりはサーキットを強く志向したクルマです。

ただ、いかに「GP」といえども市販バージョンのオーナーはこの車をサーキットに持ち込むことはそうそうないと考えられ、よって「発売時にはどうせ普通のジョンクーパーワークスを2シーター化してちょっとパワーアップさせた程度で、外観はリアウイングが大きくなるくらいじゃないの」と斜に構えていたものの、今回のプロトタイプを見ると、そういった考えがぶっ飛んでゆくほどの過激なデザイン。※ミニは、ずっと前にですが、「市販につながらないコンセプトカーは発表しない」と発言している

フロントバンパー形状は通常のミニJCWに近い形状ながらも左右の張り出しが大きくなり、そしてなんと「前後オーバーフェンダー」が装着される模様。

これはおそらく「ジョンクーパーワークス史上初」だと認識していますが、プロトタイプの画像を見ると、明らかにボディからフロートしたフェンダーが装着され、これはトレッドの拡大とともに直進安定性を向上させるための手法なのだと思われます。



画像に含まれている可能性があるもの:車

こちらは先日公開された公式(ミニ・ジョンクーパーワークスGPの)ティーザー画像ですが、たしかにボディとフェンダーとの間にちょっと隙間が確認できますね。

なお、このオーバーフェンダーは「なんとなく汚れている」ように見え、おそらくこれは「鍛造カーボン」製で、この素材特有のマーブル模様なんじゃないかと推測(パーツ単体で購入できれば、通常版ミニのチューニング可能性が広がる)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そして、コンセプトモデルからややトーンダウンしたとは言えども、これも「ミニJCW GP史上最大」のリアウイングが確認可能。

画像に含まれている可能性があるもの:車

下の画像はミニ・ジョンクーパーワークスGP”コンセプト”ですが、今回のプロトタイプはこれに近いリアウイングを持つことがわかります。

そして気になるのはリアサイドウインドウのカモフラージュ。
「2シーター、ロールバー装着」ということを知られたくないのか、それとも別の何かを隠しているのか。

JCW GPコンセプトだと、この部分はガラスではなく「パネル」となっていて(ボディ剛性確保のため?)、もしかすると市販モデルにおいても同様のデザインが採用されるのかもしれませんね。

ただ、そうなると著しく日常性を損なうことになり、しかしそれと「引き換えにしても」得たいなにかがあるのだ、ということになりそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

VIA:Carscoops

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す