突然アンチからランボルギーニLOVEに転じたユーチューバーが「レヴェントン」の内外装、走りを動画で紹介




ユーチューバーが自分のレヴェントンを動画で紹介

ユーチューバー、サロモン氏が自身の所有する「ランボルギーニ・レヴェントン」を紹介。
レヴェントンはそれまでの限定スーパーカーの金額を大きく引き上げた車で、1億円を突破し2億円に迫ろうかという価格で販売された車。
2007年発表、20台限定という「超希少車」でもあり、このオープン版「レヴェントン・ロードスター」はさらに少ない台数しか生産されていないというレアカー。

ランボルギーニ・レヴェントンはこんな車

なお、フェラーリF40やエンツォ、ラ・フェラーリと異なり、ランボルギーニ・レヴェントンやヴェネーノには「ベース車」が存在。
フェラーリの(記念)限定車においてはベース車がなく新設計かつ独自設計となりますが、ランボルギーニ・レヴェントンはムルシエラゴ、ランボルギーニ・ヴェネーノはアヴェンタドールがベースとなっています。

しかしながらその価格についてはフェラーリの限定モデルの比ではなく、上述のようにレヴェントン2億円、ヴェネーノ3億5000万円、といった設定。
これは「利益を多く取っている」というよりは、数台から数十台と生産が少ないためで(ラ・フェラーリは500台)、その分専用に設計したパーツの費用負担が一台当たり高くなっているため。

ランボルギーニ・レヴェントンの細部を見てみよう

まずはキー。
これはムルシエラゴ、ガヤルドと同じ。
ただし、このキーの外観はランボルギーニのオリジナルですが、構造や内部は「フォルクスワーゲンやアウディと一緒」。

なお現在のランボルギーニラインアップ、「アヴェンタドール」「ウラカン」もやはりアウディのアドバンストキーと同じものを採用(キートップ)しているので、これはVWアウディグループの戦略上、致し方ないのかもしれません。

lamborghini13

そしてフロントリフター。
スイッチ一つでフロントの車高を上げ下げできるもので、これはランボルギーニがかなり早い段階から導入しているもの(日本仕様だと標準装備)。
このおかげで、ぼくはガヤルド、ウラカン共にフロントバンパーを擦ったことはありません(アンダーガードは擦りますが)。

lamborghini

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

エンジンやシャシーはムルシエラゴと同じ。

なお、このユーチューバー、サロモン氏は以前にもフェラーリ5大スペチアーレのコレクション、パガーニ・ウアイラやブガッティ・シロンのコレクションも公開しており、しかし当時は「アンチランボルギーニ」であったように見えます。

実際にブガッティ・ヴェイロンやポルシェ918スパイダー、パガーニ・ウアイラなどハイパーカーを一堂に集めてテストする際、ランボルギーニの限定モデルについては「価格はハイパーカー並でも、性能がハイパーではない」、とベースモデルありきのランボルギーニ限定モデルについて批判。
その後もアヴェンタドールやランボルギーニCEOを揶揄するような動画を公開していたものの、現在はこのレヴェントンの他にもウラカン・ペルフォルマンテを所有し、さらにはレヴェントンについても「大ファン」と語るなど姿勢が一変しています。



lamborghini2

フロントトランクはムルシエラゴ同様と思われます。
ミリタリー調のバッグはレヴェントンの付属品で「専用」となり、ミリタリー調なのはレヴェントンのモチーフが「戦闘機」であるため。

lamborghini12

内装はブラックレザーとカーキのアルカンタラ。
インテリアカラーはこの組み合わせのみ、ボディカラーもこの一色のみ。
もちろんこれらも戦闘機を意識したものですね。

なお、シートは車体中央に向けて角度がつけられており(つまり進行方向に向かってまっすぐではない)、かなり特殊な構造。
これはペダル配置(ホイールはうるが内装側に出っ張っているのでペダルが車体中央に寄っている)に起因すると考えて良さそう。

lamborghini9

メーター表示も戦闘機風。
後にも先にもこのディプレイが与えられるのは(ランボルギーニでは)レヴェントンのみ。

lamborghini6

エアコン操作パネルはフタ付き。
グロス仕上げのカーボン製です。

lamborghini5

セレクタープレートもカーボン製(こちらはマット仕上げ?)。
ガヤルドの場合、ここはギアポジションを選ぶスイッチが配置されていたものの、レヴェントンではトラクションコントロールなどのスイッチが当てられているようですね。

lamborghini4

ヘッドライトももちろん専用品。
当時としてはかなり珍しいLEDポジションランプ、ウインカーを持っています。

lamborghini3

それでは動画を見てみよう

こちらがその動画、「his is why the Lamborghini Reventon is worth $2,000,000 USD today!」。
内外装の紹介だけではなく、実際に走行した様子も収められています。

あわせて読みたい関連投稿

Copyright © 2017 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




コメントを残す