ルノーが「ルーテシアR.S.18」を50台、347万円で限定発売。抽選の申込みは今日から4日間だけ!




| ”クリオR.S.18”が日本でもルーテシアR.S.18として限定発売 |

2018 – Renault CLIO R.S. 18

ルノーが「ルーテシアR.S.18」を日本国内で発売。
価格は347万円、限定50台の発売となっており、ボディーカラーはノワール・プロフォン・メタリックのみ。
販売については限定台数に比較して多数の応募者が殺到すると思われるため「抽選」を採用し、5/17から5/21までという短い期間内で申し込みを受け付ける、と発表しています。

ベース車のわずか16万円プラスでこの仕様が手に入る

ルノーが「ルノー・スポール フォーミュラワン・チームの2018年型マシン R.S.18からインスピレーションを受けた」と語るとおり、ルーテシアR.S.18はルノーのF1マシンと同じネーミングを持ち、カラーも同様(黄色と黒が反転)。
ベースとなるのは「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」で、エンジンは変わらず220馬力ではあるものの、外観は大きく変更されてF1風インテークブレードフィニッシャー、ブラックルノーエンブレム、ブラックホイール、そして随所にあしらわれるジョン シリウス(イエロー)のアクセントが特徴に。



エンジンについては4速と5速で一時的にトルクを引き上げることができる「オーバーブースト」機能つき、とアナウンスされています。
なお欧州版(クリオR.S.18)のエキゾーストシステムはアクラポヴィッチ製ですが、日本版については特に記載はないので、設定がないか「オプション」なのかもしれません。

ルーテシア ルノー・スポール トロフィーの価格は329万円ですが価格の上昇幅は小さく、この特別感と極めて少ない限定数を考えても「買って損はない」モデルだと言えそう。

ルノー発表によるルーテシアR.S.18の特別装備は下記の通り。

・F1 タイプエアインテークブレード(ジョン シリウス M)
・ボディ同色サイドプロテクションモール(ジョン シリウス M フィニッシャー付)
・ジョン シリウス M センターキャップ
・ブラックルノーエンブレム(前後)
・フロントドアデカール(R.S.18 ロゴ入り)
・ルーフデカール(トライアングル&R.S.ロゴ)
・レザー&アルカンタラステアリング
・カーボン調エアコンベゼル
・R.S.ロゴ&シリアルナンバー入りキッキングプレート

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す