【大阪オートメッセ】出展されているレーシングカーや走り系チューニングカー/カスタムカーを見てみよう!




メルセデスAMG、ホンダNSX、そして定番のトヨタ86やホンダS2000など

さて、大阪オートメッセに展示されているレーシングカーやカスタムカー、チューニングカーをここでざっと紹介。

まずオートメッセの入り口にドドンと鎮座するのはSUPER GTに参戦しているメルセデスAMG GTとホンダNSX GT。

メルセデスAMG GTのボディカラーはマットブラックで、相当な押し出しがあります。

オートメッセはもともとチューニングカーがメインのショーがはじまりだった

リアはこんな感じ。
巨大なウイングが目を引きますね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外

そしてこちらはNSX-GT。
やはり巨大なウイングが大迫力。

その他の画像はFacebookのアルバム「大阪オートメッセ(カスタム車その2)」にて公開中。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、コクピットはこんな感じ。
サイドに”TORAY”のロゴがあるのでカーボンファイバーは東レ製のようですね。

もとより「一人乗り」で設計されている模様。

写真の説明はありません。

そしてクスコ(CUSCO)ブースにはトヨタ86。
もともとオートメッセはこういったチューニングパーツメーカーが出展する「走りメイン」のショーがルーツだったと記憶していますが、現在では幅広くクルマ好きにアピールするショーへと変化していますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、クスコでは86をひっくり返した状態で各パーツや機能について説明を行っていて、これはなかなかに参考になります(フェアレディZに乗っていた頃、クスコ製品には大変お世話になった)。

写真の説明はありません。

こちらはS15シルビア。
「SSR」のロゴがボディサイドにありますが、これはかつてスピードスター社が保有していたアルミホイールブランド。

WORKと並んで世界でも高く評価されたホイールであったものの2005年に残念ながら倒産。
ただ、その後サスペンションで知らせる「タナベ」がSSRのブランド名を買い取り、2018年から展開を大きく広げています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

エンジンルームはこんな感じ。
「RB26」の文字があるので、つまりがR32-R34世代のGT-Rに積まれるエンジンをスワップしている、ということになりますね。



写真の説明はありません。

そのほか日産GT-Rのカスタムはこんな感じ。
歴代GT-Rも揃います。

【動画】オートメッセでは最多勢力!過去から現在に至るまで、KPGCからR35までの日産GT-R全世代カスタムを見てみよう

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、車

そしてトヨタ86は大人気。
会場にやって来る人々が乗るクルマにも多数の86が見られ、86人気の高さを伺うことが出来ます。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そして日産180SX。
ここに展示されている一連のチューンドカーはグラフィック秀逸です。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてS2000はじめとするホンダ車もチューニングベースとして大人気。
シビックやCR-Xの姿も見られます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

ほか、ホンダ車のカスタム事情はこちら。

【大阪オートメッセ】展示されていたホンダ車を見てみよう!歴代シビック、S2000、NSX、CR-Xなど

こんな感じのハードチューンも多数。

写真の説明はありません。

こちらはヨコハマタイヤブースに展示されていたカローラスポーツのレーシングカー。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、車、屋外

そして同じくフォードF-150。
デカい!

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す