トヨタ ヴィッツ 特別仕様車 F“Safety Edition Ⅱ”を追加




トヨタ ヴィッツ 特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”

トヨタはヴィッツに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用するマイナーチェンジを実施。同時に2種類の特別仕様車「F“Safety Edition Ⅱ” 」「F“Amie”」 を設定すると発表した。発売は2018年05月31日から。

ヴィッツ 特別仕様車 F“Safety Edition Ⅱ”の概要

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”

特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”は、「HYBRID F」、「F」をベースに「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」などを特別装備し、安全面を向上している。

 

ヴィッツの購入を検討している方はヴィッツ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

Source: びぃくるず

ヴィッツ 一部改良と特別仕様車を2タイプ追加

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”

トヨタはヴィッツに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用する一部改良を実施。同時に2種類の特別仕様車を設定すると発表した。発売は2018年05月31日から。

一部改良の内容

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」において、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用。

また、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たにオプション設定。

「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」装着車は、「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」の「ワイド」に相当。

特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”

特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”は、「HYBRID F」、「F」をベースに「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」などを特別装備し、安全面を向上。



特別仕様車F“Amie”

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車F“Amie”(1.3L・2WD)

特別仕様車F“Amie”は「HYBRID F」、「F」をベースに、内装は落ち着いたブラックを基調に、インストルメントパネル周辺にはカッパー加飾を施し、シック印象となっています。また、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備し上質感を演出。

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車F“Amie”(1.3L・2WD)

さらに、「Toyota Safety Sense」や「スマートエントリーセット」を特別装備し、魅力ある仕様としています。外板色には特別設定色のダークレッドマイカメタリック、ボルドーマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む全6色を設定。

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車F“Amie”(1.3L・2WD)

ヴィッツの購入を検討している方はヴィッツ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

Source: びぃくるず

パガーニ・ゾンダSのアートカー登場。サウジの芸術家の表現した「走るアート」

| パガーニ・ゾンダが「走るアート」に |

非常に珍しい、パガーニ・ゾンダSのアートカーが登場(パガーニのアートカー自体がはじめてかもしれない)。
作成したのはサウジアラビアのアーティスト、シャルマー・シャルバトリー氏で、パガーニ・ゾンダSのボディにハンドペイントを施しています。
近年「アートカー」というとラッピングで済ませてしまうケースも多く、よって今回のような「手描き」はかなり貴重。

左右で異なる表情を演出

運転席側と助手席側とでは配色を変えており、助手席側ではレッド、ピンク、パープル、ブルー、イエローを使用し、運転席側にはブルーの濃淡を使用。

pagani2

なお、当然ながらゾンダSのボディ全体にはまずラッピングが施され、その上にペイントしているために「簡単に剥がす」ことが可能。
ペイントには4日を要したとされています。

pagani3

シャルマー・シャルバトリー氏はこのアートカーを「動くアート」と表現しており、実際にこのクルマを走行させることで芸術を表現しようと考えているようですね。

pagani5

アートカートとは?

アートカーは文字通りボディの表面をキャンバスに見立てて「ペイントを施した」クルマで、その種類は多種多様。
古くはジョン・レノンのサイケデリックなロールスロイス、ジャニス・ジョプリンのやはりサイケ風カスタムが有名で、その後はショップがイベントのために制作したり、メーカーがチャリティーオークションのために制作したり、と多くのアートカーが製作されています。

BMWはレーシングカーに「アートカー」を導入することで知られますが、近年はARを導入するなど新たな手法も見せていますね。
昔だと「直接ボディに」ペイントするしか方法はなく、しかし現代では「プリント済み」のシートをボディに貼り付けたり、今回のようにラッピングを行った上でペイントを行うなど「復元可能な」アートカーも多く、気軽に(とまでは行かないものの)アートカーを楽しめるようになったために多くのアートカーが登場することに。

合わせて読みたいアートカー関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.




NYにランボルギーニ3台が終日路駐→一攫千金を夢見る若者向けプロモーション

| 仮想通貨取引所のプロモーションにランボルギーニが出動 |

CNBCの報道によると、ニューヨークにて、3台のランボルギーニ(ウラカン・スパイダー、ムルシエラゴ、アヴェンタドール)が路上駐車していたことで話題に。
これは一体何だったのかというと、仮想通貨取引所が開催したセミナー会場の「客引き」だったようで、うち二台はニュージャージー拠点の高級レンタカー会社所有、残る一台はそのオーナー所有のクルマだそう。

こういった「スーパーカーレンタル」の需要は大きい

なお、このレンタカー会社のオーナーはニューヨーク6番街にて開催されたセミナー会場の前に(開催期間中の)5時間だけクルマを置いておくようにという依頼を受けたとのことで、駐車場所はヒルトンホテルの真ん前。
違法性は報じられていないので合法だと思われますが、この会場選択や、ランボルギーニを3台も前に駐車しておくというのは仮想通貨取引所のしたたかな戦略によるものだと考えられ、一攫千金やリッチな生活に憧れる人々を惹きつけるのに十分な役割を果たしたのかもしれませんね。

さらにこのレンタカー会社の社長によると「こういった依頼はよくある。皆、儲けたらランボルギーニを買うと言うよ」とのこと。
ちなみにランボルギーニ一日のレンタル費用は約11万円。
加えて彼は「自分は仮想通貨で儲けたことはないが、10台のランボルギーニを持っている」と語っています。

実際のところ仮想通貨で儲けた人がスーパーカーを購入する例は少なくはなく、そのために各エキゾチックカーメーカーの主要購買層は今や様変わりして若者中心に。
そしてそういった若者はあまりメーカーのヘリテージをリスペクトしないので「フェラーリ=レッド(ロッソ)」という感覚も無く、自分の好きな色を購入する傾向が強い、とも言われていますね。※シンガポールや香港などのタックスヘイブンに特に多い

たしかにネット上で見るフェラーリやランボルギーニはこれまでにないほどカラフルになってきているように思われますが、その背景には「仮想通貨長者があったのか」と納得。

なおランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ下CNBCのインタビューに応じ、「現代の若者はハイリスクな投資に積極的で、一攫千金を狙う。その結果、我々の顧客は”とても”若くなった」と答えています。

stefano

なお、ビットコインの最近のチャートはこんな感じ。
これを見るともうオワコンのようで、ビットコインを捨てて別の仮想通貨に可能性を見出している人が多いのでは、と思います。
こういった「相場」が上がる理由としては「上がると信じている人が多いから上がる」のであって、その幻想が一旦崩れるともう二度ともとに戻ることはない、とぼくは考えています(今のところぼくはNY株式しか扱ってない)。

btc

合わせて読みたい関連投稿

Crypto investors crazy for Lamborghinis from CNBC.

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ロータスCEOが電撃退任し、新CEOは中国人に。親会社「吉利汽車」の関与が強くなるのは確実

| ロータス新CEOが中国人に |

新しく今後の計画を発表したばかりのロータスCEO、ジャン・マルク・ゲールズ氏が退任する、と発表。
理由としては「個人的な理由」そして「その時期が来た」とのこと。
ジャン・マルク・ゲールズ氏は2014年にPSA(プジョー・シトロエン)からやってきて多くのモデルを世に送り出し、ロータスを成長へと導いた人物。
さらにロータスは中国資本を得てこれから大きく羽ばたこうとしていた時期だけに「なぜ?」という疑問も残ります。

どうなる今後のロータス?

なお現在ロータスを所有するのは中国の「吉利汽車」。
同社はボルボ、やロンドンタクシーを買収し、自社でも新ブランドLynk&Co.を立ち上げています。
そして何より有名なのはそのCEO、李書福氏がダイムラー(メルセデス・ベンツ)の株式を買い占め、筆頭株主へと躍り出たこと。
その吉利汽車ですが、ボルボを買収した後にも本社をスウェーデンに残して「カネは出すが口は出さない」姿勢を貫いており、「なかなかええ親会社やん」と思っていたものの、ロータスに関してはかなり関与を強めており、発売を予定していた新型SUVの路線変更、ロータスブランドの活用強化、プラットフォーム共有化など大きくその方向性を変えることに(ロータスの買収完了時に取締役を一新し、5人のうち3人が吉利出身の中国人となっている)。

現実的にボルボXC40とLynk&Co.01、ロータスの新型SUVは「共通プラットフォーム、共通パーツ」を持つことになる予定で、さらにこれまでボルボを使用していたレーシングチームの車両をロータスに切り替えたり、「ハンドリング・バイ・ロータス」をほかブランドに設定する計画があるというウワサもあるほど。

なお、ジャン・マルク・ゲールズCEOの後釜は当然吉利汽車からの起用で、CTO兼副社長を勤めていたQuingfeng Feng氏。
新CEOのもとロータスがどういった方向へ動くのかはわかりませんが、すでに発表されている計画については吉利汽車も承認しているものと思われ、かつ吉利の送り込んだ役員も関与したものだと考えられるため、これについては「変更なさそう」。

ちなみに退任が決まったジャン・マルク・ゲールズ氏はイギリスのクラシックカーディーラー兼レストア業者「JDクラシック」へと移る、と報道されています。

あわせて読みたい、ロータス関連投稿

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

新型アウディQ8の公式画像が公開!コンセプトモデル以上の格好良さを持つスタイリッシュSUV

| アウディQ8のオフィシャルフォトがリーク |

アウディは深セン(中国)にて開催されるモーターショーにて新型Q8を発表する予定ですが、その直前にオフィシャルフォトがリークされることに。
これを見るとコンセプトカーとしてのQ8とQ8スポーツコンセプトの面影を強く残しており、かなり未来的な外観を持っていることがわかります。
フロントで目立つのは「烏天狗風」シングルフレームグリルで、これを中心に「ヘッドライト」「ロワーグリル」がそれぞれ接したデザイン。
フロントバンパー下にはロックガード風のプレートが設けられ、アクティブな印象も感じられます。

Q8はスポーティーイメージを強調

サイドから見るとアクティブな印象はより強く、クーペ風のCピラーとリアウインドウ、そして巨大なタイヤとホイール、コンパクトなキャビンが躍動感を演出しているように感じます。※サイドのガラス面積が増えると急に実用車っぽくなる
とくに前後フェンダーのモールやプレスラインは平坦になりがちなサイドを引き締める効果があるようで、これは最近のアウディ(フォルクスワーゲンも)が多用する手法でもありますね。

audi-q8-3

リアは「水平」イメージを強調したもので、これまでの「Qシリーズ」にないデザインを持っていることがわかります。
バンパーのアンダー部はディフューザーやテールパイプがインテグレートされた構造を持ち、細部まで練られたデザインを持っているようですね。

audi-q8-5

インテリアは最新モデルのA6やA8とよく似た意匠を持ち、しかしよりダイナミックに、よりテクノロジー寄りに。
おそらくはポルシェ・パナメーラ、新型カイエン同様に「電源OFF時にはガラスの板のように見える」ダッシュボードデザインを持ち、メインのメーターはもちろんバーチャルコクピット、そしてセンターの上にひとつ、その下にエアコンなどを操作すると思われる3つ目のディスプレイも。

audi-q8-2

全ターコンソールは大きく厚く、相当な幅を持つクルマであること、囲まれ感の強い着座感覚を持つであろうこともわかりますね。
メタル調パーツの使用範囲もさらに拡大しているように思われます。

audi-q8

現時点ではスペック、採用される技術について知ることはできませんが、おそらくはA8と同様に「マイルドハイブリッド」を持つと思われ、そのあたりは明日と思われる発表を待つしかなさそう。

audi-q8-4

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コンセプトモデルはこんな感じだった

こちらは「Q8コンセプト」。
Q8コンセプトのほうがややボディが「分厚く」、キャビンが小さく、よりスポーツカーを意識しているように思えるものの、細部は市販モデルのQ8のほうがよく考えられたデザインを持つようにも思えますね。

こちらはQ8スポーツ・コンセプト。
こちらと比較しても市販モデルのQ8のほうが格好良いように思われ、「市販モデルがコンセプトモデル並みの格好良さを持つ、または超えた」という稀有な例かもしれません。

「シングルフレーム・グリル」は2004年、「烏天狗デザイン」は2006年に登場

参考までにフォルクスワーゲン・グループの「烏天狗」デザインの元祖はこの「IROC(アイロック)コンセプト(2006)」が元祖ではないかと考えています。
ナンバープレートを見てもわかるとおり「シロッコ(SCIROCCO)」を示唆するコンセプトカーになりますが、デザイナーはイエンス・マンスケ氏。

ちなみにアウディの「シングルフレームグリル」は当時アウディに在籍していた日本人デザイナー、和田智氏が考案したものだとされ、2004年に発売された「アウディA6」にてはじめて採用されることに。

こういったそれぞれのデザイナーが残した「資産」が今に至るまで活用され、それがブランドの「顔」となっているのは驚くべきことで、それだけ「烏天狗」「シングルフレームグリル」は画期的であったと考えられます。

VIA:CARSCOOPS

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

新型BMW X5の公式フォトと思われる画像がリーク。フェイク?いやたぶん本物だ!

| 新型BMW X5の画像がはやくもリーク? |

ロシア系カーメディア、Autoreviewにて新型BMW X5と見られる画像が掲載に。
新型X5は10月のパリ・モーターショーにて公開されると見られますが、それにしてはオフィシャルフォトを用意している時期が「(それまでにオンラインで公開されることを考慮しても)早すぎる」ように思われ、フェイクの可能性も。
その反面、これまで目撃されてきたプロトタイプとの類似点があまりに多く「本物でないとは言い切れない」のも事実です。

たぶん本物のリーク画像だと思われる

なお、BMWは現在のところ「8シリーズ」「Z4」「X5」「X7」の発表を控えていますが、けっこう前からこれらのリーク画像が出ていたり、オプションリストの流出も。
つまりBMWは「すでに発表準備はできていて、通年で話題性を継続して保つため」に発表時期を選んでいるだけだとも思われ、となるとすでに新型X5の発表準備(オフィシャルフォトなど)ができていてもおかしくはないのかもしれません。

こちらがBMWがすでに公開しているオフィシャルでの新型X5ティーザー動画。
今回リークされた(という)画像と比較するとフロントのアンダーグリルとその構造、キドニーグリル、ヘッドライトの形状とその内部、ボンネットのプレスライン、フロントドアのプレスライン、ルーフのプレスラインなど「一致(完全一致と言っていい)」しているところが多く、よって今回の画像は「本物」じゃないかと推測。

もちろん手間をかけるとティーザー動画からリアルな「予想CG」を作ることもできますが、一方でサイドスカートなど「ティーザー動画では確認できないディティールまでも再現している」ところも見られ、これは今回の画像が「ティーザー動画から起こした」再現CGと考えると矛盾する部分でもあり、やはり「本物」の可能性が大。

リアはこんな感じ。
横長テールランプが一つの特徴で、これは新型X4やX2でも見られる傾向ですね。
ティーザー動画では新型X5のリアを鮮明に映してはいないものの、今回の画像との比較ではリフレクターやテールパイプの位置/形状が一致していて、やはり「リークされた画像はオフィシャルフォト」だと考える根拠は十分。

BMW-X5-2019

なお、ランボルギーニはじめ多くの自動車メーカーがパリ・モーターショーへの出展を見送る中、BMWは参加の意思をを表明しており、「ニューモデルを発表する」とも語っています。

おそらくそのニューモデルはこの「X5」になると思われ、すでに発表されたX4や、その頃には公開されているであろう新型Z4/8シリーズもショーを彩ることになりそうですね。

VIA:Autoreview

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

ナンバーは「NO PDK」。主張の強いポルシェ911Rが目撃される

| カラバリの多い911Rでも「ブルー」は珍しい |

珍しいブルー、そしてシルバーのストライプが入ったポルシェ911Rが目撃に。
限定台数991だけに相当なレアカーであることは間違いなく、しかしネット上では様々な個体の目撃例が報じられているクルマでもありますね(そしてかなり多くのカラーバリエーションがある)。
なお、最近ではもっとも値上がりしたポルシェだと言ってよく、一時はその相場が一億円を超えることも。
それでも多くのユーザーは「売るよりも」自分の手でステアリングホイールを握って走ることを選んだようで(でないとこんなに画像が出回ることはない)、これは非常に素晴らしいことだと思います。

ナンバーは「NO 66 PDK」

911r (1)

なおポルシェ911Rはその「発売のウワサ」が出たときにはすでに完売しており、ポルシェがどういった販売方法を採用したのかは謎。
フェラーリの場合、限定モデルは直接フェラーリから「買ってほしい」顧客へとアプローチするのだとされていますが(そして連絡を受けた顧客の100%が購入するとも)、もしかするとポルシェも同様の手法を採用したのかもしれません。

911r (3)

もしそうだとすると、多少の転売は出たのは事実であるものの、こうやってプレミア価格に惑わされずに自身で運転する人も多く、ポルシェはおおよそ「正しい顧客を選んだ」と言えるのかもしれません(着ているTシャツもブルーなので青が好きな人なのかも)。

なお、今回ぼくがここで取り上げたかった理由はその美しいボディカラーのほかに「ナンバープレート」。
911Rは当時「マニュアルを持つ唯一の(GT3/GT3RSスペック)ハードコアモデル」として人気を博しましたが、この車両のナンバーは「NO66PDK」。
「66」の意味するところは不明ではあるものの、PDKを否定しているところが面白いですね。

あわせて読みたい、ポルシェ911R関連投稿

VIA:Autogespot

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

こんなコンセプトカーもあった。3輪で車体を傾けて曲がる「F300」。意外やその技術は現代のクルマにも

| メルセデス・ベンツには未来に繋がるコンセプトカー”F”シリーズがあった |

メルセデス・ベンツが1997年に公開したコンセプトカー、「メルセデスF300ライフジェット」。
102馬力を発生する1.6リッターターボエンジンを搭載して後輪を駆動し、5速セミオートマチックトランスミッションを装備。
0-100キロ加速は7.7秒、最高速度は時速211キロ、というスペックです。
自動車とバイクとをかけ合わせたようなコンセプトカーですが、4輪ながらもBMWが過去に同様のコンセプトモデル「Z21 Just 4/2」を公開していますね。

なぜかメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターは与えられず

なお、この前に「F100」と「F200」があるそうですが、なぜか「メルセデス・ベンツ」のエンブレムがないのが外観上の特徴。
インテリアは「ジェット戦闘機」モチーフとなり、ほかのメルセデス・ベンツ製コンセプトカーとは大きく異なります。

↓この細い後輪のみで駆動するのはちょっと不安

1997-mercedes-f300-life-jet-concept4

F300にはACT=アクティブ・チルト・コントロールなるデバイスを備え、これはコーナリング時に車体の角度を変えるもので、ヤマハの3輪バイクが持つ「LMW=リーニング・マルチ・ホイール」と共通する考え方なのかもしれません(構造自体は異なる)。

1997-mercedes-f300-life-jet-concept2

メルセデスF300に採用されるACTは、ステアリング角に応じて「自動で」その車体アングルを計算し、アクティブに車体を傾けるようですが、日産も2009年に「ランドグライダー」で同様の機構を採用していますね。

↓こちらがNISSAN LAND GLIDER

NISSAN-LAND-GLIDER

なおタイヤの「側面まで」グリップさせる必要があるためタイヤそのものは専用開発で、ホイールはマグネシウム製。
シャシーだけだと重量わずか89キロと相当に軽量かつお金のかかった車体を持っており、さらには車体制御技術に連動し「車体の角度に応じて」照射角度を変えるアダプティブヘッドライトを備える(当時としては画期的)など、テクノロジー的にも”進んだ”クルマであったと言えそうです。

1997-mercedes-f300-life-jet-concept3

メルセデスF300はメルセデス・ベンツ日本のページでも紹介されており、F300はミニバンの「F100」、クーペモデルの「F200」とはずいぶん異なるデザインを持つことがわかりますね。
なお「F200(イマジネーションというサブネームが与えられている)」ではドライブ・バイ・ワイヤ、アクティブ・ボディコントロールを実装しており、これは現在のメルセデス・ベンツへと繋がる技術を持っていたようで、自動車に装備される先進技術は長い時間をかけて開発され、そして実用化されるのだと改めて思い知らされます。

メルセデス・ベンツはコンセプトカーについて下記のように語っていますが、まさに「そのとおり」という感じですね。

メルセデス・ベンツのコンセプトカーは、決してショーを彩るためだけに用意されるものではありません。すべてのコンセプトカーには、メルセデス独自の技術と思想が反映され、将来へのメッセージが込められています。

VIA:Motor1

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

【動画】後輪駆動のアウディR8 RWSとポルシェ911GT3とのサーキット勝負。意外やアウディR8のほうが速かった

| 後輪駆動のアウディR8とポルシェ911GT3との比較なら? |

AutocarがアウディR8 RWSとポルシェ911GT3とのサーキットにおける対決動画を公開。
アウディRWSは本来4WDのアウディを「後輪駆動化」したモデルで、エンジンは5.2リッターV8のまま出力は540馬力に。
なお、前輪を駆動する必要がないためにプロペラシャフト等が不要になり、そのぶん重量は50キロ(4WDモデルに比べて)軽く、1590キロとなっています。
公称値では0-100キロ加速3.7秒、最高速度は時速316キロ。
相当に楽しいドリフトマシンだとされますが、万人向けではなく、そのため「999台の限定販売」。

普通に考えるとサーキット・ウェポンのポルシェ911GT3に軍配が上がりそうだ

対するポルシェ911GT3は、GT3RSとともに911ファミリーきってのスパルタンモデルで、4リッター・フラットシックスから500馬力を発生。
重量は1430キロ、0-100キロ加速は3.2秒、最高速度は315キロ。

双方とも排気量は異なれど「自然吸気エンジン」というところ、7速デュアルクラッチということは共通しており、駆動輪が後輪のみ、というのも同じ。
大きく異なるのはエンジン搭載位置で、アウディR8 RWSがミドシップ、ポルシェ911 GT3がリアエンジン。
そして重量もR8のほうが160キロも重くなっており、駆動輪へのトラクション、重量が0-100キロ加速の差(アウディR8は3.7秒、ポルシェ911GT3が3.2秒)に現れている、とも言えそう。

それでは動画を見てみよう

こちらが両者をサーキットで競わせる動画、「Audi R8 RWS vs Porsche 911 GT3: which is fastest in the wet?」。
コンディションは「ウェット」ですが、これは両方とも2WDであるため「どちらかに不利」というわけでもなさそう。
結果はなんとアウディR8の勝利で、ラップタイムだとアウディR8が1:32,7、ポルシェ911GT3が1:35,8。

こちらはまた別の日だと思いますが、同じ個体をレビューしてみた(対決というほどシビアではない)、「Audi R8 RWS V10 vs Porsche 911 GT3 – 2018 review | Autocar」。

 

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.