貴重なポルシェ911Rを「パズル風」にラッピング。917/20”ピンク・ピッグ”を思い出した




| 流行るか?パズル風ラッピング |

ポルシェ911に「パズル風ラッピング」を施した車両が公開に。
これはポルシェのお膝元であるシュトゥットガルトにあるチューニングショップ、「MTCHBX-DESIGNS」が公開したもの。
純正オプションのダブルストライプはそのまま残されていますが、パズル風の黒いラインはこのストライプを「避けて」貼られています。

もしかすると未登録車

なおナンバーが装着されていない状態で、ホイールの内側などを見ても汚れがなく、もしかすると「未登録車」なのかもしれませんね(もしそうだとすると大変な価値がある)。

porsche-911-r-puzzle-wrap-3-1

なお、この「パズル風カスタム」の意図するところは不明ですが、これはちょっと流行らないかもしれません。
一方で「トロン風」のピンストライプは異常なほど流行しましたが、個人やショップが施したカスタムで「あそこまで流行った」のは他になく、あるとすれば「ヨン・オルソン・カモ」くらい。

porsche-911-r-puzzle-wrap-2-1

ピンク・ピッグを思い出した

なお、意味合いは異なりますが、こういった「線で仕切られた」カスタムを見て思い出したのがポルシェのレーシングカー、「ピンク・ピッグ(917/20)」。
これは実際にレースを走ったマシンで、917としては「スポンサーカラーに彩られない」珍しい一台。
というのも、この917/20はほかの917に比較してワイドでずんぐりしたボディを持っており、これを見たスポンサーのマルティニが「こんな豚みたいなクルマにはマルティニのカラーもロゴも使うな」とポルシェに通達を出したため。



ただしポルシェ側は「それじゃあ」とばかりに本物の豚っぽいカラーにクルマを塗り、さらに「豚」だと分かるように部位を示す点線と部位名を入れた、というのがこのクルマの由来。

相当に有名なクルマで(ポルシェにこういった逸話は多く、意外とユーモアのセンスがあるようだ)、その愛らしさからポルシェ・ミュージアムでも高い人気を誇る展示物だとされますが、さすがにこれを転用したカスタムを行う猛者はいないようです。

あわせて読みたい、珍カスタム関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す