次期ロールスロイス・ゴーストがテスト中。ファントム顔にレイスのボディといった雰囲気で大幅に「若返り」?




ファントムとの区別を明確にするためかも

ドイツはミュンヘンにて、新型ロールスロイス・ゴーストのプロトタイプが目撃に。

現在ロールスロイスはSUVとしてカリナン、4ドアサルーンだとファントムとゴースト、2ドアクーペではレイス、オープンモデルとしてはドーンというラインアップを保有。

よってゴーストは4ドアサルーンとなりますが、ポジションとしては「ファントムの下」。
ただし「下」とは言えども全長5400ミリ、全幅1950ミリ、全高1550ミリ、その価格3410万円という「他の自動車メーカーでは絶対王者に君臨できる」という格を持つクルマ。※ファントムは5460万円もする

ロールスロイスは単独だとそんなに大きなクルマに見えない

ざっとスパイフォトを見たところそんなに大きなクルマには見えないものの、ロールスロイスが「単体で見ても大きく見えない」のは「すべてのパーツが等しく大きく、つまり普通のクルマを拡大コピーしたバランスで大きくなっているから」。

たとえばファントムは4ドアセダンではあるものの、その全高は1646ミリ、とランボルギーニ・ウルスの1638ミリよりも高い数字(レンジローバー・イヴォークと同じくらい)で、いかにデカいかがわかります。

ドアミラーやタイヤも「大きくなっている」のでさほど巨大には見えないものの、他のクルマと並べると「とにかくデカい」ということがわかるのがロールスロイス。



画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そこで今回のゴーストですが、画像を見るとフロントはファントム同様に巨大なフロントグリルを持ち、しかしボディはレイスのような、やや丸みを帯びたデザインのようにも見えますね。

もしかすると、ファントムとの差別化のために全く印象が(ファントムと異なる)シルエットを与えようということなのかもしれない、とも思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ちなみにプラットフォームは刷新されてファントムと同じものが与えられると思われ、現行ゴーストの「2480キロ」からかなり軽量化される見込み。

それでもゴーストの凄いところは570馬力を発生するV12エンジンをもって0-100気を加速をわずか4.9秒でこなしてしまうところですが、これはポルシェ718ケイマンの「5.1秒」よりも速く、つまりは「とんでもなく速いサルーンである」ということですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

もちろん新型ゴーストではさらに運動性能に磨きをかけてくるはずで、そんじょそこらのスポーツカーであれば「一気に抜き去ってしまう」ほどの加速性能が与えられるのかもしれません。

VIA:Motor1

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す