【動画】フェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”の細部はこうなっている!カスタムに転用できそうな仕様満載




| フェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”の細部を動画にて |

「ハイ、ガイズ!アイムシメェー!」でお馴染みのユーチューバー、Shmee150氏がグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの会場からフェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”をレポートする動画が公開に。
フェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”は、ただでさえ入手困難な488ピスタの上を行くモデルで(スペックは同じだけどカラーリングが専用)、フェラーリのレースプログラムに参加していないと買えないというモデル(考え方を変えると、レースプログラムに参加すれば購入権が発生するので、普通の488ピスタよりも購入ハードルは低い?)。※”ピロティ・フェラーリ”は”フェラーリ・パイロット”の意味

フェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”はこうなっている

リアの跳ね馬(プランシングホース)はアタマ部分がスポイラー下部からニョッキリ露出。
モロに風の抵抗を受けないようにデザインはされていますが、それでも空気抵抗になるのは間違いなく、それでもこの位置に馬をもってきた理由は謎です。

ferrari9

カーボンファイバー製ホイール。
これは「標準装備」ではなくオプションだと思われます(公開されたオフィシャルフォトでは、普通のアルミホイールを装着している)。

ferrari8

フロントスポイラー、サイドウイング、リアディフューザー、リアウイングなどがカーボン製となっているのが特徴。
リアウイングをカーボンファイバーへと変更する、もしくはブラックにペイントするのは488ピスタオーナーの中でも流行りそうですね。

ferrari6



こちらはパドック。
フェラーリの現行モデルすべてが勢揃い!

ferrari4

テールパイプはチタン?っぽい感じ。
先日見てきた488ピスタとはちょっと違い色味のように思います。

ferrari3

リアディフューザーの奥にも小さなフィン。
ポルトフィーノのリアディフューザーにも複雑なエアロパーツが付与されていますが、このあたりはさすがF1コンストラクター、と思わせられるところ。

ferrari2

パドルにはイタリアントリコローレ。
このカラーリングもカスタムとして人気が出そう。

ferrari

それでは動画を見てみよう

こちらがフェラーリ488PISTAピロティ・フェラーリを紹介する動画、「The Ferrari 488 Pista Piloti is a Maranello Masterpiece!」

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す