フォルクスワーゲン・ゴルフ8のシルエットがイベントにてチラ見せ。生産は2019年6月から




フォルクスワーゲン・ゴルフはいつの時代もコンパクトカーのベンチマーク

フォルクスワーゲンが年に一回の「サプライヤーサミット」を開催し、その中で2019年以降の中期計画について発表。
この中で新型ゴルフ(ゴルフ8)について触れ、簡単なイラストとともに「コンパクトカーにおけるベンチマーク、そしてアイコンとなる」と述べています。
このイラストを見ると、特徴的なリアハッチと後部ドアとの「並行」なライン、そしてサイドを走る直線(リアに向けて上がってゆき、ウエッジシェイプを強調している)を見ることができますね。

新型ゴルフはいつの時代も最高のコンパクトハッチ出なくてはならない

なお、新型ゴルフについてはすでに2019年6月より生産が行われると公表されていて、つまりすでに設計は完了し、パーツ等の手配も完了していると考えて良さそう。
ただ、その割にゴルフ8のスパイフォトが目撃されることはなく、まだまだその詳細については不明なまま。

一方で次期ゴルフは48Vマイルドハイブリッドシステムを内蔵し大きく燃費を向上させる、そして新開発のプラットフォーム採用にて70kgの軽量化が実現する、といったウワサも。
現行ゴルフも決して重いクルマではないものの(採用されるMQBプラットフォームはかなり軽い)、これが実現すれば高いポテンシャルを持つことになり、GTIや「ゴルフR」といったハイパフォーマンスモデルにも期待が持てる、ということになりますね。

そのほか、新型ゴルフに関しては、意図的かどうかわからないものの、フォルクスワーゲンが「アニメーションや文字情報を表示できる」新型LEDインタラクティブテールランプの画像とともに、ゴルフ8と思われる車両のリアを公開したことも。
おそらくは新型ゴルフには(オプションだと思われますが)こういった新機軸が盛り込まれ、ゴルフは常にコンパクトカーにおけるベンチマークとして存在し続ける必要がある、ということをフォルクスワーゲンとしては強く認識しているのだと思われます。



2019年以降、フォルクスワーゲンからはこういったクルマが登場する

そして同じカンファレンスで公開されたのが以下のビジョン。
直近で登場するのは中国とブラジル市場向けにT-CROSSのロングホイールベースバージョン、中国市場向けにはe-Lavida、e-Bora、e-Golf。
これらについては「中国では、それぞれの自動車メーカーは一定台数のEVを生産(販売)しなくてはならない」という規制を考慮したものだと思われ、中国現地生産になりそうですね。

なお、「I.D.」として発売しないのは、フォルクスワーゲンの考える「I.D.としての」性能を満たしていないからなのかもしれない(中国の規制対応のためにお茶を濁しているだけ)とも考えますが、実際のところは不明です。

さらにはパサート、T-Rocカブリオ、新型ゴルフ、そして「I.D.」。

volkswagen

フォルクスワーゲンは今後こう変わる

そしてフォルクスワーゲン改革の「3ステップ」も公開。
これによるとまず第一のステップとして「SUVを強化して30車種投入」、「地域ごとの再ブランディング」、そして第二段階では「コネクテッド」「デジタルモビリティ」「eモビリティ」という分野で世界のリーディングカンパニーとなること、そして最終的には「自動運転やゼロエミッションモビリティの提供」による強行交通の提供へと移行。

volkswagen-brand-annual-session-2018

フォルクスワーゲンとしては、とにかく「デジタル」、そして最終的に「個人で車を所有しなくなる時代」に向かって動いているということになり、それは社名のとおり「(当初の意味合いとは異なりますが)人民のクルマ」を貫くということなのかもしれません。

なお、遅かれ早かれ「個人でクルマを所有しない」時代はやってくる可能性があり、そのためいくつかのメーカーは「公共」へのシフト、逆に「それでも高級車や趣味性の高いクルマは個人で所有されるはずだ」との考えのもと、より(個人にとって)魅力的な車を作ろうといいう動きもあるようですね。

VIA:Volkswagen-Youtube

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す