ランボルギーニ・ウラカン洗車。スーパーカーはこの時期にあまり乗るべきではない、その理由について




| 融雪剤には気をつけろ |

lamborghini huracan

ランボルギーニ・ウラカン洗車。
前回の洗車が2017年12月なので、ほぼ2ヶ月ぶりの洗車です。
というものこの時期は雪が降りやすいこと、そしてそのために路上へと融雪剤が撒かれているために「あまり車を出したくない」と考えているためで、そのため「ほとんど最近はウラカンに乗っておらず」洗車インターバルが長めに。
もちろんウラカンに乗って出かけたい気持ちはあるものの、ぐっと我慢することとなっています。

アンダーパネル付きのスーパーカーは要注意

なお、融雪剤が問題となるのは、成分に塩分を含むために金属パーツが酸化しやすくなることが理由ですが、もちろんウラカン含む近代の自動車はしっかりと金属パーツに防錆処理が施されているために錆の心配はほぼないのが実情(それでも経験上、リフトアップすると錆びている車もあった)。

それでもこの時期に「ウラカンを無理してまで乗ることはない」とは考えていて、それはやはり融雪剤が直接金属パーツに触れることのほか、それらがボディに付着してしまうと洗車時に塗装を傷つける可能性があること(ザラザラしているので)、そしてなによりウラカンの場合は「アンダーボディに融雪剤が入り込むと除去が難しく、しばらくはその影響に悩まされることになる」ため。

これはどういうことかというと、ウラカンのようなスーパーカー、高性能スポーツカーは空力性能を考慮してボディ下部が「パネルで覆われて(パネルが車体裏側に貼り付けられているイメージ)」いるのですね。
そしてこのパネルと車体との隙間にに融雪剤が入ると「簡単には取れない」、具体的に言えばパネルを外さない限りは除去できないということになり、これが心理的に良くないと考えているわけです。



なお、ウラカンのボディ下部はこんな感じ。
これはミニカーだから「ツルンとしている」のではなく、実際にこういったパネルで覆われて「フラットに」なっています。
サスアーム付近から巻き上げられた融雪剤がこれらパネルと車体との間に入ってしまい、そうなるとずっと融雪剤は「パネル内側と車体に付着したまま」になるであろうことがわかりますね。

IMG_2831

こちらは一般の車。
各パーツがむき出しになっていて融雪剤の影響を受けやすくなっていますが、そのぶん「下回り洗浄」によって融雪剤の除去も簡単だということもわかります。
ウラカンの場合、この状態にて、この上から「パネルを貼り付けた」と考えるとわかりやすいかもしれません。

IMG_2832

こういった事情もあってこの時期は「できるだけ乗らない」ようにしているのですが、これはこれで(乗りたいのに乗れないので)けっこうツラいのもまた事実。

なお、アンダーパネルに何か入り込むとどれだけそれを取り除くのが難しいかはこの動画を見るとよくわかります(泥の中をウラカンで走ってあちこちに泥が詰まってしまい、それを除去するのに苦労している)。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す