無限がやっぱりアウディTTっぽい「究極のシビック・タイプR」、”シビック・タイプR無限RC20GTパッケージ・プリプロダクションモデル”を発表




この1年であまり進化していなかった

無限(MUGEN)が東京オートサロン2019にて、ホンダ・シビック・タイプRのコンプリートカー「CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL(シビック・タイプR無限RC20GTパッケージ・プリプロダクションモデル」を公開。

なにやら長い名称ではありますが、これは昨年オートサロンにて公開した「RC20GT TYPE R CONCEPT」をより市販モデルに近づけたもので、およそ「市販モデルと同等」の品質にまでアップグレードされたもの。

現時点ではスペック、動力性能は不明

今回のシビック・タイプR無限RC20GTパッケージ・プリプロダクションモデルは市販化を前提として、そして「サーキットにフォーカスして」エアロダイナミクス、ドライバビリティ、クーリング性能を向上させた「究極の」タイプR。

画像に含まれている可能性があるもの:車

カーボンファイバー製グリルガーニッシュ、バンパーガーニッシュ、専用フロントフード、カスタムフロントスポイラー/サイドスポイラー/リアウイング、リアディフューザーが装着され、これらは昨年の時点では軽量化を考慮して「ドライカーボン(市販モデルはどうなるかわからない)。

なお、こちらが昨年モデルの無限RC20GT。
これと比較すると今回のシビック・タイプR無限RC20GTパッケージ・プリプロダクションモデルはドアミラーが現実的な形状となったほか、グラフィックが変更されていることがわかります。

エアロパーツはこの1年でほとんど進化していないように見えますが、おそらくは細部が変更されたり、見えない部分ではなんらかのバージョンアップが施されているのでしょうね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみに、この「目玉」マークは最近の無限が多用しているもので、今後無限はこれを押し出してゆくのかもしれません。



写真の説明はありません。

足回りについても情報はないものの、画像を見るとブレーキシステムはブレンボ製で、ローターはスリット入りの2ピース構造を持つようです(ブレーキキャリパーが前側にあるのは謎。通常、スポーツカーは重心を中央に集めるため、後ろ側にキャリパーを設置する。クーリング上の理由なのかも)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

インテリアはこんな感じで「ドレスアップ要素なし」のスパルタン。
まさに男の仕事場、という感じです。

無限はほかにもカスタムカーを大量展示

なお、今回無限はホンダと共同にてブースを構え、さらに「MUGEN CIVIC Type R Prototype(無限シビック・タイプRプロトタイプ)」ほか、インサイト、CR-V、N-VANのカスタムカーも展示。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こちらがその無限シビック・タイプRですが、バンパーインサート、グリル、フロントリップ、サイドスカート、ウイング、リアスカートなどが追加もしくは変更されていることがわかります(ドアミラーカバーはナイス)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

リアウイングは角度調整式で、テールパイプはシビック・タイプR本来の特徴的な3本出しではなく「2本出し」。

リアディフューザー形状はかなり大きいものの、車体下部からのエアを情報に排出するという構造には見えず、「ドレスアップ要素」の方が大きそう。

なお「サンバイザー」が装着されているのは日本市場特有だと言えそうですが、一応「無限っぽく」スポーティーなデザインへと改められているようです。

VIA:MUGEN

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す