日産セレナ「e-POWER」発表、価格2,968,920円~。ノート同様にトヨタ勢を圧倒すること間違いなし




| ノートとの無敵コンビなるか? |

日産が「セレナe-POWER」を3月1日より発売する、と発表。
「e-POWER」はノートに搭載された電動パワートレインで、車自体を動かすのは「モーター」ではあるものの、そのモーターに電力を供給するバッテリーへの充電は「ガソリンエンジン」にて行うもの。
これによって「充電しなくとも、ガソリンさえ入れればずっと走れる」ことになり「EVには興味あるけど、充電やバッテリー切れが不安」という人たちを取り込むことに成功しています。※日産からのプレスリリースはこちら

価格も安め。これで売れないほうがおかしい

加えてハイブリッドのように(ガソリンエンジン用の)トランスミッションや駆動システムが不要で、ピュアEVのような大容量バッテリーが不要なためにかかるコストが安く、したがって「車両を安く販売できる」のも特徴。
このあたりが人気化し、ノートにおいては日産として30年ぶりの快挙となる「乗用車販売ランキングNo.1」を記録し、それが7か月も継続。
その後残念ながら検査不正問題が発覚して販売/登録できない時期があったものの、その後見事に復活しており、この事件さえなければ間違いなく「2017年はプリウスを抑えてトップに立っていたであろう」車です。

そして今回はセレナにそのノート同様「e-POWER」パワートレインを搭載したことになりますが、その価格は「e-POWER X」で2,968,920円、e-POWER XVが3,128,760円、e-POWER ハイウェイスターが3,178,440円、e-POWER ハイウェイスター Vが3,404,160円。

serena (1)

一方で「e-POWERではない」普通のセレナだと、セレナ S(2WD)が2,435,400円、セレナ X(2WD)が2,489,400円、セレナ X Vセレクション(2WD)が2,674,080円、セレナ G(2WD)が2,847,960円、セレナ G(4WD)だと3,135,240円。
つまりは「ガソリン車と大差ない」価格で電気自動車が購入できるということになり、これは相当に高いインパクトを持っています。

セレナe-POWERの特徴としては下記の通り。

・100%モーターによる力強い走り
・車速に応じた発電用エンジンの回転制御、防音対策による高い静粛性
・26.2km/L(JC08モード)の低燃費
・e-POWERならではブルーアクセント装備
・専用アルミホイール、ルーフサイドスポイラーは空力に優れる専用品
・シフトバイワイヤー式シフトノブ採用
・バッテリーのみで走行する「マナーモード」装備

もちろん日産得意の「アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御する”プロパイロット”も与えられ、まさに「言うことなし」の最強ミニバンですが、2018年1月、つまりセレナe-POWERが発売されていない状態でもセレナの販売ランキングは4位となっており、総合ランキングにおいてはミニバンで「最も高い位置」につけています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

日産は効率のよいラインアップを持っている

なお総合ランキング1位はノートとなっており、日産は「コンパクトカー/総合」で1位、「ミニバン」でもランキング1位。
さらに言うならば「エクストレイル」は総合15位、SUVに絞るとトヨタC-HRに次ぐ2位。
日産は「数少ない車種構成ながら」も各セグメントでトップもしくはそれに準じるポジションを獲得しているということになりますが、ミニバンだと現在トヨタは11モデル、日産は6モデルというラインアップ。
もちろん総販売台数だとトヨタのほうが多くはなりますが、「効率」という点では圧倒的に日産(それはコンパクトカー、SUVでも同じ)が優れるのは間違いのないところですね。

セレナ e-POWER AUTECHも同時に登場

なお、今回「セレナe-POWER」の販売に合わせてセレナ e-POWER AUTECHも同時発売。
オーテックは現在部ランディング強化中で、日産イチオシとなるシリーズ。
そのネーミングは「大手を食う」というダジャレから来ているものの、日産によると「スポーティでありながらよりプレミアム感の高いスタイリングや素材にこだわるお客さまに向けて、カスタムカーづくりから蓄積してきたクラフトマンシップを注入した、プレミアムスポーティ志向のブランド」。

serena3

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【動画】VWがホログラム採用のインフォテイメントシステム「ヴァーチャルホスト」公開

| いつになれば実現可能? |

フォルクスワーゲンが「ホログラムを使用した」新しいインフォテイメントシステム(おそらくヴァーチャル・ホスト)を公開。
おそらくはジュネーブ・モーターショーにて公開されると思われる新型コンセプトカーに搭載されるものと推測しますが、ステアリングホイールなど操作系の無い「完全自動運転」をイメージした車のようですね(先日情報を公開したI.D.VIZZIONかもしれない)。

メルセデス・ベンツに続きVWもA.I.に注力

このコントロール系については音声やジェスチャーを使用して操作を行うものと思われるものの、「自動車」という人間そのものよりも大きなパワー、質量を持つ物体を音声やジェスチャーという「あいまい」なものでコントロールするのはかなり不安。
もちろん不安要素を取り除くための予防策も盛り込まれるはずですが、本当に実現できるのかという疑問は拭えない状態です。

まずはスケジュール管理やカーナビ、オーディオ操作など「走行とは無関係」の部分をこういったシステムで操作するのだと思われ(スマートスピーカーのようなもの)、これは新型メルセデス・ベンツAクラスに搭載される「MBUX」の似たシステムだと言えそう。

これまでも「無人」によるタクシー(最近では日産もこれを発表)など数社が(試験段階にあると)発表していて、しかし未だ完全自動運転すら実現できていない状況では「車両のコントロールまで」こういったシステムが支配することは非常に危険だとは思うものの、将来的には全てがA.I.にて操作され、(自動車の運転について)人が介在しなくてもいい時代が来そうですね。



あわせて読みたい、フォルクスワーゲンI.D.関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ロールスロイス「ゴースト」究極の限定モデル、「シルヴァーゴースト・コレクション」が35台のみ登場

| 初代ゴーストが打ち立てた記録の111周年記念 |

ロールスロイスが35台のみ限定、「シルバー(シルヴァー)・ゴースト・コレクション」を発表。
これは1907年に「最初の」ロールスロイス・シルバー・ゴーストが14,371マイルをノンストップで走るという世界記録を樹立した「111周年記念」モデルとなっており、いずれの個体も「カシオペア・シルバー」のボディカラーに対し(貴金属の)シルバーの粉末を使用した塗料にてコーチラインがハンドペイントで入るという仕様。

フライングレディーは純銀製

「シルヴァー・ゴースト・コレクション」に採用されるロールスロイスの特徴的なエンブレム「スピリット・オブ・エクスタシー(フライングレディー)」はスターリングシルバー製となり、その台座は金メッキが施された銅を使用したもので、「金・銀・銅」が揃うことに。

インテリアにはフォレストグリーンレザーが使用され、ウッドパネルにはシルバーのインレイが用いられるほか、サングラスやペン、ピクニックセット(ハンパー)、オークの持ち手が採用された傘などはこの車専用に作られたものとなり、ロールスロイスがこのモデルに相当な手間をかけたことがわかります。

なおロールスロイス自体は1906年に設立されていますが、そのマスコットと言える「スピリット・オブ・エクスタシー」ができたのは1910年。
これはロールスロイスの顧客であるジョン・ダグラス・スコット・モンタギュー氏が自身のシルヴァーゴーストにふさわしいものをということで彫刻家に依頼して作らせたもの(モチーフは勝利の女神、ニーケとも言われる)。
その後ロールスロイスがジョン・ダグラス・スコット・モンタギュー氏と調整をつけて自社の車にこれを装着するようになったことが始まりだとされており、つまりは「ロールスロイスの考案」ではなく、顧客の考えたものが最初であった、ということですね。

rolls-royce-silver-ghost-collection-01

ロールスロイスの名前はなぜ「霊」に関係している?

加えて、この「スピリット(精霊)」に関連してか、ロールスロイスは「ゴースト(Ghost)」「ファントム(Phantom)」と霊に関連する名称が多い模様。
そのほかだとレイス(Wraith、生霊)、ドーン(Dawn、夜明け)、過去にはクラウド(Cloud、雲)、シャドウ(Shadow、影)、スピリット(Spirit、精神)、セラフ(Seraph、天使)という名称も。
さらに一部には「シルバー(シルヴァー/Siver)」がついて「シルヴァーゴースト」「シルヴァーセラフ」というものもありますが、これについて「シルバーはかつてテスト用の車両のボディカラーがシルバーだったことに由来」している、と言われます。

ちなみにMJブロンディ氏によると、「ゴースト」について、「幽霊のように静か(当時、車とはうるさく静かさとは無縁で、しかしローロスロイスは優れた静粛性を持っていた)」、「死とは無縁の”幽霊(すでに死んでいるので)”がロールスロイスの桁外れの耐久性を意味していた」ことがその採用における起源だとも。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




金太郎飴はもうやめたはずのアウディ。しかし金太郎飴的な「新型A6」を発表

| パっと見て他モデルとの見分けが困難 |

アウディが代8世代となる新型A6を公開。
すでに発表されたA8や、A7、A5と関連性の強いデザインを持っており、アウディいわく「ピンと張り詰めた面、シャープなエッジ、印象的なライン」だとそれを表現しています。
実車はもちろんジュネーブ・モーターショーにて公開の見込み。

新型だと判別するのも難しい

なお、ぼくが新型A6を見て思ったのは「ほかのモデルと区別がつかない」ということ。
比較的アウディに親しんでいるはずのぼくですら見分けがつかないので、一般の人からするとこのA6をA6だと識別するのは難しく、新型化旧型かも識別するのが難しいかもしれません。

2019-Audi-A6-13

アウディは近年、モデルチェンジにおいても「あまり大きくは変えてこない」という印象があり、A5やQ5においてもそれは同じ。
A6もやはり大きく変わることはなく、よって「フルモデルチェンジ感」が薄いようにも思います。

ちなみにアウディのデザインはどのモデルもよく似ている、つまり「金太郎飴的」と言えますが、アウディは「金太郎飴デザインはもうやめる」と発言。
しかしその矢先にまた金太郎飴的な一台が登場したことになり、しかしもちろん新型車の開発は何年も前から行っていて、おそらく新型A6も「金太郎飴をやめる」と決める前に企画された車なのでは、と考えています。

2019-Audi-A6-2-1

フロントについて、ワイドになったシングルフレーム・グリルは他モデル同様ですが、ヘッドライトはA6特有のデザイン(アウディ各モデルの識別において、ヘッドライトの差異は重要なポイント)。
このヘッドライトは「ディスティンクティブ・デイタイムランニングランプ」を持つHDマトリクスLEDヘッドライトを含めて三種類ある模様。

2019-Audi-A6-4

テールランプもヘッドライトとよく似た発行形状を持っており、しかし画像にある「9つのセグメント」を持つLEDテールランプはオプション、とのこと。
なおリヤフェンダー、トランクリッドの形状はこれまでのアウディとはやや異なり、リヤフェンダーは大きく張り出し、トランクリッドは「いかにもセダン的な」デザインとなっています。

2019-Audi-A6-1-1

よく見ると前後バンパー、サイドステップの前後端の処理がこれまでのアウディになく(E36時代のBMWを連想させる)、「顔つき」以外はけっこう新しいデザインを採用していると考えてもいいのかもしれませんね。
外装に関してはSラインを含めて2種あるとされ、現在は「どちらがどう」なのか不明。
ボディサイズは先代に比べてやや拡大し、全長4939ミリ、全幅1886ミリ、全高1457ミリ。

2019-Audi-A6-5

内装についてもイメージはこれまでとよく似ていますが、他メーカー同様、「水平基調」のデザインがさらに進化。
マツダ、レクサスにも同様の傾向が見られます。

2019-Audi-A6-19

そしてメルセデス・ベンツ同様にドアの内張りやダッシュボード、センターコンソールには「アンビエント照明」が内蔵されているのも「新しい」部分ですね。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

三菱「エボリューション復活もありうる」。日産傘下で「エボ」をフル活用する意向?

| 三菱が”エボ”復活を匂わせる |

三菱UKの役員、ランス・ブラッドレー氏がメディアに語ったところによると、「エボリューション」の名称が復活する可能性がある、とのこと。
現時点では具体的な話はないとしながらも、「エボリューションの名を使用しない手はない」と語っています。
なおコンセプトカーながらも三菱はe-EVOLUTIONコンセプトを昨年の東京モーターショーにて公開しており、ハイパフォーマンスセダンに対してではなくとも「エボ」が復活する可能性も。

「エボリューション」は三菱の立て直しに有用

このeエボリューションについて、三菱は発表時に「ミツビシの強みを集めた」としており、それは「SUV」「EV」そして「4WD」。
SUVとはパジェロをはじめとするオフローダー/クロスオーバー、EVはi-MiEV、4WDもパジェロや、そして4WDについてはランサーエボリューションに搭載された「AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)」を指していると思われますが、ミツビシは「自社の強みをよくわかっている」ということに。

日産も同様で、「いったん悪化した業績を立て直すには」選択と集中が必要とされ、カルロス・ゴーン氏が着任した際はまず「不要な車種をカット」。
一方で「GT-R」や「フェアレディZ」といったイメージを牽引する車種には費用を投じています。
つまりは(他社にはない)強みを最大限に活かしたイメージ戦略を取ったということになりますが、ミツビシもやはり同様の戦略を取ると思われ(しかもミツビシ自動車の会長はカルロス・ゴーン氏に)、よって上述の「SUV」「EV」「4WD」に加え、イメージ的な戦略として「エボリューション」は不可欠(というかこれを活用するのが復活への近道)。

現在三菱は「エクリプス」を復活させているものの、これを見ても分かる通り三菱は過去の遺産を現代風に解釈して活用する意向を持っており、その意味でも「エボリューション」投入はあるだろう、と考えています。
ただ、現在三菱はルノー・日産の一員であり、日本市場よりも「世界」でものごとを見ないと行けない立場。
よってWRX STIの対抗として「(縮小する市場でもある)セダン」にエボリューションという名称を与えるよりも、(売れ行きのいい)SUVにおいてこの知名度を活用し、SUVブームに乗じて「スーパーオフローダー」として販売したほうが良さそうではありますね(その意味では”パジェロエボリューション”は早すぎた存在だったのかも。

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【動画】マクラーレンはセナのデザイン酷評に苦慮?「デザインは機能が優先された結果である」と再度主張

| 今回はデザイナー二名が登場 |

先日マクラーレンはそのハイパーカー「セナ」について、「走行性能を優先し、そのためにデザインは犠牲になった」とのデザイナーのコメントを公式に発表。
これについては「穿った見方をすれば」、セナ発表後に巻き起こった「マクラーレン・セナはダサい」という批判に対するカウンターだとも捉えることが出来ます。

もちろんデザインが販売には影響しないが

もちろんセナはすべて完売しており、いかに「ダサい」と言われようとも販売に影響を及ぼすことはありませんが、やはりマクラーレンとしてはセナを購入してくれた顧客や、評価が低いことによる価値の低下、そして「セナ」の名前を冠している以上、アイルトン・セナ財団への配慮もあるのかもしれません。

そういった懸念事項が「このクルマは機能が優先されているものであって、デザイン云々というクルマではない」というアピールに繋がっていると思われます。

senna

そのためか今回はさらに「機能推し」の動画となっており、その機能、そして求めるだけの性能を発揮させるための形状がこれだということを徹底解説。
前回に続いてデザインチーフのロブ・メルヴィーユ氏も動画に登場していますが、今回はそれに加えてシニアデザイナーのエステバン・パラッツォ氏も登場してデザインについて解説していて、「全てが新しい次元の考え方に基づく」とコメント。

たしかにセナは美しいとは言えないかもしれませんが、一つの究極の形であり、同時に究極の性能を持つクルマであることは間違い無さそうです。

それでは動画を見てみよう

こちらがマクラーレン・セナの機能を徹底解説下動画、「McLaren Senna: Totally Focused」。
「機能」といえどもドライブトレーンについての言及はなく、「外観と機能との関連性」についてのみ述べているので、やはりデザイン論争へのカウンターなのかもしれませんね。

あわせて読みたい、マクラーレン・セナ関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

意外と格好良いかも。BMWが「リアフェンダーの張り出した」新型8シリーズの画像を追加で投下

| 思ったより格好良いかも |

BMWが前回に続き、さらに新型8シリーズのティーザー画像を投下。
加えて製造はディンゴルフィン工場となることも公開しており、そのために画像は「同じ工場で作られるi8と並んだ」ものに。
カモフラージュはかなり薄いように見えるものの、フロントバンパーを見るに「バンパーはパネルで覆われており」、その下に実際の姿が隠れている模様。
なお、BMWは新型Z4においても同様のカモフラージュを行っており、なぜか「ボンネットのセンターだけ露出させる」方法も複数車種で採用しています。

まだまだ本当の姿は見えない

今回の画像を見るとけっこうリアフェンダーが張り出している(というかキャビン後方が中心に向かって絞られている)ように見え、これは初代8シリーズを連想させるとともに、最近のBMWでは見られなかった手法。

まだまだ市販モデルの8シリーズについては不明なところがあるものの、バリエーションとしては画像の「クーペ」のほか、プロトタイプが目撃されているところからも「コンバーチブル」「M8クーペ」が登場するのは確実と思われます(M8のコンバーチブル版も可能性が高い)。
新型車種、そして高価格帯のクーペでこれだけのモデルを用意するのは極めて異例だとも言え、BMWとしては「Sクラスクーペ」「Sクラスカブリオレ」に真っ向からこれを当てたいのでしょうね。

BMW-8-Series-1-768x512

なおエンジンは4.4リッターツインパワーターボ(445馬力)、M8では600馬力を発生すると予想され、やはりメルセデス・ベンツと思いっきり「ぶつかる」ことになりそう。

あわせて読みたいBMW 8シリーズ関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

クルマは「グレード」によってこうも違う!「車種のランクを下げてでも上級グレードを狙ったほうがいい場合も」

| クルマのグレードには色々ある |

トヨタは「カーライフノウハウ」という一連のシリーズを公開していますが、その中で「グレードによってクルマはここまで変わる!」というコンテンツを公開。
エンジン、装備、駆動方式(2WD/4WD)による差をジャーナリストが解説し、しかし結局はトヨタのクルマの紹介になってしまうというおなじみの内容ではあるものの、なかなかに面白いコンテンツだと思います。

機能の増加とともにクルマのグレード名も長くなってきている

クルマの「グレード」というのはトヨタ・アルファードで言うと「ハイブリッドG」「SC」「X」というアレで、まさにエンジンや装備が異なる、というもの。
BMWだと318iや320i M Sportという具合で、アルファベットや数字で表されることが多いようです。
スポーツモデルになると「S」「R」「GT」「RS」などの文字が使用される事が多く、これは「スポーツ」「グランドツーリング」「レーシング」という、走りに関連した文字を付与するためだと思われます。
なお、米国では「DX(デラックス)」や「LX(ラグジュアリー)」といったグレードが多いようですが、日本では現在あまり用いられておらず、国によって好まれる文字に差異があるようですね。※日産S13シルビアの「J」「Q」「K」は新鮮だった

加えて、こういったアルファベットに「プライム」「スポーツ」「ラグジュアリー」といった名称を付与する場合も見られ、さらには「クワトロ」「xDrive」のように駆動方式を追加したり、「ハイブリッド」「e-Power」のようにパワートレーンの差異を付与したものも。

BMW-X2-43

昔はクルマのグレードというと「エンジン」「足回り」といった走行性能そのものに関する差異を「グレード」として分けていたものが、最近だと「エアロパーツ」「駆動方式」「パワートレーン」といった新しい要素を差別化要因として付与しており、よってクルマのグレード名が長くなってきている傾向も感じられます。

ぼくが面白いと思ったのは「レンジローバー・イヴォーク」で、これはエンジンやトランスミッション、足まわりや駆動方式が「全部一緒(欧州ではFFがあったり、最近ではディーゼルも追加されましたが)」で、違いというのは「豪華さ」「見た目の違い」のみに設定した、というところ。
クルマの差別化というのは本来走行性能の差別化によって行われるものだという固定概念をきれいさっぱり否定したクルマであり、そのグレード構成は非常に興味深い、と思います。

なお、トヨタでは「クルマ選び」「メンテナンス」「クルマの機能」「カーライフハック」など、様々なコンテンツが公開中。※ただしどのコンテンツも結局トヨタ車の宣伝になっているのがトヨタらしい

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【動画】ポルシェがグリッドガール廃止に反対?美女を登場させるというこれまでにないプロモーション

| まさかのグリッドガール風美女が登場 |

ポルシェが「トップ5」セカンドシーズンにおける動画第二弾を公開。
今回は「ポルシェに取って、もっとも重要なレーシングカーのトップ5」となっており、ル・マンにおいて5回の勝利をあげたデレク・ベル氏がその5台のレーシングカーたちを紹介。
なお、ポルシェにしては「相当に」珍しく美女を登場させた動画となっています。
ポルシェは女性を前面に押し出すことが少ない会社であり、かつF1のグリッドガール廃止が話題となる中でこういった動画を公開したということについて、何か意図があるのかどうかは全く不明(グリッドガール廃止への抗議の意があれば驚きですが)。

この順位には異論ナシ

porsche5

ベスト5はポルシェ911GT1。
21台が製造され、1998年のル・マンでは勝利を飾っていますが、ストリートバージョンが時折オークションにも登場していますね。
993世代の911をベースに改造された車で、外装パーツにおいても993からの流用があったり、とポルシェ市販車とレースカーとの距離が近いことを改めて感じさせる車。

porsche4

続いて904カレラGTS。
生産は1964-1965年で、ラダーフレームを採用するなど「生粋」のレーシングカー。
エンジンは6気筒180馬力、そしてはじめて「GTS」の名称が与えられたクルマでもあります。
衣装は「当時風」ですが、ドイツの国旗をイメージしているようですね。

porsche13

そして次はポルシェ917K(1970)。
4リッター水平対抗12気筒、600馬力という高性能エンジンを搭載し、重量わずか800キロ。
最高時速はなんと時速340キロという、現代においても相当に速いレベルを誇るレースカーで、当時はとにかく圧倒的な強さを誇ったクルマであった模様。
917は数々のバリエーションがあり、ぼく的には「最も成功したレーシングカー」ではないかと考えています。

porsche12

そしてベスト3はポルシェ962C。
こちらも917同様に猛威をふるったレーシングカーで1984-1994年にかけ74台が製造。
エンジンは2.65リッターから3.2リッターまでがあり、トランスミッションにPDKを搭載したレーシングカーとしても知られます。
なお当初のPDKは「使い物にならなかった」ものの、テストのために無理やり継続して搭載されたとのことですが(ドライバーとしては使用したくなかった)、今では「PDKでないと速く走れない」のが現状であり、PDKは大きく進化したということに。

porsche11

ナンバーワンはやっぱりポルシェ550スパイダー。
1950年代の車ですが、高い人気を誇ります。
なお車名の「550」は設計番号を車名とするポルシェの通例に反し、「車体重量が550キロだったから」。
550スパイダーだけがドイツっぽくない衣装ですね(むしろアメリカっぽい)。

なお動画では各モデルのエンジンや内外装について詳しく解説を行っています。

porsche2

あわせて読みたい関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.