あのトム フォードがアンダーウェアを発表!「ここ一番」のときに持っておこう




| あのトム フォードがメンズ用アンダーウェアを発売 |

トム フォード(TOM FORD)は以前にファッションショーにてメンズ用アンダーウエアを発表していますが、今回ついにそのアンダーウェア群が発売に。

今回発売となったのはコットン製のブリーフとボクサーブリーフ、シルク製のボクサーパンツ(11,000円~39,000円)。
コットン製の方は発売済み、シルク製のほうは2019年に発売、とのこと。

「肌の色にあわせて」選べるブリーフ

なお、今回発売されたラインアップだと、コットン製は無地、シルク製はアニマルプリント(無地もある)。

画像を見ると、たしかに様々な人種に対応できそうで、日本人だと右から二番目か真ん中あたりがマッチするかもしれませんね。

相変わらずシンプルなデザインですが、それだけに「履きこなす」には相当に鍛え上げられたボディが必要となりそうです。

↓けっこう立体的でハイウエスト

tomford (2)

本国アメリカのトム フォード公式サイトではすでに販売が開始されており、コットンブリーフだと65ドル。

カラーはホワイト、ブラック、グレーのほか、肌色のカラー名はズバリ「NUDE」。
色の濃さに合わせてNUDE1~NUDE6までが揃います。

tf



こちらはコットンボクサーブリーフの無地版。
ホワイトとブラックはなく、「NUDE」のみ。

tf3

そして柄物のコットンボクサーブリーフ(145ドル)や、メタリック調のコットンボクサーブリーフ。
「メタリック」はダウンベストなど、トム フォードが他製品でも用いている手法ですね。

tf2

アンダーウェアだと他にこんなブランドもある

なお、アンダーウェアは多くのアパレルブランドが参入していますが、「餅は餅屋」というか、アンダーウェア専門ブランドも強いのがこの世界。

ぼくが愛用するのは「パンツのことしか考えてない」というデザイナーが送り出す「TOOT」。

愛用しているパンツ(下着)のTOOT。デザイナーは「いつもパンツのことを考えている」人だった

そのほか、ワコールの「BROS」やグンゼ「ボディワイルド」、カルバン・クライン、BETONES、EDGES、DUGAS、カルバン・クライン、ポール・スミス等様々なアンダーウェアを着用してみたものの、今のところフィット感はTOOTがナンバーワンだと考えています。

トム フォードのアンダーウェアについては、サイズがXS、S、M,L、XL、XXL、XXLXLと豊富に揃っており、一度購入してみるのも良さそうですね(柄モノは高価なので、無地のコットンボクサーブリーフ”NUDE”になりそう)。

VIA:TOM FORD,GQ JAPAN

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す