リバティーウォークのフラッグシップ「シルエットワークスGT」完成!第一弾としてフェラーリ458イタリアの「レーシングカー風」エアロが登場




ここまでクルマの車高が落とせるとは

リバティーウォークが先般よりイラストを公開していた新シリーズ「LB Silhouette Works GT」、「LBシルエットワークス458GT」の実車が公開。

現段階でこのシリーズについての詳しい解説はないものの、以前に「シルエットフォーミュラ」を意識したものだと公開されており、これまでの「リベット留めオーバーフェンダー」が個人やショップによるチューンをイメージしたものだとすると、この「シルエットワークス」は文字通りメーカーによるワークスチームのマシンを意識したものだとも言えそう。

リベット留めオーバーフェンダーとは一味違う

「シルエットフォーミュラ」は1976-1981年に存在したレースのカテゴリで、 日産スカイライン/シルビア、トヨタ・セリカ、ランチア・ストラトス、マツダ・サバンナRX-7、BMW M1、ポルシェ935といったクルマたちが参戦。

その命名の由来としては 「ボディ(シルエット)は市販車だけど中身はフォーミュラカー」というところから来ていると言われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

今回のLBシルエットワークス458GTはそのシルエットフォーミュラのイメージをそのまま引き継いだエアロキットを装着していることが特徴で、これまでのリバティーウォークに見られた「リベット留め」フェンダーとはちょっと違う印象。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リバティーウォーク(Liberty Walk)はオーバーフェンダーキットによるカスタムを中心とする「LB WORKS」を筆頭に、ちょっとライトな「LB PERFORMANCE」、その下には国産車を対象にした「LB nation」というシリーズを揃えていますが、今回の「LB Silhouette Works GT」はサイトの掲載順から見て「フラッグシップ」。



画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてエアロキットの価格もフラッグシップにふさわしく、FRP製で3,596,400円、FRP+ドライカーボン製で4,352,400円、ドライカーボン製だと5,207,760円とかなり高価(これまでのオーバーフェンダーキットに比較して倍くらい)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアフェンダーはかなりワイド。
両サイドのスリットからはタイヤが覗くなど、その雰囲気はまさにレーシングカー。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

オプションのエアサスペンションによって車高は「地面に張り付くまで」落ちています。
このエアロキットを「ノーマル車高のまま」装着するわけにもゆかず、やはりエアサスは必須だと言えそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こちらはレッド。
当然ですがホワイトバージョンとはまったく雰囲気が異なります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアウイングは完全にクルマの全長を超えているので「競技用部品」ということになりそう。

なお、単品の価格は下記の通りです。

FRP ドライカーボン
LBフロントカナード 194,000円 270,000円
LBリアバンパー 324,000円 486,000円
LBリアディフューザー 432,000円 626,000円
LBリアウイング 864,000円 1,188,000円
LBボンネットフード 486,000円 648,000円

VIA:Liberty Walk

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す