【動画】BMW「2002」を現代に蘇らせたチューナーが現れた!その名も”ETA02”、価格は900万円




完成度が高いだけに価格も高価

ドイツのチューナー、「エブリタイマー・オートモビル(Everytimer Automobile)」がBMW 1シリーズ(135i)カブリオレをベースに、かの2002風ルックスを持つカスタムカー「ETA02カブリオ」を製作。

しかしながら単に「2002」を再現するのではなくLEDヘッドライトやLEDテールランプを備え、なんともレトロフューチャーな雰囲気となっています。

レトロなルックスの割に意外とパワフル

ETA02のエンジンは3リッター直6ツインターボ(306馬力)で、0-100キロ加速は5秒、最高速度は250km/h(リミッター作動と思われる)。

bdf0b290-bmw-eta-02-cabrio-by-everytimer-5

その性能としては「なかなかのもの」でこのルックスとこのパフォーマンスとの組み合わせはなかなかに刺激的。

ff99cb3a-bmw-eta-02-cabrio-by-everytimer-32
▲インテリアもレトロ

現在エブリタイム・オートモビルは2台のプロトタイプを製作済みで、カーボンファイバー製ボディを持つ個体も製作予定。

今後「ETA02」は販売に移されるとのことですが、その価格はコンプリートにて約900万円ほどと言われ、さすがに「お安くはない」ようですね。
ただ、画像を見るに内装にも大きく手が入り、かかったコストを考えると納得ができるレベルだと思います。



BMW自身も「2002」をリバイバル

なお、BMWにとっての「2002」は非常に大きな意味を持ち、もともとは1600ccエンジンを持つ1602からスタート。
これが人気化したためにその後1802、2002と順当に排気量をアップしていったことになりますが、この「02」シリーズは日本でも「マルニ」と呼ばれて親しまれることに。

当初のボディサイズは全長4230ミリ、全幅1590ミリ、全高1410ミリというコンパクトなサイズを持ち、様々なバリエーションを展開するに至りますが、中でも有名なのは「2002ターボ」。

そしてBMW自身も「2002ターボ」を非常に重要な資産だと位置づけ、過去には「2002オマージュ」としてコンセプトカーを発表しているほどで、「02」シリーズはセールス面、そしてモータースポーツ両方において成功した稀有な車だと言えます。

そのほか、2002ターボと同時期(1970年代)に活躍した「3.0CSL」の人気も高く、BMWはやはりトリビュートモデル「3.0CSLオマージュ」も発表しています。

ただ、(コンセプトカーは発表するのに)なかなかBMW自身は市販車に対して「デザインのリバイバル」を行おうとせず、そこでエブリタイム・オートモビルのようなチューナーの出番となるのかもしれませんね。

VIA:Everytimer Automobile

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す