【動画】新型911のインテリアをデザインしたのはオレだ。もっとも気に入っている5つの部分を紹介するぞ




新型ポルシェ911は、初代911へのオマージュにほかならない

画像に含まれている可能性があるもの:1人

ポルシェが「ベスト5」最新動画を公開。
今回は、前回の「新型911のエクステリアデザイン」編に続いて「新型911にインテリアデザインのトピック5選」。

今回説明するのは新型911のデザイナー、イヴォ・ファン・フルテン氏。
ここで同氏の語る「新型911のデザイン的見どころ」5選を見てみましょう。

新型911のインテリアもまた、「過去の911を意識」

なお、新型ポルシェ911は「先祖返り」した外装デザインが大きな特徴。
フロントフードの先端形状やフード上のプレスラインなどが「空冷ポルシェ」を連想させる意匠となっていますが、今回の動画を見ると、「内装においても911のルーツを強く意識」していることがわかります。

5.オペレーティングコンセプト

イヴォ・ファン・フルテン氏によると、新型911のインテリアは、初代911のデザインを踏襲し、「5連メーター」を維持している、としています。
911は初代から991世代に至るまで「5連メーター」を採用していますが、現代ではデジタル液晶メーター」が一般的になっていて、つまりあえて「5連にする必要性はない」わけですが、あくまでもそこは911のルーツに固執した、ということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

同氏は「必要な情報を、必要なときに得られるようにした」と語っていますが、ぼくが最初にポルシェ(2002年の986ボクスターS)を購入して驚いたのは、メーターパネル内に「スピードメーターが2つある」こと。

デジタルとアナログとの両方で速度表示がなされていて、これもまた「必要な情報」だからこその配慮なのでしょうね。

L1050184
▲718ケイマンだと「3連」メーターとなり、左にアナログのスピードメーター、中央下部にデジタルのスピードメーターがある

加えて、今回の911については、そのメーターのほか、集中コントロールが可能なステアリングホイール、10.8インチタッチ式ディスプレイによる操作性の向上も一つのポイントだ、と述べています。

4.オフセット・センタコンソール

これはダッシュボードの下側を大きくスラントさせたことを指していて、これによってかつての「水平」貴重デザインを強調してワイド感を演出した、とのこと。

写真の説明はありません。

なお、ポルシェのインテリアデザインチームは初代からこれまでのポルシェ911のインテリアをこんな感じで研究。
初代は「水平」デザインが主流であったものの、1980年代から「テクノロジー」が重視され各種デバイスがセンターコンソールに登場し、それによって「水平」プラス「垂直」のラインが登場することに。

写真の説明はありません。

しかし992世代の911では、もう一度水平デザインに戻すため、センターコンソールをダッシュボード下部から切り離した構造を用いています。



ちなみにこちらは初代911のダッシュボード周り。

写真の説明はありません。

3.3Dドアデザイン

新型ポルシェ911では、インテリアに複数素材を使用することを念頭に設計がなされており、それぞれの素材を活かし、また強調できるデザインを採用しているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

2.新型インストルメント・クラスター

新型ポルシェ911ではその大半のメーター表示がデジタル化されているものの、中央のタコメーターは依然「アナログ」。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

そして、これまでの911はその文字盤が「平坦」であるものの、新型911のデザインチームは初代911のメーターを改めて見直し、新型911にも初代911同様に「立体」の意匠を用いることに。

こちらが初代911。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

こちらが最新911。

写真の説明はありません。

こちらはカイエンのメーターですが、991世代までの水冷911もこんな感じで「ノッペリした」メーターパネルを持っています。

写真の説明はありません。

1.アナログ・ミーツ・デジタル

ポルシェは今やフォルクスワーゲングループの一員ですが、グループあげて進める「デジタル式インターフェース」とは距離を置いていて、デジタル化する部分はデジタル化し、しかしそうでない部分は「アナログ」に。

上述のタコメーターもそうですが、物理スイッチをあえて残し、操作する楽しさを、そしてスポーツカーらしさを残している、とのこと。

写真の説明はありません。

一方で走行に直接関係のないインフォテイメントシステムはフルデジタル化されて利便性を増すなど、「目的別」にデジタルとアナログを使い分けている模様。

なお、ぼくが新型911でもっとも評価したいのは、この「エンジンスターター」。
ポルシェは「キーを捻ってエンジンをスタートさせる」ということ、キーシリンダーそのものや位置にもこだわっていて、今やこれも「キー」ではなくなったものの、この「ひねってエンジンスタート」がなくなったらそれはポルシェではない、と考えているほど。

以上がポルシェのインテリアデザイナーの語る「新型911のインテリアにおけるトピック5選」ですが、想像していたよりもずっと「原点回帰」であることに驚かされますね。

VIA:PORSCHE

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す