新型ポルシェ718ボクスター・スパイダー最新スパイフォト。911スピードスターより入手難易度は低そうで「まだ買える」?




| 新型ボクスター・スパイダーの開発も大詰め? |

ポルシェ718ボクスター・スパイダーの最新スパイフォト。
もちろんプロトタイプをとらえたものですが、少しづつカモフラージュが外れてきているようですね。
全体的な印象は「そこまで過激ではなさそう」というものですが、これはほぼ同時期に発表されそうな「718ケイマンGT4」にしても同じで、先代よりはややおとなしい外観を持っているようです。

911スパイダーの影響で人気化?

フロントバンパーは718ボクスターGTSと同一のように見え、しかし最大の特徴はもちろんリアセクション。

boster-spider3

いわゆる「スピードスターカバー」っぽい形状でダブルバブルを持ち、コブの中間にはストップランプを内蔵。

boxster-spider

フロントこそ「さほど」過激ではないもののリアディフューザーは大型化していて、やはりこれも718ケイマンGTS同様。
ポルシェは911のレーシングカー「911RSR」をミドシップ化することでリアのエアロダイナミクスを向上させることに成功したとされていますが、そういったノウハウが新型718ボクスター・スパイダー、718ケイマンGT4に活かされているのかもしれませんね。



boxster-spider4

718ボクスター・スパイダー、718ケイマンGT4で最大のポイントとなるのは「エンジン」。
718ラインアップが基本的に「4気筒ターボ」へと移行している中、この2車は「自然吸気エンジン」を継続採用すると見られており、しかも911GT3に用いられる「4リッター・フラットシックス」が与えられるのでは、とも。
その際は「デチューン」されて500馬力を下回る出力に抑えられると見られているものの、先代(981世代)の375馬力、718ボクスターGTSの365馬力を上回るのは確実視され、400馬力から430馬力程度を発生する可能性が高い、と推測されています。

そしてもうひとつ注目されるのは「軽量化」。
スポーツシートの採用、電動ソフトトップ開閉機構の省略によって先代同様大幅な軽量化が期待でき、しかし「そこから」さらなる軽量化がなされるのかどうか、ということですね。

今のところ718ボクスター・スパイダーの発表時期やスペック、価格は未定であるものの、かなり近い時期に発表されそうな「911スピードスター」に比較すると入手難易度は低めだと思われ、しかし将来にわたって高い価値を発揮することは間違いなく、「買い」だと断言できる一台だと思われます。

VIA:CARSCOOPS

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す