この日産ジューク欲しい!フィリピンのカスタムショップがジュークを「エクストリーム仕様」に




| オフロード仕様はいつも憧れ |

フィリピンはケソンにて、カスタム/チューニングショップを営む「オートボット・オートワークス」。
オフロード系カスタムが得意で、これまでもフォードF-150や三菱アウトランダー等のワイルド系カスタムを公開しています。

そして今回リリースされたのは日産ジュークのオフローダー仕様ですが、これがなんとも魅力的。

日産ジュークがオフローダーに変身

オリジナルの(歯車風?)オーバーフェンダー装着にリフトアップ、ホイールとタイヤをオフロード仕様に。

nissan-juke-autobot (4)

フロントだとバンパーにLEDライトバー、ルーフにもバーに並んだLEDランプが追加されています。
ボディカラーは「マットレッド」で、これまたワイルドな雰囲気ですね。

nissan-juke-autobot (3)

このカスタム・プロジェクト名は「レディ・バグ」。
フィリピンだとけっこうオフロードも多そうで、実用的なカスタムと言えるかもしれません。

nissan-juke-autobot (2)

オートボット・オートワークスではほかに給排気系やブレーキなど足回りのチューンも手がけており、かなり幅広い守備範囲を持つようです。

↓けっこうハミタイ

nissan-juke-autobot (1)

ほかにもある、オフロード系カスタム

なお、こういった「オフ車系」カスタムは万国共通で人気がある模様。
日本では現在下火ですが、一時はリフトアップしたハイラックスが走り回っていた時期があり、もしかするとエクストリーム系がまた流行る日がやってくるのかも。

こちらはマツダ・ロードスターをオフロード仕様へと改造したもの。



またまた出てきたマッドマックス風カスタム。今度はマツダ・ロードスターを魔改造

こちらはシボレー・ブレイザーの車体にコルベットのボディを載せた魔改造。

【魔改造】なぜ?コルベットをスーパーオフローダーに。リアにはカーゴスペースも

こちらはけっこう有名な、「ベントレー・コンチネンタルGT ラリー・エディション」。
ユーザーが勝手に作ってしまったクルマですが、ネット上にて相当な話題に。
オフローダーであっても上質な内装を求めたり、パワフルな走りを楽しみたいというのは「当然」だと思います。

また出たベントレー・コンチネンタルGT魔改造。ベンテイガもびっくりのオフローダーに

こちらは詳細不明ですが、BMW 7シリーズを超絶オフローダーに。
もちろん、こういった改造を行うのはロシア人です。

【動画】ロシアより愛を込めて。BMW 7シリーズを超ワイルドなオフローダーに。販売も可能

そしてもともとのオフローダーをさらにスケールアップしてしまう例も多く、こちらはジープが自ら純正パーツを使用してカスタムした例。

ジープが自社によるカスタム・ラングラー公開。純正パーツでここまで出来る

「アレス・デザイン」がランドローバー・ディフェンダーをさらにエクストリームに。

「パンテーラ」を復活させたアレス・デザインが今度はランドローバー・ディフェンダーをカスタム。「究極の豪華さと走破性」

そして「キャンプ」「サバイバル」もアメリカでは人気のあるカスタム。
日本だと「オフロード系カスタム」と「キャンピングカー」は市場や顧客が全く異なるように思いますが、どこかでそれらの「接点」ができれば、一気にこういったカスタムも増えてきそう。

ジープ・ラングラーのキャンピングカー。ストーブ、ソーラーパネルも装備するハードカスタム

VIA:Autobot Autoworks

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す