ポルシェがあるコレクターを紹介。「ポルシェは乗るべきクルマであって、ガレージに保存しておくものではない」




| ポルシェはガレージに置いておくよりも乗るべきものだ |

ポルシェがそのオーナー向け機関誌「クリストフォーラス」のWEB版にて、カリフォルニア在住のポルシェコレクター、マット・ヒュンメル氏を紹介。
あわせて同士の所有する1956年製ポルシェ356 A 1600にも焦点を当てています。
なお、マット氏はポルシェコレクターではあるもののレアモデルを集めたり、それらを飾ったり、完全なレストアを行なってコンクール・デレガンスに出展するタイプではなく、「購入したポルシェは乗る」タイプ。

旧い車は必ずしもレストアせず、「旧い外観のまま」乗ってもいい

マット氏は「ポルシェは”乗る”ものであって、ガレージに置いておくためのものではない」とも。
先日のマグナス・ウォーカー氏も同様ですが、ポルシェは単なるコレクターではなく、実際にポルシェを自分の生活の一部として取り入れ、自分が思うようなカスタムを施して日常的に乗るオーナー像を理想としているのかもしれませんね(ポルシェの歴史や車のコンディションに過剰にこだわるような、ポルシェ中心のライフスタイルを望んでいない)。

加えて彼が乗るポルシェ356は「ピカピカにレストアした」ものではなく、過ぎ去った年月を感じさせるもの。
これについてもマット氏は「オリジナルに戻すようなレストアは考えていない。オレはただクルマがあるべき姿を維持したい。そう、その時代を映すタイムマシンのように」と語っており、年月がたった車はその年月を反映してしかるべき、と考えている模様。



彼のもつ他のコレクションは1986年製ポルシェ911カレラ3.2、1966年製の912、1958年製のポルシェ356Aスーパー、1952年製のポルシェ356カブリオレ(シャシナンバー続きで二台)。
マット氏はもともとクラシックカーやレアモデルのパーツを扱うディーラーを営んでおり、その関係で世界各地をパーツを求めて飛び回ることに。
その過程で出会ったのがポルシェということになりますが、彼曰く「昔のパーツを探していると、(供給や品質などを鑑みるに)最終的な選択肢はポルシェ以外にない」とのこと。

それでは動画を見てみよう

こちらがポルシェの公開した動画、「9:11 Magazine: Matt Hummel and „Don“, his Porsche 356 with a patina」。

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す