新型ハイエース5型 マイナーチェンジ(一部改良)!安全装備を充実させて2017年12月 新発売




フルモデルチェンジの情報が少しづつ出ている「ハイエース」が2017年12月頃に新型ハイエース5型にマイナーチェンジされることが判明しました。

ハイエースは2004年に200系として新発売され、抜群の人気を誇る車になります。

今回のマイナーチェンジでは安全装備「トヨタセーフティセンス」の採用とされていますので、今現在判明している情報まとめてみました。

新型ハイエース5型にマイナーチェンジ(一部改良)で搭載される安全装備

今回から採用される安全装備は「トヨタセーフティセンスP」と呼ばれるもので、ドライバーの安全運転をサポートしてくれる機能をセットにしたものです。

ミリ波レーダーと単眼カメラによって前方を監視して万が一の事故を防いだり、被害の軽減を行ってくれます。

プリクラッシュセーフティシステム

搭載されたレーダーと単眼カメラによって、前方の状況を常に監視してくれます。

万が一、車や障害物との衝突が迫った場合は、ブザーとディスプレイにてドライバーに警告

その際にブレーキ操作があった場合はブレーキ力のアシストが入ります。

ドライバーがブレーキ操作行わない状況でも自動ブレーキがかかり衝突回避または軽減

レーンディパーチャーアラート

単眼カメラによって道路線を感知します。

ドライバーがウィンカー操作を行わないで車線逸脱の恐れがある場合は、ブザーとディスプレイ表示で注意を促して車線逸脱の危険をお知らせ

オートマチックハイビーム

搭載された単眼カメラによって周囲の明るさや先行車のブレーキランプ、対向車のヘッドランプを感知して自動的にハイビーム・ロービームを切り替えます。

時速30キロ以上で動作して夜間ドライブの安全運転をサポート!

レーダークルーズ

搭載されたセンサーによって先行車との車間距離を自動的に保って、ドライバーがセットした速度内で減速・加速をしてくれます。

先行車発進お知らせ

ブレーキペダルを踏んで停止してる状態で、先行車が発進して4メートル以上離れたらブザーとディスプレイ表示でドライバーに教えてくれます。

 

以上の機能が新型ハイエース5型に採用される「トヨタセーフティセンスP」の内容になっています。

セーフティセンスにオンオフ可能

自動ブレーキはセンサーが誤作動して急ブレーキが掛かってしまい、大切な荷物を積んでいる場合が荷崩ればど起きる可能性がも少なからずあります。

しかし運転手の任意でオンオフできるので、そのような場合にはオフにしておいて荷物を積んでないときにはオンなどの使い分けが可能です。

ライバル キャラバンも自動ブレーキ採用

 

日産が販売する「キャラバン」も2017年7月の改良で自動ブレーキ採用してきました。

しかしキャラバンに採用されたのは自動ブレーキのみですので、トヨタセーフティセンスCの方が機能面では上回っています。

セキュリティ装備も標準装備

ハイエースといえば盗難率の高い車で有名です。

今回の新型ハイエース5型 マイナーチェンジによって全車標準装備となるのが「セキュリティアラーム」です。

4型までではディーラーオプション扱いでしたが、標準装備となることで少しは安心できます。

 

しかしハイエースの盗難対策はこれだけでは不十分なのでアフターメーカー製のものを組み合わせることをおススメします。

 

新型ハイエース5型 マイナーチェンジでエクステリアは?



 

4型のマイナーチェンジでLEDヘッドランプやグリルデザインを大きく変更しているので、5型ハイエースではエクステリアの大きな変更はないとされています。

ボディカラーの追加や細かい変更点はあるかもしれませんので、情報が入り次第お伝えします。

新型ハイエース5型 マイナーチェンジでエンジンは変更される?

マイナーチェンジに伴い、現行に採用されている「1KD-FTV」から「1GD-FTV」に変更されるようです。

これは12日にマイナーチェンジされたプラドに採用されているエンジンで、現行モデルより排気量は小さくなりますが、馬力・トルク共にアップしています。

また燃費も向上すると思われます。

  • 排気量:1GD-FTV型2.8L
  • 最大馬力:177ps/3400rmp
  • 最大トルク:45.9kgf・m/1600-2600rpm

排気量は小さいが1KD-FTVと比較すると最大出力33PS・最大トルク15.3kgmパワーアップになります。

 

4型ハイエースで搭載しているエンジンは以下になります。

  • 2.0L直列4気筒DOHCガソリンエンジン (1TR-FE型)
    最高出力:136ps/5,600rpm
    最大トルク18.6kgm/4000rpm,
    トランミッション:6速AT/5MT
  • 2.7L直列4気筒DOHCガソリンエンジン (2TR-FE型)
    最高出力:160ps/5,200rpm
    最大トルク24.8kg.m/4000rpm
    トランスミッション:6速AT
  • 3.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジン (1KD-FTV)
    最高出力:144ps/3,400rpm
    最大トルク:30.6kg.m/1200-3,200rpm
    トランスミッション:4速AT/5MT

 

エンジン変更による出力向上・燃費向上・乗り心地向上な度大幅に改善されるます。

4型ディーゼルの乗られている方が新型ディーゼルに乗り換えたら満足すると思われます♪

税金に変更なし

エンジンが変更になり排気量は下がりますが、2.5L以上3.0L以下の51,000円ですので毎年の税金に変更はありません。

新型ハイエース5型 マイナーチェンジの価格は?

安全装備である「トヨタセーフティセンスP」の採用によってガソリンモデルでは10万円前後の価格上昇が予想されます。

ディーゼルモデルはエンジンが変更になる兼ね合いで40万ほどの大幅アップの予定となっています!

しかし毎日仕事などで活躍するハイエースに安全支援システムが採用されれば、安心して仕事をすることが出来ますね♪

300系ハイエース フルモデルチェンジはどうなる?

今回のマイナーチェンジが2017年12月の予定ですので、300系ハイエースの登場はどうなるのか気になりますよね。

車雑誌の情報になりますが、300系ハイエースが販売されても暫く200系も販売を続けるとのことです。

300系ではセミボンネットになるとされているので、使い勝手が異なってしまったり現行のデザインなども人気ですので、継続販売の形になるようです。

 

安全装備もトヨタセーフティセンスPの採用が期待されるところで、どのように200系と違いを見せるか気になります。

300系ハイエースについても以下の記事にまとめています。

「300系 新型ハイエース フルモデルチェンジ!ハイブリットは搭載されるのか??」

ハイエース マイナーチェンジまとめ

「新型ハイエース5型 マイナーチェンジ(一部改良)!安全装備を充実させて2017年12月 新発売」はいかがでしたか?

やっとハイエースにも安全運転支援システムが採用されます。

フルモデルチェンジされても暫くは継続販売されるとのことなので、まだまだ200系の人気は続きそうです。

長距離移動など追従式クルーズコントロールを使用すると疲労軽減になりますので、仕事で毎日乗る車なので助かりますね。

またマイナーチェンジの情報が入ったらお伝えしますね♪

Source: 最新車情報「carパラダイス」




コメントを残す