新型スープラ開発主任「レース用、公道用の軽量モデルを投入したい。標準でもケイマンと同等レベルにはある」




| 新型スープラには「レース用」「公道用」軽量バージョンを投入? |

新型トヨタ・スープラの開発担当にしてGazooRacing Company GR開発統括部チーフエンジニアである多田哲哉氏が英国Top Gearに語ったところによると、「重量を削った、サーキット専用スープラを作りたい」とのこと。
あくまでも「我々トヨタは(WE)」ではなく「私(I)」は、という表現ではありますが、実際に多田氏のチームは「100キロ軽量化した」レーシングバージョンの試作に取りかかっているようです。

おそらくスープラのレースバージョンは実現しそう

なお、現在トヨタはモータースポーツに注力しており、かつ新型スープラはそのイメージリーダーとして有効に機能しうる可能性が大きい、と考えています。

これだけ世界から注目されているクルマもそうそうなく、これを活用しなければほかにどのクルマを使うの?とも考えていて、「Gazoo」通じモータースポーツイメージを強化しているトヨタにとっては「最強の武器」となるのかもしれません。

現在、多田哲哉氏のチームが試作しているのは「レーシングバージョン」で、これは多田哲哉氏いわく「ベースモデルとはまったく別モノで、パワーアップも必要ないほどの」パフォーマンスを発揮する、とのこと。

参加を想定しているのは「LM-GTE」クラスですが、ここはアストンマーティン・ヴァンテージGTEや、BMW M8 GTEの参加する「競争が厳しい」クラスであり、かつ改造も制限(GT3など、ほかのクラスに比べると範囲は大きい)されるのでベースとなるクルマのポテンシャルが問われるところですね。



さらに同氏は「スープラの軽量バージョンについて、このレーシングバージョンに加えて公道走行可能なモデルも検討中」としており、しかしこの「公道走行可能な軽量バージョン」については、各国の規制に対応させることでなんらかの妥協が生まれるであろうことも懸念すると同時に、「日常が失われる」ほどスパルタンなモデルとなる可能性も示唆(登場するとなると”GRMN”ブランドからか)。

加えて多田哲哉氏は、この「軽量バージョン」が登場しようとしまいと、新型トヨタ・スープラのスタンダードモデルはポルシェ718ケイマンをベンチマークとし、「完全に同等のパフォーマンスを誇る」とも述べています。

実際に新型スープラの開発時にはポルシェを基準にしたことが知られていますが、どこまでミドシップであるポルシェ・ケイマンに迫れるのかは見どころでもありますね。

新型スープラ開発時。トヨタ「ポルシェに勝てるクルマを作ろうぜ!」BMW「ああそう・・・」

新型トヨタ・スープラのポテンシャルは高い

とにかく現時点で新型トヨタ・スープラは謎の多いクルマ。
共同開発が行われたBMW Z4はすでに公開されており、そしてそのニュルブルクリンクでのラップタイムがM2よりも速い「BMW歴代3位」を記録したことで世間を驚かせていますが、そんな中でさらに高まるのが新型スープラへの期待。

新型BMW Z4がニュルにて7分55秒を記録し「BMW歴代3位」へ。M2より3秒も速いタイム

発表時期すら定かではない新型スープラですが、これだけ「引っ張った」からには周囲を落胆させることはできず、トヨタ側のプレッシャーも相当に大きなものかもしれませんね。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す