阪急メンズ館にはフェラーリ・ポルトフィーノ展示中!オプション満載の細部を見てみよう




| 阪急メンズ館にてフェラーリ・ポルトフィーノが展示中 |

さて、阪急百貨店にてランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターが展示される一方、阪急メンズ館では「フェラーリ・ポルトフィーノ」が展示中。

阪急百貨店「ウォッチエキスポ」に行ってきた!ランボルギーニ・アヴェンタドールSも展示中

ポルトフィーノはぼくの考える「もっともイケてるフェラーリ」であり、同時に「もっとも欲しいフェラーリ」でもあります。

ぼくは「ミッドシップスーパーカー」という観点だとランボルギーニに軍配をあげており(つまりフェラーリはランボルギーニの代替ではなく、ランボルギーニに”プラス”されるべきクルマ)、よってぼくがフェラーリに求めるのは、ランボルギーニとは異なる「グラントゥーリズモ」としての性格。
そして、その意味において自分にとって「ベスト」なフェラーリがポルトフィーノ、だと考えているのですね。

【試乗:フェラーリ・ポルトフィーノ】さらに快適、さらにアグレッシブ。コイツは新世代のフェラーリだ!

フェラーリ・ポルトフィーノの細部を見てみよう

そこでフェラーリ・ポルトフィーノですが、何度見てもこれは素晴らしいクルマ。
フェラーリらしい優雅さを持ち、しかも高い運動性能を予感させる躍動感を感じさせ、さらにはクローズド、そしてオープン両方を楽しめるというオマケつきです。

L1050519

サイドにはエアフロー改善のためのスリット入り。
マクラーレンやアストンマーティンにも採用される、最新の構造でもありますね。

L1050505

フロントも空気の流れが目に見えるかのような構造やエアロパーツを持っていて、高いエアロダイナミクス性能を備えているということがわかります。

L1050495

リアエンドはこう。
ワンオフモデルのようなエキゾチックなスタイルですね。
リアミッドエンジンではないために排熱の為のダクト等がなく、かなり「すっきり」。

L1050517

リアバンパーにはプランシングホース(跳ね馬)。

L1050515



ドアミラーは新形状。
ステーもグロスブラック仕上げとなり、細部に到るまで高いデザイン性を持つこともポルトフィーノの特徴。

L1050504

リアディフューザー下部など、普段見えないところにまでフィンが配置され、これはやはりフェラーリのバックボーンはF1にある、ということを再認識させられる部分です。

L1050513

テールパイプ内部はふジェット戦闘機のバーナー風。

L1050512

この個体にはカーボンパーツが「これでもか」というほど装着されており、フロントスポイラーや・・・

L1050496

テールランプ脇のガーニッシュまでカーボンファイバー。

L1050507

インテリアにもカーボンパーツや、ステアリングホイール上のインジケーターなどオプション満載。

L1050509

若干プランシングホースが隠れるものの、ナンバープレートの位置もかなり良好ですね。

L1050503

なお、ナンバープレートのボルトはちょっと気になった部分。

L1050498

どうやらコーンズさんのオリジナルのようで、「CORNES」のロゴ入りワッシャーとヘキサボルトが使用されています。
ここはさすがコーンズさんといったところで、やはりフェラーリにはこれくらいの質感を持つボルトでないと「釣り合わない」と感じさせられる部分ですね。

L1050524

その他の画像はFacebookのアルバム「フェラーリ・ポルトフィーノ」に保存中。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す