BMWアビダビがまたしてもカスタムされた7シリーズ公開。今回は濃いピンクの「ワイルドベリー」




| 今度は”ワイルドベリー”。21インチホイールがナイス |

BMWアブダビが740Liのカスタムカーを公開。
カスタムといってもBMWの純正カスタムプログラム「インディビデュアル」でカスタムしたもので、まずはMスポーツパッケージを装着した上でボディカラーには「ワイルドベリー」を選択。
さらにはクロームパーツをダーク仕上げに変更する「シャドウライン」も装着しており、このおかげで落ちる板雰囲気となっているようですね。

全体的にエレガントな仕上がりに

なおホイールは21インチで、メタリックグレーとCNC加工とのツートン。
ボディサイドのパーツ(通称”ホッケースティック”と言うらしい。知らなかった)もブラック仕上げですね。

BMW-7 (5)

ポルシェやメルセデス・ベンツ、アストンマーティンはオプションにてヘッドライトやテールランプを「ダーク仕上げ」にできますが、BMWはそういった仕様を見たことがなく、しかしこの7シリーズだと「ヘッドライトがブラック」であればかなり引き締まったルックスとなりそう。

BMW-7 (4)

リアはこんな感じ。
やはりテールランプがダーク仕上げであれば、と思います。

BMW-7 (3)

そしていつも通り、サイドやリアには「スモークフィルムなし」。
アブダビは相当に日差しが強い地域ですが、BMWアブダビの後悔する車両にはどれもスモークが貼られていないのは非常に”謎”。
もしかすると禁止されているのかもしれませんね。

BMW-7 (1)

インテリアはルクソベージュにウッドトリム。
アッパーやステアリングホイールはブラックですが、ここがパープルだったりするとかなり良さそうだ、と思ったり。



BMW-7 (6)

ロングホイールベースだけあってリアは「エグゼクティブラウンジ」仕様。

BMW-7 (7)

BMWアブダビは他にこんな7シリーズも公開

なお、BMWアブダビは他にもカスタム色の強い7シリーズを公開。
そして驚くのは、これらは顧客の注文ではなく、どうやらBMWアブダビが「在庫車として販売するために」仕入れている、ということ。

つまりこういった仕様をわざわざBMW本社に発注し、それをショールームに展示して販売するということですが、こういった仕様を「在庫する」とはかなり思い切ったな、と思います。

そしてこちらは「ローズクォーツ」のBMW 7シリーズ。

BMWアブダビが「かなり珍しい」ピンクのBMW 7シリーズを公開。内装はホワイト

ちょっと変わった色味の「ボストン・グリーン」。
BMWもE46初期あたりまではこういったグリーンを見かけたものですが、最近はグリーンを選ぶ人がめっきり減ったようですね(そもそもラインアップされていないのかも)。

世界最大のBMWディーラー、BMWアブダビがカスタム/オプション満載の7シリーズを公開

7シリーズではなく、「アルピナB7」ですが、なんとも思い切った「ジャバ・グリーン」。

BMWアブダビが今度はアルピナ出してきた。B7の巨体に明るい「ジャバ・グリーン」

こちらも一風変わった「チェスナット・ブラウン」のアルピナB7。

BMWアブダビがブラウンの洒落たアルピナB7を展示。ところでアルピナって?

VIA:BMW ABU DHABI-FACEBOOK

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す