【大阪オートメッセ】VIPからレーシングカーまで!ポルシェ、アウディ、ランボルギーニなど欧州車のカスタムを見てみよう




一番気になったのは戦闘機風のアウディR8

さて、大阪オートメッセ2019編、今回は「輸入車」。
オートメッセの中でインポートカーは少数派ではあるものの、それでもあまり見る機会のないスーパーカー、そして過激なカスタムが施されたクルマたちが展示されることに。

上の画像はWALDブースに展示してあったマセラティ・クワトロポルテ。
WALDはメルセデス・ベンツやBMW、ロールスロイスなどVIP系のカスタムが得意ですが、とにかく押し出しの強い仕上がりとなるのが特徴。

このクワトロポルテもインパクトの強いエアロパーツに加え、マットグレーにブラック、そしてレッドのアクセントというエキゾチックな仕上がりに。

インポートカーのカスタムはツワモノ揃い

そして展示されている車両そのものが「もともと高価」なクルマだけに、そこへ投じられている費用もまた相当なもの。

このアウディR8は今回の輸入車展示において「もっとも」気になった一台です。
ボディカラーはグリーンの入ったグレーですが、「はがせる塗料」でペイントされている、とのこと。
サイドの戦闘機風のグラフィックがクールですね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外

そして驚くべきはこのシート。
これ家に置いときたいな、と直感的に思うほどイケてます。

写真の説明はありません。

ナンバープレートもアルミのビレットっぽいものへ。

画像に含まれている可能性があるもの:靴、車、屋外

そしてこちらもアウディR8。
前後でホイールの形状やカラーが異なり、ホイールと内外装含めて「2色」でまとめた一台。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

インテリアは総張替えで「グリーン」へ。
ステアリングホイールはエアバッグレス、ディープコーンです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なんといっても驚かされるのはこのホイール。
未来的な印象があって良いですね。

マクラーレンも「スピードテール」にてホイールカバーを用意していますが、今後ホイールカバーはカスタムシーンにおいて必須となるかも(面積が大きく表現できる範囲が広い)。



画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてこちらはWALDによるロールスロイス・ファントム。

画像に含まれている可能性があるもの:車

別のブースではメルセデス・ベンツSLのコンビ。

画像に含まれている可能性があるもの:車

かなりヤバそうなホイールボルト・・・。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして純然たるレーシングカー、ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオEVOの姿も。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

エアサスによって極限まで車高が落とされ、フロントスポイラーと地面との間には指一本も入らないランボルギーニ・アヴェンタドール。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

なんと「フラットノーズ」へと改造されたポルシェ911(996)」。
グロスブラックとマットブラックという、「光のコントラスト」によって再現されたロスマンズカラーです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、車、屋外

こちらも驚愕、ボディパネルがすべて「カーボン」のポルシェ911。

画像に含まれている可能性があるもの:車

マルティニカラーのRWBポルシェ911。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、車

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す