今度はホワイト!新ブレーキ「PSCB」装着の新型ポルシェ911(992)が目撃。なお次期911GT3はターボ化?




| 新型ポルシェ911はなかなかにエキゾチック |

つい先日、レッドとブルーメタリックのプロトタイプが目撃されたばかりの新型ポルシェ911(992)ですが、今回はホワイトの個体が目撃に。

前回はおそらく「911カレラS」で、それぞれ何らかのパッケージ装着済み/非装着と思われる車両でしたが、今回はまた別の仕様を持つようです。

新型ポルシェ911(992)が2台も目撃!それぞれホイールやFバンパーが異なり、新型911は仕様違いが多い?

先日の911はレッドの方が「尖ってないフロントスポイラーにマフラー4本出し」、ブルーでは「尖ったフロントスポイラーにオーバルマフラー2本出し」。

そして今回は「尖っていないフロントスポイラーにオーバルマフラー2本出し」。

porsche-911-white-spy-shots

ホイールはグレー、リヤワイパーなし、サンルーフ装着、ウインドウモールはシルバー。

porsche-911-white-spy-shots (3)

そして特筆すべきはブレーキキャリパーで、これは「ホワイト」のように見えます。

これは新型カイエン発表とともに登場したPSCB(ポルシェ・サーフィス・コーテッド・ブレーキ)だと思われますが、このブレーキはディスクにタングステンカーバイドコーティングを施すことで、カーボンセラミックブレーキと同等の制動力と熱安定性を誇り、かつ「ローターが錆びず、ダストも出ない」という夢のようなブレーキシステム。

porsche-911-white-spy-shots (2)

オプション価格はセラミックブレーキ(PCCB)の半額程度で、重量こそは基本的にスチールローターなので軽くはならないものの、とにかく魅力的なオプションだと思います。※ポルシェによる解説はこちら

ちなみにこのPSCBのキャリパーが白いのは、「絶対にダストで汚れない」とポルシェが自信を持っているからで、実際の性能やダストがどんなものかが気になりますね。

なお、ポルシェはブレーキの種類やグレードによってキャリパーの色が異なり、ベースグレードは「ブラック」、そしてスチールローターのハイパフォーマンス版になると「レッド」、カーボンセラミックブレーキは「イエロー」、そしてこのタングステンカーバイドコーティングは「ホワイト」、ハイブリッドモデルは「アシッドグリーン」。



フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、アストンマーティンはキャリパーのカラーを自由に選べますが(オプションなので追加費用が必要)、ここはポルシェとほかハイパフォーマンスカーメーカーとの差異があるところ(つまりポルシェの”方程式”はほかメーカーとは異なり、絶対に崩せない壁がある)。

porsche-911-white-spy-shots (1)

ちなみにこのホワイトは「キャララホワイトメタリック」と思われ、新型911にはけっこうマッチしているようです。

ぼくは基本的に「ポルシェにホワイトはあまり似合わない」と考えていて、それはポルシェが鋭いエッジを持たないので(ホワイトだと)ボディに陰影がつきにくいため。
よってポルシェにはイエローなど波長の長い色や、深みのあるメタリックの方が似合うと考えていたのですが、新型911ではブラックパーツが多く、それらとのコントラストが強く出ること、また一部に直線が用いられたデザインとなっていることを考えるに、無機質なホワイトがよく似合うのかもしれません。

新型ポルシェ911GT3はついにターボ化?

なお、これまで新型911についてはベースグレードの「911カレラ」から「ターボ」「GT3」、そしてカブリオレも目撃。
現時点でこれだけ多くのプロトタイプが精力的に走り回っているということは、ほぼ同時期に複数グレードが登場することを意味するのかもしれませんが、なんといっても気になるのは「次期911GT3が自然吸気エンジンを継続するかどうか」。

最近になって英国Autocar報じるところだと、「ポルシェモータースポーツ部門の関係者筋」の話だとして、次期911GT3のエンジンは4リッターターボとなり520馬力を発生する、という話。

これが事実であれば現行911(991)の500馬力から大きく出力向上を果たすことになり、かつターボによる強大なトルクを獲得し、性格も同時に変わるのは必至だと思われますが、スパイフォトを見る限りでは「ターボ化によってもたらされる発熱」を逃がすためのダクト、そもそもの吸気用インテーク増設が見られず、自然吸気エンジンを継続する可能性も。

新型ポルシェ911GT3(992)が初めて捕捉!意外とシンプルな外装なるもロールバー装着

もしくは「911ターボ」との差別化もあり、ツインターボではなく小さなシングルターボにてNAエンジンの持ち味を損なわないようなセッティングになるのかもしれませんが、となると得られる馬力の割に重量増加という損失が大きく、とにかく謎は深まるばかり。

一方で911ターボは520馬力から580馬力へとパワーアップすると言われ、911シリーズもついに「スーパーカー」とも言える数字を獲得することになりそう。

なお、新型911についてはモデルライフ後期に「ハイブリッド」が投入されることが決定しており、これは94馬力のエレクトリックモーターとの組み合わせで484馬力を発生、とも見られているようですね。

VIA:Motor1

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す