【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの試乗レビュー続々!ボディカラーも各種出揃う




| 色とりどりのランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがサーキットに揃う |

ランボルギーニはその最新にして最高のパフォーマンスを持つモデル「アヴェンタドールSVJ」を発表したばかりですが、そのメディア向け試乗会が早速サーキットにて開催されることに。

今回のイベントではジャーナリストのみではなくユーチューバーも呼ばれており、おなじみSHmee150氏もここへ参加。
なおSHmee150氏は様々なイベントに参加していますが、動画を公開する速度も「最速」レベル。
このスピーディーさも人気の理由なのでしょうね。

900台限定、5,154万円。ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがついに登場。63台限定のスペシャルモデルも

会場には過去の「SV」モデルも

なお、試乗イベントの会場では過去の「SV(スーパーヴェローチェ=Super Veloce)」も。
こちらはランボルギーニ・ミウラSV。
かなり珍しいボディカラーですね。

lamborghini-aventador-sv2

ランボルギーニ・ディアブロSV。

lamborghini-aventador-svj

ランボルギーニ・ムルシエラゴLP670-4SV。
このストライプの入ったカラーリングを見るのは初めて。

lamborghini-aventador-sv12

そしておなじみ、ランボルギーニのカスタム・プログラム、「アドペルソナム」の紹介コーナー。

lamborghini-aventador-sv14

アヴェンタドールSVJを使用したレーシングシミュレーターも。

lamborghini-aventador-sv13

試乗イベントに集合したランボルギーニ・アヴェンタドールSVJはこんな感じ

こちらは試乗イベントに集められたアヴェンタドールSVJ。
左はミウラに採用されていたヴェルデ・スキャンダル(Verde Scandal)、右はアヴェンタドールSVJのイメージカラーでもある、マットグリーンのVerde Alceo。



lamborghini-aventador-sv9

アヴェンタドールSVJはこれまでのランボルギーニに比較すると非常にボディカラーの選択肢が多く、上のヴェルデ・スキャンダルのほか、ランボルギーニ30周年記念モデル「ディアブロSE30」に採用されたパープル「ヴィオラ30°(Viola30°)」など、ヒストリックカラーが登場しているのも大きな特徴です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのコンフィギュレータ公開。カラーは49色、オプションも見てみよう

ちょっとピンクっぽく見えるレッドはロッソ・ヴィア(Rosso Via)?

lamborghini-aventador-sv8

こちらは戦闘機モチーフのグリージョ・テレスト(Grigio Telesto)。
グレーのボディカラーにオレンジのブレーキキャリパー、ブロンズのホイール、インテリアにもオレンジアクセントという、なんともエキゾチックなカラーリング。

lamborghini-aventador-sv7

これはViola Aletheia?
ちょっとパープルがかったブルーですね。

lamborghini-aventador-sv19

「ヴェルデ・スキャンダル」内装。

lamborghini-aventador-sv3

ホワイトの「Sライン」内装。

lamborghini-aventador-sv5

アヴェンタドールSのメーター表示はこんな感じ。

lamborghini-aventador-sv4

それでは動画を見てみよう

こちらがSHmee150氏による、アヴェンタドールSVJのサーキット走行レビュー、「THIS is the New Lamborghini Aventador SVJ! | TEST DRIVE」。
ニュルブルクリンク最速の座を奪い取ったマシンでもあり、どこをどうとっても「間違いのない」クルマであるようですね。

そしてオーストラリアの「Drive」がアップする、「Lamborghini Aventador SVJ 2019 Review」。

 

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す