注文してしまいそうな勢いのフェラーリ・ポルトフィーノ。まずは仕様を考えてみた




| 自分仕様のフェラーリ・ポルトフィーノを作ってみた |

さて、先日試乗したフェラーリ・ポルトフィーノ。
デザイン的には今までのどのフェラーリよりも好みに近く、ドライブフィールもそれは同様。
よって、試乗した後に「ちょっと銀行行ってくる」という感じで預金残高と動かせるお金を確認したのは事実ですが、勢いに乗って注文しそうになったクルマでもあります。

ポルトフィーノは納車待ち「2年」

近日中にディーラーさんにて正確な見積もりを出してもらおうと考えていますが、まずはカーコンフィギュレーター上でサクっと「自分仕様」を作ってみたのでここで紹介。
なお、オンラインカーコンフィギュレーターではオプションの価格がわからず、かつディーラーにあるコンフィギュレーターより簡素化された内容になっているとのことなので、正確な価格を知ったり仕様を決めるには、やはりディーラーさんへゆく必要がありそうです。

もしポルトフィーノを注文するとなると、いっちょ買うかと考えて始動させたばかりの「ポルシェ718ケイマン購入計画」をいきなりキャンセルして資本をこちらに集中することになりますが(しかも今週中に購入を決定すべき案件も登場)、今のところぼくを押し留めているのは「2年」とされる納車までの待ち時間。

フェラーリ・ポルトフィーノの仕様はどうする?

ボディカラーは27色

フェラーリ・ポルトフィーノのボディカラーは27色。
イエローは一色、オレンジはなし、そのかわりレッドは色調を変えて5色も揃います。
そのほかシルバーからブラックまではグラデーションのように小刻みに、そしてブルーからネイビーまでも同様に数色揃っており、選択肢が多いと言えども「色の系統」で考えると意外や少ないのがフェラーリで、バリエーションに富むマクラーレン、アストンマーティン、ランボルギーニとはかなり異なる構成となっています。

ぼくが選んだのは「ジアッロ・モデナ(イエロー)」。
イエローが好きだということ、フェラーリのカンパニーカラーがイエローということで選んでいますが、リセールがレッドとホワイトに比べて落ちる、ということも認識した上での選択。

ホイールは6種類

ホイールの選択肢はこんな感じ。
正直ブラック以外のホイールは考えておらず、かつ「鍛造」は外せないために「20インチ鍛造 ペイントリム」を選択。
画面上だと「マットブラック」っぽい感じですが、個人的にはグロスブラックが好みです。

ferrari3

ブレーキキャリパーは9色から選べる

ブレーキキャリパーはイエローをチョイス。
ぼくは「そのクルマに存在するカラーは可能な限り少なくする(最大で三色)」ということを常々考えているので、キャリパーもボディカラーと同じ色を選びたいと考えていますが、たとえばボディカラーにレッドを選んだ場合はレッドのブレーキキャリパーを選ぶだろう、と考えています。



ferrari5

インテリアはレザー9色

内装選択肢の多さはフェラーリならでは。
ここはランボルギーニやマクラーレン、アストンマーティンよりもずっと多く、かつステッチや部位ごとの色指定も細かくできますね。

ブラックをベースに、ダッシュボードとデイトナシートのセンターにイエローのラインを入れたかったものの、そういったオプションは無い模様(ディーラーのコンフィギュレーターにはあるのかも)。
ここはひとまずブラック内装を選んでいます(ほかにイエローに似合いそうな色はネイビーくらい)。

ferrari9

ほか、ステッチ19色、カーペット9色、シートベルト8色など選択ができ、さらには「ドアパネルセンター」「ステアリングホイール」「センタートンネル」「アッパーパート」なども個別にカラーを選べます。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

フェラーリ・ポルトフィーノの仕様は暫定でこんな感じ

ざっと選んでみた仕様はこんな感じ。
正直、「かなり絞った」現実的な内容で、カーボン系はゼロ(それでも今の時点で価格はわからないので、ここからさらに”削る”可能性も)。

外装
スクーデリア・フェラーリ・シールド
マグネライド・デュアルモード・サスペンション
フロント&リアパーキングカメラインテリア
内装色:NERO
カーペット:NERO
シート:追加オプションなし
ステッチ:FILO GIALLO
レブカウンターカラー:イエロー

ferrari10

こうやって見ると、つくづく自分は「黄色と黒が好きなんだろうなあ」と改めて感じていて、これでフロントグリルのルーバー、サイドステップの黒い部分、リアバンパーの黒い部分をグロスブラックにペイントし、リアディフューザーのフィンにイエローのラインを入れればかなりイケてるんじゃないかと考えています(コストを考えると、そこまでは実際にはやらないと思う)。

ferrari11

インテリアはこう。
基本的にイエローとブラックで統一しています。

ferrari1

しかしこのままだと「寂しい」ので、エアコン吹き出し口のリング、ドアハンドルの付け根、ステアリングホイールのシルバー部分、センターコンソールのセレクタースイッチ周辺のシルバー部分については「イエロー」にペイントする可能性が大。

ferrari2

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す