BMWが「X8」投入検討中?X7とカリナンとの中間に位置し、BMW史上もっとも高価で高級な車に




| サイズは異なれどボディ形状はX7同様? |

BMWはすでに「X7 iパフォーマンス・コンセプト」を公開していますが、その生産モデルとなる「X7」については未だ沈黙を守ったまま。
これはZ4や8シリーズも同様で、従って現在はウワサのみが先行している状態です。
そんなBMWですが、以前から「X7の上に位置するニューモデル、X8を発売するのでは」という話が何度となく浮上。
「8」という名称から「クーペスタイルを持つのでは」とも言われ、しかし今回出てきた最新のウワサだと「クーペスタイルSUVではなく、X7のラージサイズ」というものとなっており、まだまだ事実はわからない、といった感じですね。

BMWは相変わらず高級路線をひた走る

なおX8は中国市場をメインターゲットに据えており、そして中国市場の求める「巨大な室内空間」を実現するために大型化すると言われ、サイズ的にはX7とロールスロイス・カリナンとの中間あたりになる、とも(ロールスロイスも現在ではBMWと同じグループに所属)。

そうなるとX8はBMW史上もっとも高価で、そして最も快適で最も先進的なクルマとなりそうですね。
スペックは当然不明ではありますが、高レベルの自動運転機能を備え、パワートレーンはV8、そしてプラグインハイブリッドを持つ、と推測されています。



プラットフォームについて、ロールスロイスはその共有を(これまでの発言からするに)許さないと思われ、コスト的にもBMWの車とはマッチしないと考えられるので、7シリーズと同じ「CLAR」が使用されることになりそう。

ちなみに中国では「4リッター以上の排気量は税金が極端に高くなる」ために売れにくい傾向にありますが、BMWのハイパフォーマンスV8エンジンは「4.4リッター」であり、これは今後「排気量4リッターに収める」ための改良が必要かもしれませんね。

加えてBMWは件の「X7 iパフォーマンス」「コンセプト8シリーズ/M8/8シリーズ・グランクーペ」、そして「8シリーズ/M8カブリオレ」の投入を控えており、一気に高価格帯の車両が増えることに。

これはメルセデス・ベンツがAクラスはじめFFモデルを拡充し「若年層の取り込み」を重視しているのとは異なる戦略ですが(もっともメルセデス・ベンツは上位モデルの拡充も同時に行っている)、中国経済の崩壊(があるとすれば)とともにBMWも倒れてしまいそうで、ちょっと恐ろしいような気もします。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す