2018年1月 新型ヴェルファイア、アルファードにマイナーチェンジ!セーフティセンスP採用で安全性向上。




トヨタが販売するフラッグシップミニバン「ヴェルファイア」・「アルファード」が2018年1月にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

今回のマイナーチェンジ内容は安全性能向上がメインになっており、セーフティセンスPを搭載してきます。

またエクステリア、インテリアの変更や使い勝手向上などもされるようで、大幅な改良といえる内容になるようです。

今回はそんな新型ヴェルファイア、アルファードのマイナーチェンジ情報まとめてみました。

新型ヴェルファイア・アルファードのマイナーチェンジでエクステリア変更

エクステリアデザインも変更が予定されており

  • 前後バンパーデザイン
  • 変更テールランプ変更
  • グリル新デザイン
  • 新デザインアルミホイール
  • 新色3色追加
  • ダークレッドマイカM
  • スティールブロンドM
  • グラファイトM

このように大きくは変更はないようです。

ただC-HR採用から始まって、ハリアーのマイナーチェンジでも採用された「シーケンシャルウィンカー」がオプション設定で用意される。

前後ともにシーケンシャルウィンカーとなるので、トヨタ車としては初採用となります。

ヘッドライトデザインに大きな変更はないですが、是非とも装着したいオプションですね♪

ヘッドライトは3つ用意される

  • 2眼オートマチックハイビーム標準

こちらは現行も出ると変更はありませんね。

  • 2眼シーケンシャルのオートマチックハイビーム(オプション)

上記のヘッドライトに流れるウィンカーを搭載したもので、前後シーケンシャルウィンカーが採用されます。

  • 3眼シーケンシャルのアダプティブハイビーム(オプション)

従来のオートマチックハイビームを進化させたもので、周囲の状況に合わせてハイビームの配光を変化させます。

ハリアーがマイナーチェンジで採用したものですね。

アルファードは激変か!?

雑誌情報になりますが、アルファードのフロントデザインが大幅に変更されるみたいです。

フロント周りは異なるデザインを2つ用意して、ヘッドライトデザインも大きく変わる予定のようです。

現時点ではヴェルファイアに大きな変更が入ると言う情報はありません。

マイナーチェンジでインテリアの質感向上

  • エグゼクティブラウンジではセミアリン革からプレミアムナッパ革に変更
  • エアロボディエグゼクティブラウンジではホワイトレザーオプション設定
  • ファブリック+合皮からサイドに使用されていた合皮を全面に使用(V/ZA-G/Z-G/ZR)
  • ファブリック+合皮に採用しているファブリック使用(X/Z/Z-A)
  • 木目調パネルデザイン変更

このようにインテリアにも質感向上が加えられます。

また快適性の向上も図られます。

  • ZGグレード運転席、助手席シートヒーター+ベンチレーション標準装備
  • 本革オプション装着で2列目シートヒーター+ベンチレーション装備

新型ヴェルファイア、アルファードがマイナーチェンジで変わる安全装備とは?

 

いま用意されている安全装備は「プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)」になっており、Executive Loungeグレードを除いてオプションになります。

また歩行者対応しておらず、車両に対してのみ機能するものです!

 

  • 搭載されたミリ波レーダーが道路上の障害物、先行車などを感知して衝突の危険がある場合は警報やブレーキの制御により衝突回避を支援。
  • 警報後ドライバーがブレーキ操作した場合は、ブレーキ力を強力にアシストして最大60km/h程度減速
  • 万が一ブレーキ操作がない場合は、自動的にブレーキを掛けて最大30km/h程度減速して、衝突の回避または軽減します。

この予防安全装備は75600円で選択可能になっています!

 

このオプション選択すると「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」もセットで装着されますので高速などで便利です♪

マイナーチェンジでセーフティセンスP採用へ

 

今回の新型ヴェルファイア、アルファードのマイナーチェンジでは、予防安全装備をパッケージにした「セーフティセンスP」が用意されます。

ミリ波レーダーに加えて単眼カメラを追加することで、歩行者対応の自動ブレーキシステムにアップグレードされる。

単眼カメラで物体の大きさ形、白線、対向車のランプを捉えることが出来ます。

「トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?」

 

セーフティセンスPの機能は以下になります。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

歩行者、先行車などを感知して衝突の危険がある場合は、警報とディスプレイにて知らせてブレーキ操作があった場合はブレーキアシスト

なかった場合は自動的にブレーキ制御が入り衝突の回避または軽減を行います。

  1. 衝突警報
    自車速度約10~180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約10~80km/h)
    自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約10km/h以上
  2. プリクラッシュブレーキアシスト
    自車速度約30~180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約30~80km/h)
    自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約30km/h以上
  3. プリクラッシュブレーキ
    自車速度約10~180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約10~80km/h)
    自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約10km/h以上

 

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行中に作動

搭載された単眼カメラによって道路上の車線を読み取り、ドライバーがウィンカー操作などをしないで車線逸脱する可能性がある場合は、ブザーとディスプレイにて警告

またステアリング制御によって逸脱回避のサポートもしてくれます。

 

  • オートマチックハイビーム



単眼カメラによって周囲の明るさ、対向車のヘッドランプやテールランプを感知して自動的にハイビーム・ロービームの切り替えを行っていくれます。

 

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

ミリ波レーダーと単眼カメラによって設定車速に応じて車間距離を自動的にとってくれるものです。

先行車が停止した際は自車も停止して停止状態を保持して、発進した場合がアクセル操作がスイッチ操作で再び追従開始します。

 

このような安全装備がマイナーチェンジで、追加されることで安全性能が向上されます。

  • 自動ブレーキ歩行者対応
  • レーンディパーチャーアラート
  • ブラインドスポットモニター

が新たに追加される事になりますね。

上記の機能は、大きな車で家族を乗せる機会が多いと思うので嬉しい装備といえます。

2016年にはエスティマのビッグマイナーチェンジでせープティセンスPではなくCが装備されて期待はずれでしたが、今回はPが装備されるようで安心しました。

ますますエスティマは差が広がってしましますね・・・

ブラインドスポットモニターも追加

ヴェルファイア、アルファードのマイナーチェンジで安全面では「ブラインドスポットモニター」の追加もされます。

車両に装備されたセンサーによって、隣の車線を走る車を感知して、ミラー内に搭載されたLEDインジケーターを点灯させ注意勧告。

この状態でウィンカー操作を行うとLEDインジケーターが点滅して更に注意を促します。

次世代のトヨタセーフティセンス採用の可能性が!!

新型では次世代トヨタセーフティセンスが採用されるとのことで、同一車線自動運転に関するものと情報があります。

日産プロパイロットに似たシステムになると思われますので、続報が入り次第お伝えします♪

その他追加される先進装備

  • 次世代TSS・DCM全車標準
  • インテリジェントパーキングアシスト2に機能追加
  • 電子インナーミラー
  • リアクロストラフィックアラート
  • ITS Connect

マイナーチェンジでゴールデンアイズ、タイプ ブラックの販売終了

2016年7月に追加された「ヴェルファイア ゴールデンアイズ」、「アルファード タイプブラック」がマイナーチェンジに伴い販売一旦終了になります。

また暫くしてから、タイプゴールド2とタイプブラック2が販売されると思いますが、この特別仕様車が欲しい方はマイナーチェンジ前に購入しましょう。

 

新型ヴェルファイア・アルファードで2.0Lターボモデルは設定される?

  • 8AR型2.0L直4ターボエンジン
  • 最大出力:231PS
  • 最大トルク:35.7kgm
  • トランスミッション:6速AT

マイナーチェンジでハリアーに搭載された2.0Lターボエンジンが、ヴェルファイア・アルファードにも採用される情報があります。

現行3.5L V6エンジンが置き換わるとされていますが、現時点では噂程度になっており、この2.0Lターボモデルはフルモデルチェンジまでお預けではないでしょうか?

 

1.5Lターボを搭載したステップワゴンに乗ったことがあるのですが。先代2.0L自然吸気エンジンよりトルクがあり多人数乗車でもストレスがありませんでした。

新型ヴェルファイア、アルファードのフルモデルチェンジに期待が寄せられます!

「2020年 新型ヴェルファイア、アルファードにフルモデルチェンジ!搭載エンジン・ハイブリッドは?」

マイナーチェンジでV6エンジン改良

今回のマイナーチェジを受けてV6 3.5Lエンジンは廃止にならずに、改良が加えられて動力性能・燃費向上されてきます。

 

現行モデルは280PSの最大出力になっていますが、これが300PSに引き上げられるようです。

最大トルクも向上しますので、よりゆとりのある走りを実現。

またサスペンションなど各種改良が予定されており、安定性・操縦性・静粛性が向上

新型ヴェルファイア、アルファードの価格とグレードは?

マイナーチェンジで追加されるセーフティセンスなどによって、現行型+10万円~15万円の価格アップになる見込みです。

全グレード、セーフティセンスPの標準装備になる情報がありますので、この価格アップは妥当なところと言えます。

  • ガソリン・HVのエアロモデルのエグゼクティブラウンジ設定
  • エアロボディ(HV)にZグレード追加
  • ガソリン・エアロボディからZA廃止
  • ガソリン・標準ボディからVグレード(8人乗り)廃止

ライバルの動向は?

  • ホンダ オデッセイ

こちらも2017年後半~2018年はじめにマイナーチェンジされる予定になっており、エクステリアデザインが変更・電動パーキング採用で全車速度オートクルーズ対応などを予定。

オデッセイハイブリッドは2モーター式でパワフル、低燃費が自慢になっています。

「2018年 新型オデッセイ マイナーチェンジ!エクステリア・安全装備の向上」

 

  • 日産 エルグランド

発売日の予想は2017年となっていますが、いまだに詳しい情報が入ってこないエルグランドですが、ハイブリッド・自動運転などを搭載してヴェルファイア・アルファードに挑みます。

今度のエルグランドは全高が引き上げられ室内空間拡大が行われると予想されます。

「新型 エルグランド 2017年にフルモデルチェンジ!?自動運転とハイブリッド追加か?」

情報まとめ

「2018年 新型ヴェルファイア、アルファードにマイナーチェンジ!セーフティセンスP採用で安全性向上。」はいかがでしたか?

2018年1月に予定されていますので、販売までまだまだ時間があります。

判明している情報は少ないですが安全装備向上は間違いなく、気にする方は待てるなら待った方がいいと思われます。

ちなみに発表時期が早まったとの情報もありますので楽しみです。

 

ヴェルファイア・アルファードは下取りもいいので、マイナーチェンジ後モデルに乗り換えしても追い金が少ないと思われます。

ただ今現在ヴェルファイア・アルファードの値引価格が高いようなので、少しでもお得に買いたい人は改良前にディーラーに行きましょう!

また最新情報が入り次第追記していきますので、楽しみに待っててください♪

Source: 最新車情報「carパラダイス」




コメントを残す