【試乗:メルセデス・ベンツG550】Gクラス39年の集大成!変わらないデザインには理由があった




| 新型Gクラスのデザインが変わらなかったのは”これまでの歴史を活かした”から

さて、新しくなったメルセデス・ベンツG550に試乗。
およそ40年ぶりのモデルチェンジということで話題になったものの、日本では先代Gクラス(メルセデス・ベンツ日本では”従来型”と呼称)が世界で唯一継続販売されるなど、独自の事情を持っています。

ちなみに先代Gクラスが最も売れていたのは日本とのことですが、新型が発売されることになったのち、けっこうな「先代」駆け込み需要があった、とも言われますね。

それはおそらく「新型のボディサイズが拡大した」ためだと思われ、たしかに新型Gクラスは一見して「巨大」という表現がぴったり。

新型Gクラスはどう変わったのか?

なお、メルセデス・ベンツ自身は今回の新型Gクラスについて、モデルチェンジではなく”フェイスリフト”だと表現。

ラダーフレームの上にキャビンが乗っかる構造やリジッド式のリアアクスルはそのままですが(設計自体は見直されている)、ほぼ全てのパネルが置き換えられたとされながらも従来のイメージを継続したデザインを見ると「フェイスリフト」というのも理解できるような気がするものの、一新されたフロントサスペンション、エンジン、トランスミッションを考えるとやっぱり「モデルチェンジ」という内容がふさわしいんじゃないか、と思うことも。

IMG_2169

なお新型Gクラスのボディサイズは従来型比で全長53ミリ、全幅64ミリが拡大。
とくにリアから見ると「かなり大きくなった」と印象があり、まるで目の前にそびえる壁のよう。

IMG_2159

ここでまずスペックを見てみましょう。

ボディサイズ:全長4817ミリ、全幅1931ミリ、全高1969ミリ
エンジン:4リッターV8
出力:422馬力
トランスミッション:9速AT
価格:1562万円

新型Gクラスの外装を見てみよう

さて、早速新型Gクラスの外装をチェック。
実は新型Gクラスを見るのはこれで3度目ですが、何度見たとしてもやはり先代(従来型)との類似性が強く、時代を超越した存在感を意識させられます。

新型Gクラスを見てきた!ほかのメルセデス・ベンツとはまったく違う時の流れを感じさせる一台

なおメルセデス・ベンツが公表した「先代との共通パーツ」はヘッドライトウォッシャー、スペアタイヤカバー、ドアハンドルの三つのみ。

IMG_2146

確かに細部を見ると従来型との変更点も多く、一番目につくのは「ヘッドライト」。
もちろん最新の内部構造を持つに至っていますが、これがずいぶん新型Gクラスの印象を違ったものにしているようです。

そしてボンネットのカドが取れているのも新型Gクラスの特徴。

IMG_2150

その他モールやフロントバンパー、グリルなど、たしかにほとんどの部分が新しくなっているようですね。

新型Gクラスのインテリアを見てみよう

インテリアは外装に比べると変更の範囲が広く、やはりその最たる例は液晶メーター、そしてインフォテイメントシステムをコントロールするタッチ式パネル。
これは12.3インチの液晶を二つ連結したもので、見た目からしてスペクタクルです。

IMG_2164

なおインテリアについては、目に見える部分で「先代からキャリーオーバーされたのは」サンバイザーのみだそうですが、直線基調のデザインやグラブバー、各スイッチの位置を継承しながらも、各部が最新の意匠へと置き換えられることに。

IMG_2166

全体的に先進性と豪華さを感じさせるものですが、「重厚な豪華さ」というところでは従来型に軍配があがるかもしれません。

左右シート間の距離が広くなったこともトピックではあるものの、これは車幅が広くなったことに起因するものでしょうね(オフローダーらしくシートが外側に出されている)。

IMG_2165

乗車したときに目に入る、「極端に短いダッシュボード」、「手が触れることができる位置にあるフロントウインドウ」も従来型と同じ。

IMG_2156

新型Gクラスに乗ってみよう

なお、新型Gクラスに乗るのはこれで2回目。
ただし前回は後部座席に乗ってその悪路走破性を体験するというもので、自分で運転するのは今回が最初です。

新型メルセデス・ベンツGクラスに試乗してきた!バンク、ブリッジを使用して極限性能を体感する

ドアをアンロックすると(従来型と同じく、ガッシャーン!と大きな音がしてアンロック。ロックされる時も同じ)プロジェクターによってメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターが足元に。

IMG_2144



さらにドアを開けると美しく光るイルミネーテッドシルプレート。
さらにダッシュボードやセンターコンソールなど内装は美しくライトアップされ、室内は従来型Gクラスとは「別世界」です。

IMG_2158

運転席の座面位置は高く、「よいしょ」という感じで”乗り込む”スタイルは従来型ならでは。
そしてドアを開けるときにボタンを親指で押し、そしてドアを閉めるときの「ガッキン!」という音も従来型と一緒。
このあたり、従来型からの乗り換えでも違和感を感じない部分かもしれません。

シートは柔らかく、非常に座り心地が良いもの。
これはメルセデス・ベンツ伝統の美点でもありますね。

IMG_2163

メルセデス・ベンツGクラスで走ってみよう

そこでエンジンを始動させますが、その瞬間「おっ、けっこういい音」と声が出るほどのナイスサウンド。
AMGではないG550でこのサウンドであれば、AMGモデルはさらにすごい音が出そう(しかもAMG G63はサイドマフラーだ!)。

シートやミラー、ステアリング位置を合わせていて思うのは、「メルセデス・ベンツは、はじめて乗る車であっても、操作したいスイッチがどこにあるかが直感的にわかる」ということ。
それはドアパネルに設けられるシート調整スイッチが端的に表すことになりますが、これもやはりメルセデス・ベンツの良き伝統ですね。

IMG_2168

そしてコラム式のシフトレバーを「D」に入れて早速スタート。
走り出して思うのは「乗り心地が最新になったな」ということ。

完全に高級車という表現がぴったりで、振動やノイズが相当低いレベルに抑えられていて、足回りも「しっとり」。
これは従来型で感じた印象と比較すると相当に衝撃的で、にわかにGクラスに乗っているとは信じられないほど。

それはカーブを曲がる時も同じで、従来型のようにステアリングホイールを戻さなくても、普通の車にように「ステアリングホイールが中立に」戻ってくれます。

IMG_2167

そしてしばらく乗って思うのは、「さすがはGクラス」。
視界が高くて周囲を見渡しやすく、Aピラーが立っているので左右斜め前の死角がほぼなく、特筆すべきはサイドウインドウの位置が低いこと。

上の画像を見るとわかりますが、ダッシュボードからかなり低い位置にサイドウインドウの下辺があり、これによってかなり良好な視界を得られます。

このあたりは「39年間の」存命中に培ったノウハウだと考えてよく、新型Gクラスでは従来型の美点がすべて反映されていると言えそう(そのために大きく形状やデザインを変えなかったのかも。姿形を変えると振り出しに戻ってしまう)。

もともとGクラスは軍用としてのルーツを持ち、そして軍用であったがために「実用性」を最優先に考えたため、おそらく外観は「変えなかった」というよりも「変える必要がなかった」と思われ、つまり39年前の初登場時ですでにGクラスは完成されていたのかもしれません。

逆にインテリアの一部など「変えるべきところ」は変えてきているので、外観は本当に「変える必要がなかった」のでしょうね。

IMG_2152

実際に自分で運転して見ての印象としては、これまでのGクラスのいいところをすべて残しながらも、インターフェースや乗り心地、快適性を最新へとバージョンアップしたというもので、加速・減速、ブレーキのタッチ、ハンドリングどれをとっても気難しさはなく、「意のままに」操れるという印象があります。

慣れてきたところでドライブモードを「スポーツ」に入れると、スロットルレスポンス、シフトタイミング、エキゾーストサウンド、ブレーキタッチ、ステアリングの重さなどが変更されますが、印象としては「スポーツ」モードに入れた時のドライブフィールがちょうど、従来型Gクラスの「ガッチリ」したイメージに近い、というもの。

ちなみに「スポーツ」に入れるとエキゾーストサウンドはV8っぽいドロドロしたサウンドになり、さらにシフトダウン時に空ぶかしが入るなど性格は激変。
「G550でこの音や走りを持つのなら、G63はいらないだろう」と思わせるにじゅうぶんで、とにかくG550のスポーツモードは刺激的です。

IMG_2161

なお、コンフォートであってもピッチ/ロールは非常に小さく、姿勢は常にビシリと安定していて、背の高さに起因する不安定さが微塵もないのも「やはり39年の積み重ね」だと言えそう。

メルセデス・ベンツは新型Gクラス発表前から「GクラスのDNA」をかなり強くアピールしていましたが、新型Gクラスは実際に正真正銘「従来型GクラスのDNA」を受け継いでおり、さらにテクノロジーによってそのDNAを強化したと考えてもよく、現時点での”Gクラスの集大成””Gクラスのひとつの到達点”と言えるかもしれません。

ぼくは、新型Gクラスについて、「現在、市場はSUV過密であり、Gクラスは商業上の理由、つまり他では持ち得ないルックスを売り物にして販売を有利にするためにデザインを変えなかったのだろう」と考えていたものの、今回の試乗でその認識は一変。

上述のように「変わらなかった」のは「変える必要がなかった」からであり、変える必要がある部分だけを変えてきたのが今回の新型Gクラスだと考えるに至っています。

そう思うと、やはり新型Gクラスは「フェイスリフト」なのかもしれませんね。

 

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す