2018年12月新型ヴェゼル マイナーチェンジで1.5Lターボエンジン搭載!燃費・価格は?




ホンダが販売する人気クロスオーバーSUVである「ヴェゼル」が2018年12月にマイナーチェンジして新発売されます。

ヴェゼルは今年2月にビッグマイナーチェンジを行いエクステリアデザインや安全装備の向上が図られました。

 

今回の新型ヴェゼルのマイナーチェンジでは待望の1.5Lターボエンジンが設定されるとのことです。

前回の改良内容もおさらいしながら最新情報まとめてみました。

2018年12月新型ヴェゼル マイナーチェンジで追加の1.5Lターボエンジンとは?

 

ホンダが新開発してステップワゴンやジェイドに搭載が開始された1.5L Vテックターボエンジンが2018年12月の新型ヴェゼルに搭載される予定となっています。

  • 最高出力:150ps
  • 最大馬力:20.7kgm
  • トランスミッション:CVT

この1.5Lターボエンジンはツーリングモデルに設定される予定で、足回りも走りに振った専用のサスペンションが与えられます。

 

現在搭載されているNA1.5Lエンジンのスペックと比較してみましょう。

  • 最高出力:131ps
  • 最大トルク:15.8kgm
  • トランスミッション:CVT

最大出力で+19PS・最大トルクで+4.9kgmアップとなっていて力強い走りが期待できます。

新型ヴェゼルの1.5Lターボエンジン燃費は?

同じエンジンを搭載する

  • ステップワゴン:17.0km/l
  • ジェイド:18.0km/l

のようになっているので、ヴェゼルのはこの二車種よりも重量が軽いためJC08燃費19.0~20.0km/lとなる!

 

NA 1.5Lエンジンの燃費が21.2km/Lですのでターボ搭載としては良いと思います。

状況によってはターボモデルの方が良い場合もありえますね。

2018年12月新型ヴェゼル マイナーチェンジのエクステリアは?

 

2月のマイナーチェンジでエクステリアデザインが大幅に変更されており、最近のホンダ車が採用する新LEDヘッドランプを採用。

新色や新デザインアルミホイールも用意され更なる人気に拍車をかけています。

 

今回12月のマイナーチェンジではエクステリアデザインに変更はなく、新色設定の情報も入ってきておりません。

最近は各メーカーデザインを統一しているのは良いのですが、エクステリアデザインが似てくるので個性が無くなるのは少し残念です。

2018年12月新型ヴェゼル マイナーチェンジでボディサイズは?

  • 全長:4330mm
  • 全幅:1770mm
  • 全高:1605mm

このようにコンパクトSUVのサイズ感で誰でも運転が出来る車になっています。

他のライバルとボディサイズを比較してみたいと思います。



トヨタCH-R

  • 全長4,360mm
  • 全幅1,795mm
  • 全高1,550mm

全高以外はヴェゼルよりも少し大きくなっています。

この大きさ分室内が広いかと言われると、ヴェゼルより狭いです。

デザイン面でヴェゼルよりも大きくなっていますね。

マツダCX-3

  • 全長:4,275mm
  • 全幅:1,765mm
  • 全高:1,550mm

ヴェゼルよりも小さく並べてみるとコンパクトなCX-3です。

ラゲッジや二列目はC-HRやヴェゼルと比較すると狭いです。

レクサスUX

  • 全長4,495mm
  • 全幅1,840mm
  • 全高1,540mm

レクサス初のコンパクトSUVになります。

価格的にライバルになりませんが、大きさ比較として♪

やはり一回り大きく全幅もあるのでどっしりとしたシルエットになります。

室内空間はさほど大きくないですが不満もありません。

インテリアはに変更はある?

 

基本的にインテリアに変更はありませんが、1.5Lターボエンジン搭載モデルはシート表皮やインテリアパネルが専用品を与えられると思われます。

ヴェゼルではセンタータンクレイアウト採用によってライバルと比べると室内空間が広いのが特徴と言えます。

 

2018年12月新型ヴェゼル マイナーチェンジで安全装備は?

 

ヴェゼルにはホンダセンシングと呼ばれる安全運転サポート機能が搭載されています。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • LKAS〈車線維持支援システム〉
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

前回のマイナーチェンジでは搭載されなかった機能が搭載される可能性があります。

  • オートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能

この二つは軽自動車であるN-BOXには搭載されているので、ここは是非ともヴェゼルにも搭載してほしいところです。

新型ヴェゼル 1.5Lターボの価格は?

設定されるRSのNA1.5エンジンの価格がこのようになっています。

  • RS Honda SENSING:FF:2,475,000円

これよりも価格はアップする予定で270万円前後スタートとなります。

ターボエンジン・専用足回りなど価格アップに見合った魅力がありますね♪

まとめ

「2018年12月新型ヴェゼル マイナーチェンジで1.5Lターボエンジン搭載!燃費・価格は?」はいかがでしたか?

前回のマイナーチェンジで1.5Lターボエンジンが搭載されないでがっかりした人も多かったと思います。

 

今回の1.5Lターボエンジン追加によってヴェゼルの販売計画が見直しになり、フルモデルチェンジがずれ込むとの情報もあります。

また最新情報が入り次第お伝えします♪

Source: 最新車情報「carパラダイス」




コメントを残す