新型ポルシェ911GT3の最新スパイフォト。前後フェンダーの張り出しは「スーパーカー」レベル




| 新型ポルシェ911(992)GT3がニュルを激走中 |

おそらくはパリ・モーターショーにて発表されるであろう新型ポルシェ911(992)ですが、その新型ポルシェ911”GT3”とみられるプロトタイプがニュルブルクリンクでテスト中。

前後バンパーに分厚いカモフラージュが施されているところから、市販モデルの姿を知るのは困難ではあるものの、前後フェンダーが大きく張り出していることがわかります。

まだまだ残る新型911GT3の謎

なお、このプロトタイプではこれまでGT3に採用されてきた「ステーつき」のリアウイングではなく、通常の911カレラ同様に「ポップアップ」式のリアウイングを採用しているように見られます。

ただしこれも市販モデルでは「これまで同様」ステー式に改められる可能性もあり、まだまだ「わからない」部分。

porsche-911-gt3-spy-photo (3)

なお、このカモフラージュを見るに、本来期待するエアロダイナミクス効果を得ることは難しく、よってこの車両は運動性能とは別のテストを行なっている可能性もありそうですね(フェンダーの内側にいくつか、白いプレートが取り付けられている)。

porsche-911-gt3-spy-photo (2)



そしてもうひとつ気になるのは、新型911GT3のエンジンが「ターボなのか、自然吸気なのか」。
ウワサではターボ化されると言われるものの、ハイパフォーマンス系ターボモデルの特徴でもある「リアフェンダー上のエアインテーク」がなく、リアバンパーに設けられているであろう排熱用のダクトにはカモフラージュのためにパネルが貼られており、ということは「吸気や熱」に対する要求が自然吸気エンジンに比べて厳しい「ターボエンジン」搭載ではないのかも。

porsche-911-gt3-spy-photo (1)

いずれにしてもポルシェのことなので、期待や想像をはるかに超えるパフォーマンスを持たせて来るであろうことは間違いなく、ターボエンジンを搭載したとしても「誰もが納得する」レスポンスを持つことは間違いなさそう。

それにしてもこの前後フェンダーの張り出しようは圧巻としか言いようがありませんが、992世代の911はパフォーマンスだけではなく、ルックスも「スーパーカー」と呼べる次元に踏み入れることになりそうですね。

前回の「公道」に続き、新型ポルシェ911GT3と思われる個体が目撃されるのはこれで2度目ですが、カモフラージュは以前と同じまま(ただしホイールのカラーが異なる)。

新型911GT3の外観が明らかになるには、もうちょっと偽装が軽くなるまで待つ必要がありそうですね。

新型ポルシェ911GT3(992)が初めて捕捉!意外とシンプルな外装なるもロールバー装着

VIA:Motor1

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す