BMWがいったん「ナシ」としたMTの採用を検討?新型M3、M4にはMT、加えて4WD設定のウワサ




| MT、4WDのM3やM4が誕生する? |

BMWは新型3シリーズ(G20)を発表しており、そうなるとじきに追加されると思われるのが「M3」。
現行M3にはマニュアル・トランスミッションが用意されるものの、ここしばらくのウワサでは「新型BMW M3にはマニュアルはない」と言われています。

ただ、今回新たに出てきた話だと「新型M3にマニュアル・トランスミッションを用意することwBMW」が検討中だとされ、ちょっと風向きが変わってきたのかも。

ちなみにこれまでBMWはトランスミッションについて、マニュアルもしくはDCT(デュアルクラッチ)はもはやトルコンATに比較して何の利点も持ち合わせないとしており、Mモデルについても今後「ATオンリー」になると示唆。

BMW「マニュアルに加えDCTも消滅。もはやトルコン式ATには勝てない」

加えて現行M2が「マニュアル・トランスミッションを持つ最後のM」だとしていますね。

BMW「M2がマニュアルトランスミッションを持つ最後のMだ。なおFFのMモデルはつくらない」

新型M3/M4はライバルに対抗してMTを設定?

なお、現在マニュアル・トランスミッションは絶滅に近づいており、フェラーリやランボルギーニはとうの昔にマニュアル・トランスミッションを廃止していますし、あれだけマニュアルにこだわるとしてきたアストンマーティンも「需要がない」と判断して未だヴァンテージやDBSスーパーレッジェーラにはMTを設定せず。
加えて、マニュアル大好きなアメリカ人に受けていたシボレー・コルベットにおいても「マニュアルを選択する人の比率が極端に減っている」とされています。



この背景としては、「そもそもATのほうがMTよりも速く走れる」というものがあり、ストイックなスポーツカーほどマニュアル・トランスミッションを切り捨てる傾向にあるわけですね(ライトウエイトスポーツは重量増加を嫌い、重いATやDCT採用を避けるので、この限りではない)。

ただ、マニュアル・トランスミッションを選択できるクルマが減ってくると逆にMTが恋しくなるのが人情で、「MTを設定しているクルマに客が流れる」傾向も多少はある模様。

つまりMTの設定があるアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオやアウディS5などに客を食われることを避けるためにBMWは「M3やM4にマニュアル・トランスミッション設定」を検討しているのかもしれません。

新型M3/M4には4WD設定の可能性も

加えてBMWが検討しているとされるのが「4WD」。
これについてもかつてBMWは「M3やM4は軽量であるべきで、M5とは性質が異なる。よってシンプルなFR以外はありえない」としていたものの、これも翻意したということに(それでも一部では4WD+ハイブリッド登場、という話はあった)。

やはりアウディS/RSに対抗するためかもしれませんが、新型M3/M4の出力は500馬力程度になると言われ、これで4WDを採用すればもはや「無敵」とも言える安定性を持つに至るのかもしれません。

そうなると「M2」はやかり軽量スパルタン路線を歩むことになり「差別化」が図られそうですが、BMWは近年ハイパフォーマンスモデルのバリエーションを拡大しており(M40など)、かつ「CS」「CSL」モデルの復活にも言及しているので、M3内にも「4WD」「軽量」といった様々なバリエーションが展開されるのかも、と考えたりします。

 

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す