新型ポルシェ911のボディカラーは17色!5色が追加、991では選べなかったグリーンが復活




| 新型ポルシェ911(992)ではより多彩なボディカラーの選択が可能に |

さて、ポルシェは新型911を発表したばかりですが、さっそくカーコンフィギュレーターを公開しており、そのオプションや内外装の選択肢が判明しています。

まずはボディカラーを紹介したいと思いますが、新型911カレラで選択可能なのは17色。
991で採用されていたボディカラー12色はすべて継続され、新色が5色追加、という内容です。
もちんろんこれに不足があれば、ポルシェのカスタマイゼーションプログラム、「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」で自由にカラーを調合することが可能。

上の画像は「スペシャルカラー」で選択できるMiami Blue(マイアミブルー)ですが、他のボディカラーも見てみましょう。

スタンダード(標準)ボディカラーはこれまで通り

まずは無償で選べる「スタンダードカラー」。
ここはこれまでと同じ選択肢となります。

White(ホワイト)。

16

Black(ブラック)。

15

Guards Red(ガーズレッド)。

14

Racing Yellow(レーシングイエロー)。
ポルシェの「レッド」はずっと「ガーズレッド」ですが、イエローについては「シグナルイエロー」「ブルームイエロー」「パステルイエロー」「スピードイエロー」「レーシングイエロー」といった感じでその時代によって変更されています。

12

Carrara White Metallic(キャララホワイトメタリック)。

11

オプションの「メタリックカラー」は8色

そしてこちらはオプション扱いの「メタリック」。
日本ではまだ992の車両本体価格、オプション価格は不明ですが、991世代の911だと「214,000円」という設定です。

Jet Black Metallic(ジェットブラックメタリック)。

10

Dolomite Silver Metallic(新色、ドロミテシルバーメタリック)。
キャララホワイトメタリックとGTシルバーとの中間っぽいイメージですね。



2

Gentian Blue Metallic(新色、ジェンティアン?ブルーメタリック)。
991にも用意されるナイトブルーメタリックよりちょっと明るい感じ。

8

Night Blue Metallic(ナイトブルーメタリック)。

7

Agate Grey Metallic(アゲートグレーメタリック)。

17

GT Silver Metallic(GTシルバーメタリック)。

6

Aventurine Green Metallic(新色、アヴェンチュリン?グリーンメタリック)。
911については「久々の」グリーン追加ですが、グリーンというよりはオリーブドラブのメタリック版のような色味かもしれません。

なお「グリーン」はポルシェ911と縁が深いボディカラーで、フェリー・ポルシェが乗っていた911は「オークグリーン」、100万台目のポルシェ911は「アイリッリュグリーン」。
欧州ではポルシェ911=グリーンというイメージも強いようで、グリーンがカタログカラーからドロップした後も、カスタムカラーとしてグリーンを選択するユーザーも多かったようですね。

5

「スペシャルカラー」は5色から選べる

こちらは991だと482,000円のオプション、スペシャルカラー。
991では3色のみであった選択が5色に増加しています。

Carmine Red(カーマインレッド)。

1

Crayon(新色、クレヨン)。
これはパナメーラでも採用されているボディカラーですね。

2

Lava Orange(ラバオレンジ)。

3

Lizard Green(新色、リザードグリーン)。
911GT3のイメージカラーでもおなじみ。

4

 

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す