まさかのピンクも!メルセデス・ベンツが公式にて「Xクラス」に100色ものボディカラーを設定




| ベースは日産とルノーが発売するトラック |

メルセデス・ベンツはブランド初のピックアップトラック「Xクラス」を発売していますが、今回これに「XクラスX2」と呼ばれる限定モデルを追加。
これはメルセデス・ベンツの正規販売店、メルセデス・ベンツ・ミュンヘンのサイトに記載されており、メーカー主導というよりは、ディーラーによる企画ものだとも言えそうです。

この「メルセデス・ベンツXクラス X2」最大の特徴は「100色から選択できるボディカラー」ですが、ほかにも車高10センチアップ、18インチタイヤ装備など変更点多数。
そのほかにもオプションとしてリアのハードカバー、ハードトップ、カーゴボックス、サイドバー、などのカスタムが用意される、とのこと。

なお、ラッピングについてはオプション費用約55万円が必要となるそうですが、けっこう注文する人は多いのかもしれません。

結局のところ売れているのかメルセデス・ベンツX2クラス

なお、メルセデス・ベンツXクラスは欧州、アルゼンチン、南アフリカなど一部地域のみで販売されており、なぜかアメリカには未導入。
発売前には相当な予約を集めたとされますが、いっこうにカスタムシーンが盛り上がらないので、実はあまり売れていないのかもしれません。

そうなるとメルセデス・ベンツは開発した「モト」を取らなくてはならないので、アメリカなどほかの地域でも販売を開始しそうではありますね。

ちなみに欧州でのグレードは業務用の「Xクラス・ピュア」、一般向けの「Xクラス・プログレッシブ」、ライフスタイル系の「Xクラス・パワー」の三種で、エンジンはディーゼル二種(165/190馬力)、トランスミッションは6MTもしくは7速AT、駆動方式はFRもしくは4WD、そして価格は邦貨換算で483万円から。



メルセデス・ベンツが初のトラック「Xクラス」発表。欧州価格は483万円から

それでもカスタム需要はあるようだ

あまり盛り上がっているようには見えないメルセデス・ベンツXクラスのアフターマーケットではあるものの、それでもいくつかはカスタムが存在。

こちらは車体以上にお金がかかっていそうな「マイバッハ風カスタム」ですが、ここまでメルセデス・ベンツXクラスにお金をかけることができる、というのは羨ましい限り(ほくだったら、そのお金でGクラスを買う)。

メルセデス・ベンツXクラスをマイバッハ風にカスタムした「ヨッティング・エディション」登場

そしてカーレックスは早速インテリアをカスタム。

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」のハードカスタム登場。内装はカーレックスが総張替え

メルセデス・ベンツ自身もカスタムの提案を行っており、カスタムパーツも積極的にリリースしていますね。

メルセデスが車だけではくオプションもフランクフルトに大量展示。Xクラス用カスタムも充実

VIA:Mercedes-Benz

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す