マクラーレン720S発表。「そのへんのオープンモデルと違う。もともと強固なので一切の補強はしていない」




| マクラーレンのクルマは「オープン化に際して補強の必要なない |

マクラーレンが720Sのオープン版、「720Sスパイダー」を発表。
大まかにその特徴を述べると下記の通りです。

・クーペに比べて重量増加はゼロ

・ルーフの開閉は11秒で完了

・ルーフにはオプションでエレクトロクロミックグラスを装着可能

・ルーフの開閉は時速50キロまで可能

オープンモデルといえどパフォーマンスはクーペモデルの720Sと同一

マクラーレン720Sについて、まず外装だと「オープン(リトラクタブルハードトップ)化」されたことが最大の特徴ですが、それは言われないとわからないレベル。
720Sクーペモデルののつ「バブル形状」ルーフをうまく再現しており、かつこれは「一枚もののカーボンファイバー(オプションにて、電気的に透明度をコントロールできる”エレクトロクロミックグラス”を選べる)」でできている、とのこと。

720s3

なお、マクラーレンの市販車はいずれもカーボンファイバー製のモノコックシャシー「カーボンモノセル」を持ちますが、これはあまりに強固なために「オープン化に伴い、必要な補強はゼロ」。
よってクーペに比べても重量増加はなく、パフォーマンスもクーペと変わらない、としています。

Wallpaper-1

クーペ版720Sはルーフにも支点を持つガルウイングドア(ディヘドラルドア)を持ちますが、マクラーレン720Sスパイダーは開閉式ルーフを持つために支点をクーペ同様に設定できず、それでもちゃんとディヘドラルドアを装備。
このディヘドラルドアはマクラーレンのアイデンテティのひとつなので、いかなるボディ形状といえども「譲れない」構造の一つなのだと思われます。

720S-Doors-Wallpaper

一方でクーペとは異なり、720Sスパイダーのリアは「トンネルバック」。
マクラーレンのオープンモデルはいずれもこのデザインを持ち、これもマクラーレンの打ち出している統一性なのでしょうね。

720S-Spider-low-rear-wallpaper

マクラーレン720Sスパイダーのインテリアは「上質」

マクラーレンは720Sスパイダーのインテリアにつき、上質であることをアピール。
基本的にはクーペモデルと同じだと思われるもの、「第1級グレードのレザー」「全ての操作パーツには削り出しアルミニウムを使用」と述べています。



720s

なお、マクラーレンが室内に置いて強調しているのは視認性。
強固なカーボンモノセルの恩恵にて「Aピラーを細くすることができた」とし、前方視界はもちろん後方視界の良さについてもアピール。
たしかにマクラーレン720Sはスーパーカーとしては望外に視界が広く、とくにクーペモデルの720Sでは「こんなところにまでガラスを使用しているのか」というほどに視認性に配慮していることがわかります。

720s2

マクラーレン720Sスパイダーのパフォーマンスはライバルをも凌ぐ

マクラーレン720Sスパイダーのエンジンは720Sクーペと同じ4リッターV8ツインターボ、出力はもちろん720馬力。
トランスミッションも同じく7速デュアルクラッチを採用し、クーペと同様のパフォーマンスを発揮します。

ドライブモードは「コンフォート」「スポーツ」「トラック」の三つが備わるのもクーペと同様。
0-100キロ加速は2.9秒、0-200キロ加速は7.9秒、最高速度は341km/h。
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターの0-100キロ加速が3秒、最高速度が350km/h、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは3.1秒と325km/h、フェラーリ488スパイダーが3秒と325km/hなので、いかにこの720Sスパイダーが速いかもわかりますね。

720S-Doors-Wallpaper

なお、オープン化によってエンジンが見える範囲は720Sクーペよりも狭くなっているものの、エンジンルーム内が「レッド」の魅惑的な照明で照らし出されるのはクーペ同様。
そのほかマクラーレンはアンロックした際の「ウェルカムシークエンス」やホットスタート機能など、(そのストイックなイメージに反し)意外や演出にも力を入れていることがわかります。

720S4

VIA:McLaren

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す